contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『北朝鮮へのエクソダス――「帰国事業」の影をたどる』(Tessa Morris-Suzuki[著] 田代泰子[訳] 朝日文庫 2011//2007)

英題:Exodus to North Korea: Shadows from Japan's Cold War
著者:Tessa Morris-Suzuki(1951-)
訳者:田代 泰子(1944-)
解説:姜 尚中
装幀:丹羽 朋子
NDC:369.37 戦災者・被災者・引揚者保護


朝日新聞出版 最新刊行物:文庫:北朝鮮へのエクソダス


【メモランダム】
・英語版と日本語版は同時刊行で、また内容の異同もある。というわけで、「原題」ではなく「英題」とした。記事タイトル末尾でも、文庫本刊行年と日本語版単行本刊行年の2つのみを記した。

・装丁について。文庫版の表紙カバーでは、サブタイトル、タイトルの順に配置されている。フォントサイズを大きく変えているので主と副との区別はつくデザインだが、やはり誤解を生みかねない。実際、一部の業者や図書館は、その区別を間違えて書誌情報を登録している。



【目次】
写真(1959年12月14日 新潟港) [003]
題辞 [004]
目次 [005-007]
地図(2011年現在の日本と朝鮮半島) [008]


旅立ち 011
1 朝日 一九五九年 012
2 ジュネーブ、夢の町 032


境界 
3 東海〔トンヘ〕を渡って 052
4 わらべの踊る野 062
5 内なる境界 076


策略
6 影の外務省 094
7 氷山の一角 109
8 平壌会談 130
9 特別使節の極東歴訪 152
10 最初の“帰国” 169
11 決議第二〇 196


協定
12 大同江〔テドンガン〕のほとりの夢の家 218
13 外交官の日誌 238
14 ジュネーブからカルカッタへ 265
15 “沈黙”のパートナー 281
16 帰還案内 299


到着
17 約束の地へ 318
18 終わらない旅 338
19 新潟の柳 363


あとがき(二〇〇七年四月一日 キャンベラにて テッサ・モーリス−スズキ) [375-381]
新資料の示すもの――文庫版あとがきにかえて(二〇一一年六月 テッサ・モーリス−スズキ) [383-390]
解説(姜尚中) [391-395]
注巻末 [1-37]