contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『神道の逆襲』(菅野覚明 講談社現代新書 2001)

著者:菅野 覚明[かんの・かくみょう](1956-) 日本倫理思想史。曹洞宗僧侶。


『神道の逆襲』(菅野 覚明):講談社現代新書|講談社BOOK倶楽部


【目次】
はじめに [003-005]
目次 [006-009]


第一章 神さまがやって来た 011
神さまはお客さま/神のあらわれ/外部から来る者/祭祀の力/風景の裏側/神の定義/神道をどうとらえるか


第二章 神道教説の発生 047
二つの大神宮/神道五部書天皇系譜の裏ルート/幽契の構造


第三章 神国日本 065
日本は何の国?/「神国」の用例/神を祭る国/武によっては成りがたし/神の国の真のすがた/乱から治への反転


第四章 正直の頭に神やどる 091
正直爺さんは良い人か/神に愛される者/無分別と正直/正直の託宣/左の物は右に移さず/子どもの目は正直


第五章 我祭る、ゆえに我あり 113
祭祀から宗教へ/神道界の怪物、吉田兼倶/元本宗源唯一神道/究極神・国常立尊形而上学としての神代紀/我祭る、ゆえに我あり/吉田神道儀礼/我即神の行法


第六章 神儒一致の神道 143
上下秩序と神道儒学者山崎闇斎朱子学の理論/究理と持敬/心身一致の工夫/敬は臣下の道/神を迎える心身


第七章 神道の宗源は土金にあり 169
土金の伝授/神道の道徳化/君臣合体守中の道/日本という心身/猿田彦神の教え/聖人としての天照大神/景色の裏側の道徳


第八章 危ない私と日本 195
歌と祭り/私情の発見/『万葉集』の理想世界/高く直き心/漢意批判/「いづ」(武)と「にぎび」(和)/素戔鳴的人間像


第九章 人はなぜ泣くのか 217
泣き叫ぶ子ども/本居宣長の物のあわれ論/物語としての思想/一生のまこと/真実在と黄泉国/形見としての世界/亡き母を求めて


第十章 魂の行方 247
死者はどこへ行くか/平田篤胤神道説/伊邪那美は生きていた/火のケガレ/幽冥界と大国主命/死後の幸福/幽冥界のありか/子どもを大切にする思想


結び 神さまの現在 271
神々の近代/鉄腕アトムと『ひょっこりひょうたん島


あとがき(本居宣長没後二百年の年に 菅野覚明) [279-281]