contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

経済学

『ホモ・エコノミクス――「利己的人間」の思想史』(重田園江 ちくま新書 2022)

著者:重田 園江[おもだ・そのえ] (1968-) 現代思想、政治思想史、フーコー研究。 筑摩書房 ホモ・エコノミクス ─「利己的人間」の思想史 / 重田 園江 著 ホモ・エコノミクス ──「利己的人間」の思想史 (ちくま新書)作者:重田園江筑摩書房Amazon 経済学が…

『日本金融百年史』(横山和輝 ちくま新書 2021)

著者:横山 和輝[よこやま・かずき](1971-) 金融論。経済史。 NDC:338.21 金融史・事情.銀行史・事情 筑摩書房 日本金融百年史 / 横山 和輝 著 日本金融百年史 (ちくま新書)作者:横山 和輝筑摩書房Amazon日本金融百年史 (ちくま新書)作者:横山和輝筑摩書…

『生産性――誤解と真実』(森川正之 日本経済新聞出版 2018)

著者:森川 正之[もりかわ・まさゆき](1959-) 経済政策、産業分析。経済産業省。 装幀:新井 大輔 (1982-) 装画:コーチはじめ DTP:有限会社 マーリンクレイン NDC:331.8 生産性 誤解と真実 | 日経の本 日本経済新聞出版 生産性 誤解と真実作者:森川 正…

『純粋機械化経済――頭脳資本主義と日本の没落』(井上智洋 日本経済新聞社 2019)

著者:井上 智洋[いのうえ・ともひろ] 経済学(マクロ動学理論、貨幣的成長理論、金融政策、人工知能が経済に与える影響) ブックデザイン:新井 大輔[あらい・だいすけ](1982-) 装丁。 カバー写真: 馬車 ©National Archives/Newsmakers/ゲッティ/共…

『現金の呪いーー紙幣をいつ廃止するか?』(Kenneth S. Rogoff[著] 村井章子[訳] 日経BP 2017//2016)

原題:THE CURSE OF CASH (Princeton University Press) 著者:Kenneth S. Rogoff(1953-) マクロ経済学、金融論。チェス・プレイヤー(GM)。 訳者:村井 章子[むらい・あきこ] 翻訳。 訳者:齊藤 誠[さいとう・まこと] マクロ経済学、金融論、財政学。 …

『「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法』(中室牧子, 津川友介 ダイヤモンド社 2017)

著者:中室 牧子[なかむろ・まきこ] 著者:津川 友介 [つがわ・ゆうすけ] 装丁デザイン:竹内雄二 DTP、本文・図版デザイン:岸 和泉 NDC:331.19 経済数学、経済統計、計量経済学。 「原因と結果」の経済学 | 書籍 | ダイヤモンド社 「原因と結果」の経済…

『年収は「住むところ」で決まる――雇用とイノベーションの都市経済学』(Enrico Moretti[著] 池村千秋[訳] プレジデント社 2014//2012)

原題:THE NEW GEOGRAPHY OF JOBS 著者:Enrico Moretti(1968-) 労働経済学、都市経済学。 訳者:池村 千秋[いけむら・ちあき] (1971-) 翻訳。 解説:安田 洋祐[やすだ・ようすけ] マーケットデザイン、ゲーム理論。 編集:中嶋 愛 装丁:岡本 健 + 制作…

『ミルトン・フリードマンの日本経済論』(柿埜真吾 PHP新書 2019)

著者:柿埜 真吾[かきの・しんご](1987-) 学習院大学大学院経済学研究科博士後期課程(2019年代の当時)。 装幀者:芦澤泰偉+児崎雅淑 ミルトン・フリードマンの日本経済論 | 柿埜真吾著 | 書籍 | PHP研究所 ミルトン・フリードマンの日本経済論 (PHP新書…

『サラ金の歴史――消費者金融と日本社会』(小島庸平 中公新書 2021)

著者:小島 庸平[こじま・ようへい] (1982-) NDC:338.77 庶民金融.消費金融.消費者金融.クレジット(質屋.金貸業) サラ金の歴史 -小島庸平 著|新書|中央公論新社 サラ金の歴史-消費者金融と日本社会 (中公新書 2634)作者:小島 庸平中央公論新社Ama…

『経済学は役に立ちますか?』(大竹文雄,竹中平蔵 東京書籍 2018)

著者:大竹 文雄[おおたけ・ふみお] (1961-) 著者:竹中 平蔵[たけなか・へいぞう] (1951-) 企画・編集:堀岡 治男(堀岡編集事務所) ブックデザイン:長谷川 理 写真:宗野 歩 NDC:331 経済学.経済思想 『経済学は役に立ちますか?』 - 東京書籍 経…

『エコノミクス・ルール――憂鬱な科学の功罪』(Dani Rodrik[著] 柴山桂太,大川良文[訳] 白水社 2018//2015)

原題:Economics Rules: The Rights and Wrongs of the Dismal Science (2015) 著者:Dani Rodrik(1957-) 訳者:柴山 桂太(1974-) 政治-経済思想。 訳者:大川 良文(1971-) 国際経済学。 NDC:331 : 経済学.経済思想 エコノミクス・ルール - 白水社エコノミ…

『経済学のパラレルワールド――入門・異端派総合アプローチ』(岡本哲史,小池洋一[編著] 新評論 2019)

編者:岡本 哲史[おかもと・てつし](1962-) ラテンアメリカ経済論(チリ経済)、開発経済学、国際経済学。 編者:小池 洋一[こいけ・よういち](1948-) 経済開発論、地域研究(ラテンアメリカ)。 著者:内橋 克人[うちばし・かつと](1932-) 経済評論家…

『新自由主義の妖怪――資本主義史論の試み』(稲葉振一郎 亜紀書房 2018)

著者:稲葉 振一郎 装丁:水戸部 功 NDC:331.7 経済思想(近代経済学派.近代理論) https://www.akishobo.com/book/detail.html?id=865&st=4 「新自由主義」の妖怪――資本主義史論の試み作者:稲葉 振一郎亜紀書房Amazon 【目次】 目次 [002-007] はじめに […

『スポーツ経済学』(里麻克彦 北海道大学出版会 2011)

著者:里麻 克彦[さとま・かつひこ](1955-) 金融論、金融工学。スポーツ経済学。スポーツ経済学作者:里麻 克彦発売日: 2011/04/25メディア: 単行本(ソフトカバー) 【目次】 はじめに 目次 序章 スポーツを経済学で考える 1.スポーツ 2.スポーツ産業 Do…

『なぜ貧しい国はなくならないのか――正しい開発戦略を考える〈第2版〉』(大塚啓二郎 日本経済新聞出版 2020//2014)

著者:大塚 啓二郎[おおつか・けいじろう](1948-) 農業経済学、開発経済学。 装丁:野網 雄太[のあみ・ゆうた](1988-) グラフィックデザイナー。 NDC:333.8 経済協力.経済援助 なぜ貧しい国はなくならないのか(第2版) | 日経の本 日本経済新聞出版 …

『やりすぎの経済学――中毒・不摂生と社会政策』(Harold Winter[著] 河越正明[訳] 大阪大学出版会 2020//2011)

原題:The Economics of Excess: Addiction, Indulgence, and Social Policy 著者:Harold M. Winter 経済学。 訳者:河越 正明[かわごえ・まさあき] 日本経済論、医療経済学、マクロ経済。 装幀:遠藤 正二郎[えんどう・しょうじろう] NDC:498 衛生学…

『ハッパノミクス――麻薬カルテルの経済学』(Tom Wainwright[著] 千葉敏生[訳] みすず書房 2017//2016)

原題:NARCONOMICS: How to Run a Drug Cartel 著者:Tom Wainwright 編集者 訳者:千葉 敏生 翻訳家 NDC:368.83 社会病理 → 麻薬中毒者.麻薬密売 ハッパノミクス | みすず書房ハッパノミクス作者:トム・ウェインライトみすず書房Amazon 【目次】 題辞 [00…

『健康経済学――市場と規制のあいだで』(後藤励,井深陽子 有斐閣 2020)

著者:後藤 励[ごとう・れい] 医療経済学、行動経済学、保健医療政策。 著者:井深 陽子[いぶか・ようこ] 医療経済学。 装幀:神田 程史(レフ・デザイン工房) 健康経済学 | 有斐閣 健康経済学 -- 市場と規制のあいだで作者:後藤 励,井深 陽子有斐閣Ama…

『喫煙と禁煙の健康経済学――タバコが明かす人間の本性』(荒井一博 中公新書ラクレ 2012)

著者:荒井 一博[あらい・かずひろ](1949-) ミクロ経済学。日本経済論。喫煙と禁煙の健康経済学 - タバコが明かす人間の本性 (中公新書ラクレ)作者:荒井 一博発売日: 2012/01/06メディア: 新書 【目次】 はしがき [003-004] 目次 [005-010] プロローグ […

『エビと日本人』(村井吉敬 岩波新書 1988)

著者:村井 吉敬[むらい・よしたか] (1943-2013) 東南アジア社会経済論。 挿絵:小川 二美子エビと日本人 (岩波新書)作者:村井 吉敬発売日: 1988/04/20メディア: 新書【目次】 目次 [i-v] 地図 [vi-vii] プロローグ――なぜエビか? 001 バナナとエビ なぜエ…

『リサイクルと世界経済――貿易と環境保護は両立できるか』(小島道一 中公新書 2018)

著者:小島 道一[こじま・みちかず] (1965-) エコノミスト。環境経済学(インドネシアの環境問題、アジアにおけるリサイクル、再生資源・廃棄物の越境移動の研究)。 NDC:518.523 都市衛生(ごみの再利用[リサイクリング]) リサイクルと世界経済 -小島…

『労働経済学入門』(大竹文雄 日経文庫 1998)

著者:大竹 文雄[おおたけ・ふみお] 労働経済学、行動経済学。労働経済学入門 (日経文庫―経済学入門シリーズ)作者:大竹 文雄発売日: 1998/04/01メディア: 新書【目次】 まえがき(1998年3月 大竹文雄) [003-004] 目次 [005-009] 第1章 労働経済入門 011 1…

『賃上げはなぜ必要か――日本経済の誤謬』 (脇田成 筑摩選書 2014)

著者:脇田 成[わきた・しげる] (1961-) マクロ経済学、労働経済学。 NDC:332.107 日本経済史・事情(昭和時代後期、平成時代 1945-) 筑摩書房 賃上げはなぜ必要か ─日本経済の誤謬 / 脇田 成 著賃上げはなぜ必要か: 日本経済の誤謬 (筑摩選書)作者:成, …

『怠惰への讃歌』(Bertrand Russell[著] 柿村峻, 堀秀彦[訳] 平凡社ライブラリー 2009//1958//1935)

原題:In Praise of Idleness, and Other Essays 著者:Bertrand Arthur William Russell(1872-1970) 訳者:柿村 峻[かきむら・たかし] (1902-1987) 中国哲学。 「ラッセル協会」発起人の一人 訳者:堀 秀彦[ほり・ひでひこ] (1906-1997) 哲学。評論。 …

『見えざる手をこえて――新しい経済学のために』(Kaushik Basu[著] 栗林寛幸[訳] NTT出版 2016//2011)

原題:Beyond the Invisible Hand: Groundwork for a New Economics 著者:Kaushik Basu(1952-) 訳者:栗林 寛幸[くりばやし・ひろゆき] (1971-) 翻訳家。 シリーズ:〈叢書“制度を考える”〉 見えざる手をこえて 新しい経済学のために|書籍出版|NTT出版 …

『いまこそ経済成長を取り戻せ――崩壊の瀬戸際で経済学に何ができるか』(Dambisa Moyo[著] 若林茂樹[訳] 白水社 2019//2018)

原題:Edge of Chaos: Why Democracy Is Failing to Deliver Economic Growth and How to Fix It (2018) 著者:Dambisa Felicia Moyo (1969-) エコノミスト。 訳者:若林 茂樹[わかばやし・しげき] (1970-) エコノミスト(日本政策投資銀行)。 装画:佐貫…

『古代・中世経済学史』(Barry Gordon[著] 村井明彦[訳] 晃洋書房 2018//1975)

原題:Economic Analysis before Adam Smith: Hesiod to Lessius(1975) 著者:Barry Gordon (1934-1994) 古典派、キリスト教経済思想。 訳者:村井 明彦[むらい・あきひこ](1967-) 貨幣的ミクロ経済学に基づくマクロ経済学、新オーストリア経済学。 寄稿:…

『日本型資本主義――その精神の源』(寺西重郎 中公新書 2018)

著者:寺西 重郎[てらにし・じゅうろう] (1942-) 金融論、日本経済論。 日本型資本主義|新書|中央公論新社日本型資本主義-その精神の源 (中公新書)作者:寺西 重郎中央公論新社Amazon 【目次】 まえがき [i-xiii] 日本の資本主義、西洋の資本主義 「大き…

『資本主義の思想史――市場をめぐる近代ヨーロッパ300年の知の系譜』(Jerry Z. Muller[著] 池田幸弘[訳] 東洋経済新報社 2018//2002)

原題:The Mind and the Market: Capitalism in Western Thought 著者:Jerry Z. Muller 歴史学。ヨーロッパの知性史(=精神史)、資本主義の歴史。 訳者:池田 幸弘[いけだ・ゆきひろ](1959-) 経済思想史。 資本主義の思想史 | 東洋経済STORE資本主義の…

『大坂堂島米市場――江戸幕府vs市場経済』(高槻泰郎 講談社現代新書 2018)

著者:高槻 泰郎[たかつき・やすお] (1979-) 経済学。ミクロ政策分析。 NDC:611.33 農業経済→米.米価.米の輸出入 『大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済』(高槻 泰郎):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部大坂堂島米市場 江戸幕府vs市場経済 (講談社…