contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『教養としての将棋――おとなのための「盤外講座」』(尾本恵市[編] 講談社現代新書 2019)

著者:
梅原 猛(うめはら たけし)哲学。
羽生 善治(はぶ よしはる)九段。
尾本 恵市(おもと けいいち)分子人類学。
清水 康二(しみず やすじ)考古学(遊戯史、鋳造技術、巨石文化)
飯田 弘之(いいだ ひろゆき)ゲーム情報学。
熊澤 良尊(くまざわ りょうそん)駒師。
安次嶺 隆幸(あじみね たかゆき)元・小学校教員。
大川 慎太郎(おおかわ しんたろう)観戦記者
本文デザイン:土方芳枝

【目次】
はじめに(制作者一同) [003-004]
目次 [005-010]


序章 「将棋学」ことはじめ――盤外の文化、ここに集う[尾本恵市] 011
  将棋はなぜ「文化」なのかに
  「将棋学」の旗揚げとなった共同研究
  広く日本人のための教養として


第1章 いまこそ将棋を知ってほしい――大山・升田からAI、怨霊思想まで[梅原 猛×羽生善治 021
1 文化は奇人がつくる 022
  将棋熱中時代
  おそるべき江戸時代の詰将棋
  「ひらめき」は「むだ」から生まれる
  恥ずかしい「インチキ将棋」
2 わざと悪手を指した名人 040
  理系は直観、文系は経験
  盤上を見ていなかった大山
  将棋に勝つには「他力」が必要
  盤上の研究者だった升田
3 直観は七割しか正しくない 053
  直観を捨てるつらさ
  「強いこと」とは「読まないこと」 
4 将棋界に「個性」は失われたか 060
  すさまじい情報戦
  ドライに書き換えられる常識
  将棋を「伝える」ことの大切さ
  コンピュータが将棋を面白くする
5 将棋に見る日本独特の思想 072
  「持ち駒」は武士道に反するか
  チェスの考え方、将棋の考え方
  「つるむ和」ではなく「羅漢の和」を


第2章 将棋はどのようにしてできたのか――考古学が追う「誕生」のミステリー[清水康二] 087
  「特異さの謎」を解くための三つの論点
  いまも続く論争
  戦国時代の「朝倉駒」
  興福寺での大発見
  将棋の進化が垣間見えた
  「奈良時代以前」に将棋はあったか
  「先祖」はマックルックだったのか
  将棋は「庶民のゲーム」だったのか
  将棋を伝え、改変した人たち
  「将棋学」の確立のために


第3章 将棋はなぜ人を夢中にさせるのか――数理で示す「面白さ」のメカニズム[飯田弘之 113
  勝負の世界から研究の道へ
  「危うきところ」にある本質
  「ふち」がもたらす「スリル感」と「遊戯性」
  ゲームの特徴を決める「スイング頻度」
  思考ゲームのスイング頻度
  思考ゲームの「洗練度」を示す指標
  「公平性」という問題
  思考ゲームにおける公平性問題 ①囲碁
  思考ゲームにおける公平性問題 ②チェス
  思考ゲームにおける公平性問題 ③将棋
  AIの登場で問われる日本人の叡知


第4章 将棋の駒はなぜ芸術になったのか――職人が明かす「わざ」の見どころ[熊澤良尊] 133
  将棋の駒とチェスの駒の違いは?
  将棋の駒は「木でできた宝石」
  「平べったいこと」の恩恵――多様さを生む空間
  「平べったいこと」の恩恵――「指し味」と「手さばき」
  「色分けしていないこと」の恩恵――飴色の木地の美しさ
  「文字で種類を区別すること」の恩恵――書体が深めた芸術性
  「文字で種類を区別すること」の恩恵――進化した漆の技術
  将棋の駒はいつから高級品になったのか
  五角形とルールとの関係
  駒づくりの実技
  駒木地をつくる ①櫛板は最低2年寝かせる
  駒木地をつくる ②ジグソーパズルの面白さ
  文字を彫る ①書体を選んで「字母紙」を貼る
  文字を彫る ②V字型に彫る「薬研彫り」
  文字を彫る ③「目止め」を忘れるな
  漆のわざ ①文字の仕上げは4種類ある
  漆のわざ ②猫の首の毛でできた筆
  漆のわざ ③文字は駒に正対して書くべし
  漆のわざ ④「銘」を入れる
  漆のわざ ⑤「磨き上げ」も手を抜くな


第5章 将棋はなぜ「頭のよい子」を育てるのか――教育者が説く「負けました」の効能[安次嶺隆幸] 173
  将棋ブームを支える親たちの期待
  「負けました」が秘める力
  「気持ちを折りたたむ」
  負けて泣いている子にどう接するか
  「無言のうちに察する力」
  「間違えることを恐れない」
  羽生さんが教えてくれたこと
  藤井聡太が学んだもの


第6章 将棋の「観戦記」はどう変わったか――取材現場で見た将棋界の「ハイテク化」[大川慎太郎] 195
  観戦記がなければ将棋はわからない
  「後日取材」は将棋界ならではの手法
  21世紀に将棋と観戦記は激変した
  序盤の描写が変わった
  登場する棋士が多彩になった
  「背景」が掘り下げられるようになった
  情景描写が減った
  「将棋めし」が注目される不思議
  ソフトで解析できるようになった
  観戦記はどうなるのか


おわりに――「形づくり」の美学[令和元年五月 尾本恵市] [226-232]
詰将棋 [233-234]

『僕らの哲学的対話――棋士と哲学者』(戸谷洋志, 糸谷哲郎 イースト・プレス 2018)

著者:戸谷 洋志[とや ひろし]  哲学。Hans Jonas研究。
著者:糸谷 哲郎[いとだに てつろう]  棋士

僕らの哲学的対話 棋士と哲学者

僕らの哲学的対話 棋士と哲学者

 

【目次】

まえがき(戸谷洋志) [003-015]
目次 [016-018]


1章 勝負論 019
  「戦略」と「戦術」/哲学者の「価値」とは/勝負論は人生論である/勝つために必要な「柔軟性」/哲学者は「公」に貢献するべきか/メンタルトレーニングについて/対戦相手は敵なのか/明確な基準のない人はどう戦えばいいのか/承認と戦いへの憧れ

2章 AIとどう向き合うか 051
  AIは人間を超えたのか/AIは将棋をどう変えるのか/「AI棋士」が現れる日/人間の特権性は剥がされていくのか/「遊び」とAI将棋/人間だけが持っている「何か」はあるか/「水槽脳」という思考実験/人工知能を愛せるか/人間には「有限性」がある/人は「環境」で決まるのか/運命に抗う姿こそが美しい/人生を賭ける勝負はなくならない/哲学的スタンスの違い

3章 哲学と社会の難しい関係 089
  ハイデガーの世界概念/ハンス・ヨナスと倫理学ハイデガーナチス・ドイツ/なぜヨナスを研究しているのか/ナチス・ドイツといまの日本/リベラルにも問題がある/価値多元主義を超えて/人権主義者の思想とは/オウムと死刑問題/オウムと人権/ネトウヨと「生産性」発言/ネトウヨと哲学カフェ/マルクス・ガブリエルをめぐって/『なぜ世界は存在しないのか』はなぜ売れたのか/「哲学者」を自称することについて/哲学と社会への影響/他者のイデオロギーを理解するには/「哲学カフェ」の問題点/「コミュニティ」の問題

4章 僕ら世代の幸福論 147
  僕らの世代の価値観とは/「ゆとり世代」は本当に幸せなのか/大きな物語を失った世代/「党派性」が強まっている/「戦い方」を学べ/ジェンダーと結婚/なぜ有給休暇はとりにくいのか/他者と議論する能力が摩滅している/「運命の出会い」を信じるか/「神話」とどう付き合うか/「神話」と幸福/自分と異なる神話に触れる/アーレントと愛/対話を終えて

 

あとがき糸谷哲郎) [195-202]

▲6六歩型の居飛車穴熊

 0 
 将棋倶楽部24でノーマル三間を連続登板させていたところ、五局目に相振り△3三角戦法とぶつかった。
 これには、先手が居飛車穴熊を選ぶのが今風のスタンダードだと聞いたことがある。相振りも好きだが、後手の準備が知りたくなり居飛車に切り替えた。

[初手から]
▲76歩△34歩▲66歩△33角
▲48銀△22飛▲68玉△62玉
▲78玉△72玉▲56歩△42銀

……(A図)

 これが実戦の進行。
 六手目の△22飛では△42銀がまさる。後述。
 A図最後の△42銀は、一長一短。角交換に備えつつ△53銀や△43銀を用意した普通の手だが、代わる?@24歩・?A92香・?B64歩 などの選択肢に比べて積極性がないように思えた。
 といってもA図より積極的な作戦を実際にとれるのかは確信がない。
 今回は、類似した局面を参考にしつつ、このへんを考えてみたい。


 1 
 おさらい。相振りでの△3三角戦法は左右反転の相矢倉や角換わりっぽくなることが多い。
 相矢倉よりはるかに高い頻度で爽快な矢倉崩しが実現するので、居飛車党の皆さんにもオススメしたい。

 ところで先手が居飛車にすると、どんなメリットがあるのか。大雑把だが、(1)相振りを避けることができる・(2)向かい飛車に対して飛車先を保留できる、ということが挙げられる。
 ノーマル向かい飛車に合流すれば、通常形より先手が得をしている。またそれ以上に、相振り飛車を苦手としている振り飛車党にとっては、対抗形にしたいという事情がある。
 かたくなに相振りを選ばなかった大山康晴先生は、どちらの理由だったのだろうか。

 先手の囲いとして左美濃はどうか。▲78銀〜▲79玉〜▲58金と自然に囲う。ここから、先手高美濃vs△53銀型に構えた後手という構図に落ち着く。
 しかし後手の角筋が直射していることで、△74歩〜△72飛〜△64銀や、△64歩〜△62飛などの攻撃の手段が厳しくなる。加えて後手だけに穴熊への余地が残ってしまう。
 左美濃は工夫がない限り採用しにくそうだ。

 ▲6六歩を突いていると囲いの選択肢は限られる。まず▲6七銀型は流行らないが選択肢としては残る。ただし、そこから位取りを目指しても、上記手順と同様に先攻されそうだから。やはり、ミレニアムや串カツ囲い、居飛穴などで深く囲うしかない。

 ※この節は、『相振り飛車を指しこなす本〈4〉』第3章「△3三角戦法の考え方」が下敷き。


続く。

大会の感想

 チームに欠席者が多く、補欠のわたしはフル出場。
 私に限れば結果は出た。しかしチームは惜敗しかしていない。
 これといった原因は特定できない。中堅らの詰めの甘さや経験不足といった、改善しやすい課題からとりかかるべきかも。

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)

上達の法則―効率のよい努力を科学する (PHP新書)

大会前日

 将棋の団体戦である。補欠兼「棋譜とり係」兼マネージャーとして、会場までついていく。

 ここ2ヶ月は一年生の練習相手ばかりやっていたので、自分の研究がおろそかになってしまった。
 今週になって(いまさら……)定跡を復習している。久しぶりに広瀬章人四間飛車穴熊の急所』と、佐藤秀司『とっておきの穴熊退治』を読む。

四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)

四間飛車穴熊の急所 (最強将棋21)

とっておきの穴熊退治 (マイナビ将棋BOOKS)

とっておきの穴熊退治 (マイナビ将棋BOOKS)

 簡単に紹介します。
 広瀬(2011)は先手四間を基本とし、銀冠の定跡を100頁以上かけて解説している。この分野の棋書の筆頭。一見級位者にも読めそうな語り口だが内容は高度。深く掘り下げるスタイルと戦型の性質上、しかたない。

 佐藤(2016)は先手居飛車に絞ってあり、四間穴熊ゴキゲン中飛車穴熊に対する銀冠を扱う。後手の球種を細かく分類し、それぞれへの対抗策を紹介しているので、広瀬本とは対照的だ。

 振り穴と銀冠のどちらをもつにせよマニアックな世界なので、3年くらい経験値を貯めておかないと、(相手が格下でないかぎり)有段者には通用しないだろう。