contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『政治経済の生態学――スウェーデン・日本・米国の進化と適応』(Sven Steinmo[著] 山崎由希子[訳] 岩波書店 2017//2010)

原題:The Evolution of Modern States: Sweden, Japan, and the United States (2010)
著者:Sven Steinmo(1953-)
訳者:山崎由希子

政治経済の生態学――スウェーデン・日本・米国の進化と適応

政治経済の生態学――スウェーデン・日本・米国の進化と適応

【目次】
日本語版への序言(二〇一七年四月 イタリア、フィレンツェにて スヴェン・スタインモ) [v-viii]
序言――複雑なサブシステムからなる多様なシステム [ix-xiv]
目次 [xv-xviii]

第一章 進化と適応の物語――国家の多様性 001
  グローバル・スタンダードとは?/何が間違っていたのか?/社会科学の手法をめぐる論争/進化理論と社会科学の親和性/進化理論と歴史的制度論/よくある誤解についての覚書/三つのシステムの事例/スウェーデン――マルハナバチはなぜ飛べるのか?/日本――適応に苦闘する交配種/米国――強い国、弱い国家/結論

第二章 スウェーデン――マルハナバチの進化 037
Part 1 普遍的福祉国家 042
  財政的攪拌/社会主義自由経済/経済的集中
Part 2 スウェーデン・システムの進化 054
  妥協の政治の選挙制度に関わる起源/サルトシェーバーデンの歴史的妥協/戦争と戦争によってもたらされた利益/女性、雇用、平等/コーポラティスト交渉の政治化と衰退/スウェーデン・モデルの再考/スウェーデン資本主義の危機
Part 3 世紀末の難題 079
  「社会主義者たち」の適応/グローバル経済下の教育/破壊的な新自由主義?/人口動態変化への適応/社会民主的コンセンサス/スウェーデン・モデルと社会福祉国家/結論――今も飛び続けているが、マルハナバチのままなのか

第三章 日本――新旧遺伝子の交配種[ハイブリッド] 103
Part 1 日本システムの概要――「日本株式会社」 106
  「日本株式会社」の内実/二重構造の経済/「雇用を通じた福祉」/政治的構造――イデオロギーなき政治/日本の小さな(公の)福祉国家/日本スタイルの税制/様々に矛盾する交配種のシステム
Part 2 日本システムの進化 124
  米軍占領時代/民主主義を守る平等/戦後の最優先目標――経済成長/産業政策の優先/島国国家――石油危機の到来/ジャパン・アズ・ナンバーワン
Part 3 新世紀の難題 140
  バブル崩壊以降/「グローバル・スタンダード」への適応/半分空のコップ/税制改革/小泉劇場/不平等の増加/信頼の低下/実現されなかった改革/ジェンダーによる不平等/高齢社会vs均質的な国家/レジームは変化するのか?/結論――衰退に向かいつつある交配種?

第四章 米国――特異な進化を遂げた「強い国、弱い国家」 169
Part 1 米国の「隠れた」福祉国家 172
  米国の特異な税制/選別方式/自由な市場?
Part 2 米国システムの進化 184
  豊かな土地の、抑制と均衡のシステム/現代の積極的な国家の台頭/米国福祉国家の構築/改革主義国家の登場/豊かな人々/大きな政府と弱い国家/信頼への危機――カーターの警鐘/「政府こそが問題なのだ、それは解決ではない」――レーガンの登場/進化する世界経済/「大きな政府の時代は終わった」――クリントンによる軌道修正の試み/支出ではなく、減税
Part 3 世紀末に立ちふさがる難題 226
  政府に「何をしてくれるのか」問うのではなく、「何が手に入れられるか?」へ/結論――増え続ける富と縮小する政府

第五章 「それでも地球は動く」 237
  新自由主義の終焉?/グローバル化はなぜ福祉国家を葬り去らなかったか/保険としての福祉国家/政治の進化学は必要か/アイディア、エージェント、制度的変化/進化単位としての国家?/制度と進化/グローバル化する世界における分岐

訳者あとがき(二〇一七年七月 山崎由希子) [271-278]
  スヴェン・スタインモについて
  本書の学術的背景について
  本書の視点から見た今日の日本社会
原注 [1-30]

『さもしい人間――正義をさがす哲学』(伊藤恭彦 新潮新書 2012)

さもしい人間―正義をさがす哲学 (新潮新書)

さもしい人間―正義をさがす哲学 (新潮新書)

【目次】
目次 [003-005]

プロローグ――「さもしさ」の話を始めよう 007
パソコンはどこまで進化すればいいのか/欲望追求はさもしいか?/人類史上最もさもしい人々/原発事故とさもしさ/この本で考えてみたいこと

第1章 日常にひそむ「さもしさ」の光景 020
ファストフード店で/激安弁当と激安居酒屋/エコ商品ブーム/激安ガソリン/私たちの生活は「さもしい」か/道徳的ロンダリングダーウィンの悪夢/道徳的に問題のない生活とは/地球社会の格差/もやもやした気持ち

第2章 「分」を守るということ 053
酒池肉林星の人々/アリストテレスの定義/「分」を守る/正しさの基準/ジョージ・クルーニーと伊藤恭彦/自己責任と正しい「分」/「学歴は親次第」は許されるか/貧困国に生まれたら/「分」と運命

第3章 市場はけっこう残酷だ 090
「お疲れ様」と「お互い様」/共同体社会の醜さ/市場競争からは逃れられない/大富豪イコール悪ではない/「お互い様」の制度/お互い様の倫理と正義/制度があって生活は成り立つ/制度を考える/政府は税金泥棒か?/風が吹いて儲かるのは桶屋だけ/制度が欲望を支える/個人の「さもしさ」と制度の「さもしさ」

第4章 地球から「さもしさ」を消せるか 137
簡単にまたげない国境/坊主丸儲け資本主義/制度がないゆえの「おいしい生活」/血まみれのダイヤ/他人を食い物にしてはならない義務/募金の上限/正義と私たちの利益/毒入りギョーザ事件/メタボと飢餓/地球規模の制度をつくる/援助の罠/ウルトラマンアンパンマン/国境を越える正義/冷静な正義と正義の心

エピローグ――公憤と正義 184
破壊型政治の問題点/護送船団の意味/恐怖のボートレース/私憤から興奮ではなく、公憤へ/グローバル社会の正義/正義を語る不幸/正義にかなう制度がすべてか?/二つの心のバランスを

あとがき(二〇一二年六月 伊藤恭彦) [211-213]
主要参考文献とブックガイド [214-223]

『ヨーロッパ・コーリング――地べたからのポリティカル・レポート』(ブレイディみかこ 岩波書店 2016)

【目次】
目次 [v-ix]
凡例 [x]

  I
こどもの貧困とスーパープア[2014年3月18日] 003

格差社会であることが国にもたらすコスト[2014年4月1日] 007

ハラール肉と排外ヒステリア[2014年5月23日] 011

アンチ・ホームレス建築の非人道性[2014年6月13日] 015

アンチ・ホームレスの鋲が続々と撤去へ[2014年6月15日] 019

BBCが外注者にする質問――「あなたはゲイ?」「ご両親は生活保護受給者?」[2014年7月22日] 021

貧者用ドアとエコノミック・アパルトヘイト[2014年8月4日] 025

餓死する人が出た社会,英国編[2014年8月6日] 029

英国式『マネーの虎』で失業率を下げる方法[2014年8月21日] 033

スコットランド狂想曲――経済とスピリットはどちらが重いのか[2014年9月14日] 037

スコットランド狂想曲2――市民的ナショナリズムと民族的ナショナリズム[2014年9月17日] 043

海辺のジハーディスト[2014年10月14日] 048

地べたから見たグローバリズム――英国人がサンドウィッチを作らなくなる日[2014年11月18日] 054

風刺とデモクラシー――今こそ「スピッティング・イメージ・ジャパン」の復活を[2014年12月17日] 059

トリクルアウトの経済――売られゆくロンドンとディケンズの魂[2014年12月29日] 063

アンチ・グローバリズム・イン・ザ・UK――スコットランドが示した新たな道[2014年12月] 068

  II
政治を変えるのはワーキングクラスの女たち[2015年1月13日] 075

英国が身代金を払わない理由[2015年1月21日] 080

フェミニズムとIS問題[2015年2月7日] 084

労働者階級のこどもは芸能人にもサッカー選手にもなれない時代[2015年2月26日] 089

人気取りの政治と信念の政治[2015年3月7日] 094

スコットランドの逆襲[2015年3月9日] 099

固定する教育格差――「素晴らしき英国の成人教育」の終焉[2015年4月3日] 103

「左派のサッチャー」がスコットランドから誕生?[2015年4月9日] 107

国の右傾化を止めるのは女たち[2015年4月21日] 112

英国総選挙の陰の主役,スコットランドが燃えている[2015年5月5日] 117

英国選挙結果を地べたから分析する――やっぱり鍵はナショナリズム[2015年5月9日] 123

住民投票国民投票――国の未来は誰が決めるのか[2015年5月20日] 128

「勝てる左派」と「勝てない左派」[2015年6月3日] 132

右翼はLGBTパレードに参加してはいけないのか[2015年6月12日] 137

スコットランド女性首相,現地版ネトウヨの一掃を宣言[2015年6月28日] 143

ギリシャ危機は借金問題ではない.階級政治だ[2015年7月4日] 148

ギリシャ国民投票―― 六人の経済学者たちは「賛成」か「反対」か[2015年7月5日] 155

ユーロ圏危機とギリシャ ――マーガレット・サッチャーの予言[2015年7月9日] 160

英国政治に嵐の予兆?――「ミスター・マルキスト」が労働党党首候補№ 1に[2015年8月5日] 165

労働党党首候補コービン,原爆70年忌に核兵器廃絶を訴える[2015年8月9日] 170

英国で感じた戦後70年――「謝罪」の先にあるもの[2015年8月18日] 176

欧州の移民危機――「人道主義」と「緊縮」のミスマッチ [2015年9月7日] 181

労働党に反緊縮派党首が誕生――次はスペイン総選挙だ[2015年9月13日] 186

再び暴動の足音? ロンドンがきな臭くなってきた[2015年9月29日] 191

左翼が大政党を率いるのはムリなのか?――ジェレミー・コービンの苦悩[2015年月10日15] 195

ロンドン市長「移民を受け入れないと日本のように経済停滞する」[2015年10月19日] 200

保守が品格を失うとき――ジェレミー・コービンが炙りだすエリートの悪意[2015年11月8日] 205

パリ同時多発テロ――レトリックと復讐。その反復の泥沼[2015年11月17日] 210

元人質が語る「ISが空爆より怖がるもの」[2015年11月19日] 215

右も左も空爆に反対するとき――キャメロンの戦争とブレアの戦争[2015年12月1日] 220

仏選挙で極右が圧勝.でも英国はジェレミー・コービン労働党が白星[2015年12月8日] 225

スペイン総選挙でポデモス躍進――欧州政治に「フォースの覚醒」[2015年12月22日] 230

左派はなぜケルンの集団性的暴行について語らないのか[2016年1月16日] 235

  III
米と薔薇――新自由主義の成れの果ての光景[2015年11月] 243
  ジェレミー・コービンと安保法案反対デモ
  襖の向こうのアナキズム
  日本人の薔薇
  WAR IS NOT OVER

民主主義ってコレなのか?――ポデモスが直面する現実[2016年2月] 263
  迷走するニュー・ポリティクス
  下から上に
  ポデモスが直面する現実
  欧州の反緊縮派が日本に示すもの
  クラウドとグラスルーツ

あとがき(二〇一六年四月 ブレイディみかこ) [285-291]
初出 [292]

『代議制民主主義――「民意」と「政治家」を問い直す』(待鳥聡史 中公新書 2015)

【目次】
目次 [iii-viii]


序章 代議制民主主義への疑問――議会なんて要ら
ない? 001

  目に余る惨状
  高まる議会批判
  熟議民主主義
  住民投票国民投票
  「一般意志2・0」
  代議制民主主義とは何か
  本書の関心


第1章 歴史から読み解く――自由主義と民主主義の両輪 017
1.1 近代議会の成立と発展 017
  議会と民主主義が結びつくという「常識」
  古代民主主義から近代民主主義へ
  議会と君主権力
  共和主義と民主主義
1.2 大統領制と議院内閣制 027
  アメリカの共和主義者の苦悩
  大統領制の誕生
  マディソン的自由主義――権力分立と多元的政治観
  アメリカ政治の民主化
  民主主義の不足か、行きすぎか
  議院内閣制の確立
  労働者の政治参加
1.3 拡大する代議制民主主義 045
  ヨーロッパにおける政党政治の確立と「凍結」
  後発近代化諸国の立憲君主
  大統領制の広がりと多様化
  代議制民主主義の確立
  全体主義による挑戦
  ファシズム諸国の崩壊と再建
1.4 代議制民主主義の黄金期 060
  戦後和解体制と福祉国家
  行政国家化
  利益集団自由主義
  異議申し立ての噴出
  ガヴァナビリティの危機
  新興諸国の政治的不安定
  凍結の終焉


第2章 課題から読み解く――危機の実態と変革の模索 077
2.1 動揺の時代 077
  決定的変化点としての一九八九年
  日本の政党政治への影響
  個人レヴェルの変化
2.2 変革の試み 084
  制度改革への志向
  新自由主義と代議制民主主義
  既成政党の変化
  新党ブーム
  激変するメディア環境
  政治の「大統領制化」
2.3 目立つ機能不全 098
  日本の「失われた二〇年」
  アメリカ政治の「分極化」
  ユーロ圏の危機と負担
  グローバル化の光と影
  扇動政治家の台頭
  新興民主主義国の混迷
2.4 危機への対応 115
  自由主義と民主主義の不整合
  失望と反撥
  焦点としての議会
  一時的な答えだったのか


第3章 制度から読み解く――その構造と四類型 123
3.1 代議制民主主義の基本構造 123
  委任と責任の連鎖
  誘因から考える
  委任の誘因構造
  責任の誘因構造
3.2 代議制民主主義を分類する 134
  権力分立は何を目指したか
  制度はなぜ重要なのか
  二つの基幹的政治制度――執政制度と選挙制度
  執政制度の分類――大統領制・議院内閣制・半大統領制
  執政制度と政官関係
  選挙制度の分類
  「比例性」への注目
3.3 制度と政党 150
  代議制民主主義における政党  選挙制度と政党システム
  選挙制度と政党組
  織執政制度と政党
3.4 四類型を考える 164
  レイプハルトの分類
  代議制民主主義の四類型
  多数主義型
  コンセンサス型
  中間型1
  中間型2
  国政と地方政治の不整合
  日本の執政制度と選挙制度
  参議院と地方政治制度の影響


第4章 将来を読み解く――改革のゆくえ 191
4.1 三つの「症状」 191
  円滑さを欠く連鎖関係
  国政の「決められない政治」と「決めすぎる政治」
  地方の「過剰な制約としての議会」と「無駄な議会」
  広すぎる裁量と実現困難な公約
  改革の方向性
4.2 執政制度の改革 204
  執政制度の収斂か
  なお残る違い
  新しい専制
  官僚の統制と政治任用
  日本の執政制度改革
  より優れた執政制度は存在するか
4.3 選挙制度の改革 220
  改革の意味
  小選挙区制の改革
  比例代表制の改革
  混合制の流行
  汚染効果
  日本の選挙制度改革
  マルチレヴェルミックスの課題
  理想の選挙制度の探求


終章 代議制民主主義の存在意義――バランスの観点から 241
  批判の論理
  懐疑論に根拠はあるか
  制度改革の効果
  代議制であることの意味
  代議制民主主義を使いこなすために


あとがき(二〇一五年一〇月 待鳥聡史) [257-261]
参考文献 [262-267]

『〈中東〉の考え方』(酒井啓子 講談社現代新書 2010)

<中東>の考え方 (講談社現代新書)

<中東>の考え方 (講談社現代新書)

【目次】
プロローグ [003-013]
なぜ中東情勢はわかりにくいのか?/なぜ「中東」とくくるのか?/中東は欧米が導入した言葉/「神様」や文化の違い?/世界のど真ん中で/本書の目的と構成
目次 [014-019]
関連地図 [020-023]


第1章 石油の海に浮かぶ国々 020
オイル・マネーが生んだ摩天楼/最初の中東体験/世界の動乱の鏡
1 大英帝国の遺産「湾岸首長国 031
「中東」はいつできたか/大英帝国、部族長と手を結ぶ/砲艦外交
2 サウディアラビアの登場 039
イスラームの盟主/宗教家と部族の雄のタッグ/半島のヒーローと英外交官たち/アメリカとの蜜月/アラブ民族主義の政権が続々と/イギリスの退場と左派の台頭/石油がサウディアラビアを救った/石油が国を強くする
3 石油の国々 058
外国人で成立する湾岸産油国/なぜ格差が政治の不安定につながらないのか?/軍事力を持たない国の生きる道/クウェートパレスチナ人/小説「太陽の男たち」のラストシーン/「石油の国々」の現在


第2章 パレスチナ問題とは何か 073
故国の味/アラブ民族意識とは何か/パレスチナは共通の問題
1 中東の人々のアイデンティティーを考える 078
そもそもアラブ人とは?/「アラブ民族はひとつ」という思想/「人工的な国分け」への反発とアラブ民族主義イスラエルの建国/シオニズム思想/イスラーム地域出身のユダヤ教徒「ミズラヒーム」/イスラエルに暮らすアラブ人「イスラエル・アラブ人」/国民とはなにか/移住と衝突
2 パレスチナ問題をふりかえる 095
「ゲリラ」から「テロ」へ/イスラエルの外交戦略「一国ずつの和平協定」/アラファートPLO議長の登場/占領地のパレスチナ人たち/アメリカはなぜパレスチナ問題に関わったか?/オスロ合意/細切れになっていく自治地域/分離壁で切り離されて
3 アメリカはパレスチナ問題にどのように関わってきたか 116
アメリカの政権とイスラエルのロジック/脅威は外からひっくりかえす/アメリカの対中東政策/『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策』/オバマの中東政策


第3章 冷戦という時代があった 127
1 アメリカとソ連の時代 128
世界が「東」と「西」に分かれていた時代/二大ボスが世界を回す/なぜ今冷戦時代について考えるのか?/超大国を操作する技術/「二大ボス間の戦い」の時代から「仮想敵との戦い」の時代へ
2 北辺防衛のための国々――トルコ、イラン 138
ソ連の南下をどこで防ぐか/トルコはアジアかヨーロッパか?/冷戦時代のイラン/湾岸の憲兵ソ連の戦略「民族主義政権を取り込め」/アメリカの関心を引くための「ソ連カード」
3 アフガニスタン侵攻 149
なぜソ連アフガニスタンに軍事介入したのか?/サウディアラビアとパキスタンをパートナーに/オサーマ・ビン・ラディーンの軌跡/「アフリカの角ソマリア
4 アメリカの一極集中時代へ 160
アメリカはなぜ直接の軍事関与を避けてきたのか?/「地平線のかなた」作戦/湾岸戦争が「超大国操作術」の転機に/イラク戦争/冷戦時代は中東をどう変えたのか


第4章 イランとイスラーム主義――イスラームを掲げる人々 171
イランの反政府運動イスラーム主義とは
1 イランで実現した「イスラーム共和制」 174
「よくわからない国」というイメージ/ホメイニーはどんな指導者だったのか?/イラン革命アメリカ/なぜアメリカは「大悪魔」と呼ばれるようになったのか
2 「革命」政権の変質 184
ホメイニー亡き後/ハータミーの微笑み外交/アフマディネジャードとはどんな人物か?/「救世主〔マフディー〕」と交信できる大統領
3 「民主化が進むとイスラーム主義が強まる」のはなぜか? 194
イスラーム主義はなぜ台頭しているのか/ヒズブッラーとハマース/民衆が支持するのはなぜか?/ムスリム同胞団
4 「弾圧されて過激化する」 202
アルジェリア総選挙で開いた風穴/米国同時多発テロへの流れ/アフガニスタンとアルカイーダ/イスラーム主義の多様性


終章 メディアとアイデンティティー 209
パレスチナのラッパー/庶民の声はどこにいった/アラビア語衛星放送「アルジャジーラ」の影響力/イランのインターネット普及率は四八パーセント/ネット空間/ヴァーチャルなイスラームの連帯/ネットでのイメージと民衆感情にはギャップも/イスラーム銀行とスカーフ/なぜスカーフをかぶるのか


読書リスト [229-232]
おわりに(二〇一〇年四月 酒井啓子) [233-237]
関連年表 [i-vii]