contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

社会学

『社会を知るためには』(筒井淳也 ちくまプリマー新書 2020)

著者:筒井 淳也[つつい・じゅんや] 家族社会学、計量社会学。 イラスト:宇田川 由美子 イラストレーター。 装幀:クラフト・エヴィング商會 社会を知るためには (ちくまプリマー新書)作者:筒井淳也発売日: 2020/09/18メディア: Kindle版【目次】 目次 [0…

『マスクと日本人』(堀井光俊 秀明出版会 2012)

著者:堀井 光俊[ほりい・みつとし] (1977-) 社会学。 装幀:真田 幸治[さなだ・こうじ](1972-) マスクと日本人作者:堀井 光俊メディア: 単行本【目次】 目次 [001-004] 第一章 序論 005 はじめに 006 マスクの定義 010 時代的な背景 013 本書の構成 022…

『日本の米――環境と文化はかく作られた』(富山和子 中公新書 1993)

著者:富山 和子[とみやま・かずこ](1933-) 環境社会学。日本の米―環境と文化はかく作られた (中公新書)作者:富山 和子発売日: 1993/10/01メディア: 新書【目次】 目次 [i-iv] 序章 吉野ヶ里はなぜ滅びたか 003 消えた大集落 弥生の王国 アオ灌漑 歴史の教…

『人種とスポーツ――黒人は本当に「速く」「強い」のか』(川島浩平 中公新書 2012)

著者:川島 浩平[かわしま・こうへい] (1961-) 比較文化、アメリカ研究。人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)作者:川島 浩平発売日: 2012/05/24メディア: 新書 【目次】 はしがき [i-iii] 目次 [v-x] 序章 黒人と身体能力――生ま…

『貧困の基本形態――社会的紐帯の社会学』(Serge Paugam[著] 川野英二,中條健志[訳] 新泉社 2016//2005)

原題:Les formes élémentaires de la pauvreté (Presses universitaires de France, coll. « Le lien social », 2005) 著者:Serge Paugam(1960-) 社会学。 訳者:川野 英二[かわの・えいじ] (1968-) 訳者:中條 健志[ちゅうじょう・たけし] (1983-) 装…

『仕事と家族――日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』(筒井淳也 中公新書 2015)

著者:筒井 淳也[つつい・じゅんや] (1970-) 計量社会学、家族社会学。仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書)作者: 筒井 淳也出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2015/05/22メディア: 新書この商品を含むブログ (39件) を見る…

『精神分析と社会学――二項対立と無限の理論』(竹中均 明石書店 2004)

著者:竹中 均[たけなか ひとし] 精神分析と社会学 (明石ライブラリー) 作者: 竹中均 出版社: 明石書店 発売日: 2004/07/23 メディア: 単行本 クリック: 4回 この商品を含むブログ (8件) を見る 【目次】目次 [003-005]題辞 [006] 序章 二次的なものとして…

『コリアン・シネマ ――北朝鮮・韓国・トランスナショナル』(李香鎮[著] 武田珂代子[訳] みすず書房 2018//2000)

原題:Contemporary Korean Cinema: Identity, Culture, Politics (マンチェスター大学出版, 2000) 著者:이 향진/李 香鎮 /Hyangjin Lee [イ・ヒャンジン] アジア映画の研究。社会学。 訳者:武田 珂代子[たけだ・かよこ] 翻訳通訳学。 NDC:778.221 …

『ナショナリズムとグローバリズム〈ワードマップ〉』(大澤真幸,塩原良和, 橋本努, 和田伸一郎 新曜社 2014)

著者: 大澤 真幸 数理社会学、理論社会学。評論。 塩原 良和 社会学・社会変動論、多文化主義研究、オーストラリア社会研究。 橋本 努 経済社会学、社会哲学。 和田 伸一郎 デジタル・メディア論、情報社会論、社会思想。ナショナリズムとグローバリズム (…

『外国人をつくりだす――戦後日本におけるおける「密航」と入国管理制度の運用』(朴沙羅 ナカニシヤ出版 2017)

著者:朴 沙羅[ぱく・さら] (1984-) 歴史社会学、移民研究。外国人をつくりだす: 戦後日本における「密航」と入国管理制度の運用作者:朴 沙羅出版社/メーカー: ナカニシヤ出版発売日: 2017/07/30メディア: 単行本【目次】 目次 [i-v] 序章 在日朝鮮人と「…

『〈おんな〉の思想――私たちは、あなたを忘れない』(上野千鶴子 集英社文庫 2016//2013)

著者:上野 千鶴子 解説:チョウ・スンミ〈おんな〉の思想 私たちは、あなたを忘れない (集英社文庫)作者:上野 千鶴子発売日: 2016/06/23メディア: 文庫【目次】 序文(上野千鶴子) [003] 目次 [005-007] 凡例 [008] 第一部 “おんなの本”を読みなおす 011産…

『「元号」と戦後日本』(鈴木洋仁 青土社 2017)

著者:鈴木 洋仁[すずき・ひろひと] (1980-) 歴史社会学。「元号」と戦後日本作者: 鈴木洋仁出版社/メーカー: 青土社発売日: 2017/08/22メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る【目次】 目次 [001-003] 第一章 「元号」とは何か――問…

『社会的な身体――振る舞い・運動・お笑い・ゲーム』(荻上チキ 講談社現代新書 2009)

著者:荻上 チキ[おぎうえ・ちき] (1981-)社会的な身体~振る舞い・運動・お笑い・ゲーム (講談社現代新書)作者:荻上 チキ出版社/メーカー: 講談社発売日: 2009/06/18メディア: 新書【目次】 はじめに [003-006] 目次 [007-010] 第1章 有害メディア論の歴史…

『現場から創る社会学理論――思考と方法』(鳥越皓之,金子勇[編] ミネルヴァ書房 2017)

編者:鳥越皓之,金子勇 著者:武田尚子、石川良子、奥村隆、阿部真大、鳥越皓之、櫻井義秀、杉浦郁子、荻野昌弘、福永真弓、土井隆義、谷富夫、足立重和、宮本みち子、関礼子、金菱清、川端浩平、金子勇、牧野厚史現場から創る社会学理論:思考と方法作者: 鳥…

『排除と差別の社会学 新版』(好井裕明[編] 有斐閣選書 2016//2009)

編者:好井裕明 日本大学教授 執筆者: 三浦耕吉郎 関西学院大学教授 川端浩平 福島大学准教授 杉浦浩美 埼玉学園大学専任講師 石川良子 松山大学准教授 古賀正義 中央大学教授 小倉康嗣 立教大学准教授 杉浦郁子 和光大学准教授 土浦 葉 愛知大学准教授 矢…

『悪という希望――「生そのもの」のための政治経済学』(現代位相研究所[編] 教育評論社 2016)

監修:宮台真司 編者:現代位相研究所 執筆: 堀内 進之介(ほりうち しんのすけ) 神代 健彦(くましろ たけひこ) 山本 宏樹(やまもと ひろき) 郄宮 正貴(たかみや まさき) 鈴木 弘輝(すずき ひろき) 保田 幸子(やすだ さちこ) 濱沖 敢太郎(はま…

『貧困と地域――あいりん地区から見る高齢化と孤立死』(白波瀬達也 中公新書 2017)

貧困と地域 - あいりん地区から見る高齢化と孤立死 (中公新書)作者: 白波瀬達也出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2017/02/19メディア: 新書この商品を含むブログ (7件) を見る【目次】 まえがき [i-v] 目次 [vi-xi] 地図 [xii-xiii] 序章 暴動までの歴…

『社会の発見』(Randall Collins, Michael Makowsky[著] 大野雅敏[訳] 東信堂 1987//1984)

原題:The Discovery of Society. 3rd ed (1984) 著者:Randall Collins 著者:Michael Makowsky 訳者:大野雅敏社会の発見作者:R.コリンズ,M.マコウスキー発売日: 1987/12/01メディア: 単行本【目次】 序文 [ii-iii] 訳者まえがき(一九八七年八月 大野雅敏…

『構造主義の冒険』(上野千鶴子 頸草書房 1985)

著者:上野千鶴子[うえの・ちづこ] 社会学、ジェンダー論。構造主義の冒険作者: 上野千鶴子出版社/メーカー: 勁草書房発売日: 1985/08/25メディア: 単行本 クリック: 38回この商品を含むブログ (10件) を見る【目次】 はしがき(一九八五年六月 著者) [i-…

『断片的なものの社会学』(岸政彦 朝日出版社 2015)

著者:岸 政彦[きし・まさひこ] (1967-) 社会学。質的調査。 断片的なものの社会学 | 書籍 | 朝日出版社断片的なものの社会学作者:岸 政彦朝日出版社Amazon 【目次】 イントロダクション――分析されざるものたち 002 目次 [009-011] 人生は、断片的なものが…

『平成史【増補新版】』(小熊英二[編] 河出書房新社 2014//2012)

【メモ】 ※2019年に、さらなる改訂版が。『平成史【完全版】』 ソフトカバーから、ハードカバーに発展している。平成史【増補新版】 (河出ブックス)作者:小熊 英二,菅原 琢,井手 英策,中澤 秀雄,仁平 典宏,貴戸 理恵,濱野 智史,韓東賢発売日: 2014/02/13メデ…

『大人のためのメディア論講義』(石田英敬 ちくま新書 2016)

著者:石田 英敬[いしだ・ひでたか] (1953-) フランス文学、メディア情報学。大人のためのメディア論講義 (ちくま新書)作者:石田 英敬発売日: 2016/01/06メディア: 新書 【目次】 目次 [003-006] はじめに 007 クロマニヨン人たちは「運動の文字」を書いて…

『整形した女は幸せになっているのか』(北条かや 星海社新書 2015)

著者:北条かや 著述業。整形した女は幸せになっているのか (星海社新書)作者: 北条かや出版社/メーカー: 講談社発売日: 2015/05/26メディア: 新書この商品を含むブログ (5件) を見る【目次】 はじめに [007-015] 目次 [016-022] 第1章 「美容整形」について…

『学力の社会学――調査が示す学力の変化と学習の課題』(苅谷剛彦,志水宏吉[編] 岩波書店 2004)

学力の社会学―調査が示す学力の変化と学習の課題発売日: 2004/12/22メディア: 単行本[執筆者] 苅谷 剛彦[カリヤ タケヒコ] 志水 宏吉[シミズ コウキチ] 耳塚 寛明[ミミズカ ヒロアキ] 諸田 裕子[モロタ ユウコ] 清水 睦美[シミズ ムツミ] 本田 …

『現代文化を学ぶ人のために〔全訂新版〕』(井上俊[編] 世界思想社 2014//1998)

編者:井上 俊[いのうえ・しゅん] (1938-) 文化社会学。〔全訂新版〕現代文化を学ぶ人のために作者: 井上俊出版社/メーカー: 世界思想社発売日: 2014/07/30メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る【目次】 目次 [i-viii] 序 現代文化…

『挑発する知――愛国とナショナリズムを問う』(姜尚中,宮台真司 ちくま文庫 2007//2003)

著者:姜 尚中[かん・さんじゅん] (1950-) 政治思想史。評論。 著者:宮台 真司[みやだい・しんじ] 社会学。評論。挑発する知―愛国とナショナリズムを問う (ちくま文庫)作者:尚中, 姜,真司, 宮台メディア: 文庫 【目次】 目次 [003-007] まえがき(二〇…

『〈癒し〉のナショナリズム――草の根保守運動の実証研究』(小熊英二, 上野陽子 慶応義塾大学出版会 2003)

“癒し”のナショナリズム―草の根保守運動の実証研究作者:英二, 小熊,陽子, 上野発売日: 2003/05/01メディア: 単行本【メモ】 ※本書や慶應義塾大学出版会ウェブサイトでも、不等号記号が括弧として使用されている。ここでは、不等号< >を、山括弧〈 〉 に置…

『輿論と世論――日本的民意の系譜学』(佐藤卓己 新潮選書 2008)

著者:佐藤 卓己[さとう・たくみ] (1960-) メディア論。輿論と世論―日本的民意の系譜学 (新潮選書)作者:佐藤 卓己発売日: 2008/09/01メディア: 単行本【目次】 目次 [003-009] 凡例 [010] 第一章 輿論は世論にあらず 013 日本的「世論」への不信 013 万機…

『視覚文化「超」講義』(石岡良治 フィルムアート社 2014)

著者:石岡 良治[いしおか・よしはる] (1972-) 批評家、表象文化論(芸術理論・視覚文化)、ポピュラー文化研究。 → Yoshiharu ISHIOKA (@yishioka) | Twitter 著者:國分 功一郎視覚文化「超」講義作者:石岡良治発売日: 2014/06/26メディア: 単行本【目次…

『社会運動の戸惑い――フェミニズムの「失われた時代」と草の根保守運動』(山口智美,斉藤正美,荻上チキ 勁草書房 2012)

著者:山口 智美[やまぐち・ともみ] (1967-) 文化人類学、フェミニズム、社会運動論。 著者:斉藤 正美[さいとう・まさみ] (?-) メディア研究、フェミニズム、社会運動論。 著者:荻上 チキ[おぎうえ・ちき] (1981-) メディア論。評論。社会運動の戸惑…