contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『栽培植物と農耕の起源』(中尾佐助 岩波新書 1966)

栽培植物と農耕の起源 (岩波新書 青版 G-103)

栽培植物と農耕の起源 (岩波新書 青版 G-103)

【目次】
口絵写真 [/]
口絵 [i]
巻頭言 [ii-iii]
目次 [iv-v]
地図 [vi-vii]

I 栽培植物とは何か 001
  栽培植物
  八頭身はだめ
  触れれば落ちる野生種の粒
  穂を結ぶことから
  種(タネ)から胃袋まで
  基本複合は広く変わらない
  外国ではどう考えたか

II 根栽農耕文化――バナナ・イモ 021
  バナナから始まった農業
  ヤムイモというもの
  サトウキビ
  タローイモ
  熱帯のめぐみ
  四作物の組合せ

III 照葉樹林文化――クズ・チャ 059
  クズとワラビのふしぎ
  マムシグサを食べる
  水晒し技術の発達
  雑穀を受けとる
  照葉樹林文化の遺産
  照葉樹林の茶と酒とシソ

IV サバンナ農耕文化――雑穀・マメ 077
  雑穀というもの
  アフリカの野生雑穀
  雑穀農業の発生地
  果菜類というもの
  油料作物の出現
  サバンナ農耕文化の作物群
  サバンナ農耕文化の基本複合

V イネのはじまり―― 一〇億の食糧 115
  イネは湿地の雑穀
  栽培イネの開発
  栽培イネの発達
  イネ作農業のインドにおける展開
  オカボとハトムギ
  山棲みとスワンプ・フォレスト
  コメとコムギ

VI 地中海農耕文化――ムギ・エンドウ 141
  地中海一年生植物気候
  野草、雑草、作物のちがい
  コムギの起源
  オームギの中の落第生
  二次作物の出現
  農牧兼業の成立
  西アジアの農業革命
  エジプト王朝期の農業
  地中海農耕文化の先後問題
  地中海農耕文化のアジアへの伝播
  コムギとオームギ
  第二次農業革命

VII 新大陸の農耕文化――ジャガイモ・トーモロコシ 179
  応用問題としての新大陸
  三つの根栽農耕文化
  アンデス高地の根栽農耕文化
  新大陸の種子農業
  すぐれた新大陸の栽培植物

あとがき(昭和四一年一月 中尾佐助) [191-192]


【図 目次】
1 カーシー・ミレット 009
2 イギリス系学者の栽培植物起源の代表的見解 016
3 バナナ品種群の発達 023
4 バナナの起源と伝播 025
5 ポナペ島で栽培されているヤムイモの品種 031
6 ヤムイモの熱帯種と温帯種の分布 032
7 野生サトイモ 037
8 サトウキビの発生と伝播 041
9 食用コンニャク類各種の分布 045
10 サゴヤシ類の分布 046
11 パンノキの果実 048
12 パンノキの品種による葉型の差 049
13 キチン・ガーデンの模式図 055
14 東南アジア起源の根栽文化の伝播 057
15 照葉樹林帯の分布 063
16 照葉樹林文化の発達と外部からの影響 067
17 サバンナ農耕文化における雑穀類の起源地 086
18 シコクビエの畑 087
19 サバンナ農耕文化におけるマメ類の起源地 092
20 サバンナ農耕文化における果菜類の起源地 094
21 ツルレイシの野生と栽培種の比較 095
22 アフリカのサバンナ農耕文化圏内に特有なウリ類の一例 096
23 サバンナ農耕文化における油料作物類の起源地 099
24 シアーバターの木 100
25 パルミラヤシ 103
26 トリプラ・ヒル焼畑農耕民のオカボの米つき 110
27 オリザ・サチバ(東洋のイネ)オリザ・グラベリマ(アフリカのイネ)との形態比較 117
28 西アフリカ原産のオリザ・グラベリマの起源地と分布地域 118
29 オリザ・ファツアの自生状態 121
30 オリザ・ペレニス 124
31 栽培イネ(オリザ・サチバ)の品種群の相互関係 127
32 アジア,オセアニアにおける焼畑作物構成の根栽型,雑穀型,陸稲卓越型の3類型の分布 130
33 山棲み生活者の地形の選び方のいろいろ 133
34 コムギ近縁種間のゲノム関係 149
35 古代エジプトの農耕(鋤とプラウ) 162
36 古代エジプトの農耕(覆土鎮圧) 162
37 古代エジプトの農耕(ムギの収穫) 162
38 古代エジプトの農耕(脱穀) 164
39 古代エジプトの農耕(風選と計量) 164
40 古代エジプトの農耕(製粉) 165
41 アジアにおける地中海農耕文化およびサバンナ農耕文化の伝播ルート 169
42 東アジアへのウシの伝播と起源 171
43 コロンブス時代における南米の農業地帯 183

【表 目次】
1 イネ,ムギ類の栽培種とその原種 
2 ヤムイモ類の原産地別の栽培種 および食用として利用する野性種 029
3 ヤムイモに対するubi系呼称の分布 034
4 東南アジア原生のタローイモ類 036
5 照葉樹林文化で茶として飲用に供する植物 071
6 アフリカのサバンナ地帯附近の主要禾木類 083
7 サバンナ農耕文化の開発した穀類の染色体倍数性 105
8 イネ属以外で,インドにおいて採集,食用されている野生の禾本科の雑草 119
9 植物生活型スペクトラム 143
10 各アークを特色づける作物名 170
11 新大陸の三つの根栽文化複合 181