contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『反貧困――「すべり台社会」からの脱出』(湯浅誠 岩波新書 2008)

著者:湯浅 誠[ゆあさ・まこと](1969-) 社会活動家。
NDC:368.2 : 社会病理(貧困、スラム、どや街、浮浪者、ホームレス)


反貧困 - 岩波書店


【目次】
はじめに [i-vi]
目次 [vii-x]


第I部 貧困問題の現場から 001
第1章 ある夫婦の暮らし 003
ゲストハウスの新田夫妻/貧困の中で/工場派遣で働く/ネットカフェ暮らし/生活相談に〈もやい〉へ/貧困は自己責任なのか


第2章 すべり台社会・日本 019
1 三層のセーフティネット 019
雇用のセーフティネット社会保険セーフティネット/公的扶助のセーフティネット/すべり台社会/日本社会に広がる貧困
2 皺寄せを受ける人々 038
食うための犯罪/「愛する母をあやめた」理由/実家に住みながら飢える/児童虐待の原因/親と引き離される子・子と引き離される親/貧困の世代間連鎖


第3章 貧困は自己責任なのか 059
1 五重の排除 059
五重の排除とは/自分自身からの排除と自殺/「福祉が人を殺すとき」
2 自己責任論批判 069
奥谷豊子発言/自己責任論の前提/センの貧困論/“溜め”とは何か/貧困は自己責任ではない
3 見えない“溜め”を見る 084
見えない貧困/「今のままでいいんスよ」/見えない“溜め”を見る/“溜め”を見ようとしない人たち
4 貧困問題のスタートラインに 096
日本に絶対的貧困はあるか/貧困を認めたがらない政府/貧困問題をスタートラインに


第II部 「反貧困」の現場から 105
第4章 「すべり台社会」に歯止めを 107
1 「市民活動」「社会領域」の復権を目指す 107
セーフティネットの「修繕屋」になる/最初の「ネットカフェ難民」相談/対策が打たれるまで/ホームレスはホームレスではない?/生活保護制度の下方修正?/「反貧困」の活動分類
2 起点としての〈もやい〉 125
パンドラの箱」を開ける/人間関係の貧困/自己責任の内面化/申請同行と「水際作戦」/居場所作り/居場所と「反貧困」


第5章 つながり始めた「反貧困」 143
1 「貧困ビジネス」に抗して――エム・クルーユニオン 143
日雇い派遣で働く/低賃金・偽装請負・違法天引き/貧困から脱却させない「貧困ビジネス」/労働運動と「反貧困」/日雇い派遣の構造
2 互助のしくみを作る――反貧困たすけあいネットワーク 158
労働と貧困/自助努力の過剰/社会保険セーフティネットに対応する試み
3 動き出した法律家たち 167
北九州市への告発状/大阪・浜松・貝塚/法律家と「反貧困」/日弁連人権擁護大会/個別対応と社会的問題提起
4 ナショナル・ミニマムはどこに?――最低生活費と最低賃金 181
「生活扶助基準に関する検討会」/最低賃金と最低生活費/最低生活費としての生活保護基準/知らない・知らされない最低生活費/検討会と「もう一つの検討会」/「一年先送り」と今後の課題


終章 強い社会を目指して 203
新田さんの願い/炭鉱のカナリア/強い社会を/人々と社会の免疫力/反貧困のネットワークを/貧困問題をスタートラインに


あとがき(二〇〇八年三月末日 自宅にて 湯浅誠) [221-224]
本書に登場した団体連絡先一覧 [1-2]