contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『日本人論の系譜』(南博 講談社現代新書 1980)

著者:南 博[みなみ・ひろし] 社会心理学

【抜き書き】

 どんな研究でも、あるいは“論”でも、それらが生まれてくる背景には、そのときどきの社会や時代の要求が必ず介在している。産業技術の理論的基礎になる自然科学は、その時代の産業の要求や、それに応じる人々の技術的向上心などがあって初めて著しい進歩発展を遂げることができた。人間に関する学問の場合も、基本的に自然科学と同じような社会と時代の背景があると考えていい。しかし、人間科学は人間が社会を大きく変える時期に発展する。社会を変えようとする動きがあらわれ、それが人間の新しい生き方についての思索を促すのである。

【目次】
まえがき(一九八〇年一〇月 南博) [003-005]
目次 [006-009]


第一章 日本人論の先駆者たち 011
変革期と学問の発展/新しい日本人論の誕生/二つの日本人観/国家意識に支えられた西洋理解/福沢諭吉の先駆性/「有形」の文明と「無形」の精神/日本人変化説と日本人不変説/政体は変わっても人民は変わらず/日本人劣等説の横行/欧化政策と「内地雑居」論/封建的意識と西洋崇拝/「内外表裏の別」/内を重んじ外を見ない日本人/公共精神欠く日本人/「社会の進歩は手細工にあらず」/思いつき“論”から“学”へ/福沢諭吉が残した問題


第二章 風土と日本人 039
“風土と人間”論のさきがけ――『人国記』/『人国記』のその後の影響/「地は人に影響し……」――『世態人情論』/地域性より国民性へ/志賀重昂の『日本風景論』/「人類は自然の奴隷にあらず」――内村鑑三の風土論/芳賀矢一の『国民性十論』/「草木を愛し自然を喜ぶ」/「自然という楽地は別にある」/風土の中で自分をどう了解するか――和辻哲郎の『風土』/マルクス主義全盛の中で/モンスーン地域の風土/「自然との戦いの半面は、人間との戦いである」/再考の余地ある“風土の産物”論/「しめやかな激情、戦闘的な括淡」/マルクス主義からの反批判/和辻風土論の矛盾/戦後の生態学的風土論/ “照葉樹林文化”の考え方/地理学からのアンチテーゼ/農業生産の風土的発展/「風土に貴賎はない」/風土論的日本人学の課題


第三章 美と日本人 077
風土と日本人の美意識/“幽玄”の美意識/本居宜長の“物のあはれ”/物のあはれを知ることは人間の本性/「人情ノ本然、聖人凡人カハル事ナシ」/日本人の美意識への疑問/上方の「粋」、江戸の「いき」/北村透谷と「粋」/阿部次郎の江戸芸術分析/『江戸深川情緒の研究』/九鬼周造の発想の原点/「あか抜けして張のある色っぽさ」/“いき”と“粋”と“やぼ”/遊女の美、素人の美/“いき”と“意気地”/疑問多い“諦め”としての“いき”/国家主義への接近/「真と美の永久の静けさを求めて」


第四章 日本人の国民性 109
西周の「国民気風論」/福沢諭吉の“人間交際論”/可日本には政府ありて国民なし」/日本人の服従心/日本人が世界に貢献できる道――三宅雪嶺の日本人論/戦勝国民としての自信/日本人の長所と短所――「日本人の五特質」/日本人は「没我的国民なり」/日本人は「意気地なき国民」か/福沢以来の定説への反論/日本人と西洋人の公共心のちがい/改造困難な「国民の根本性」/日本国民性の長所――忠誠、潔白……/「甘え」に通じる短所/日本人とドイツ人の国民性比較/「我が同胞は西洋を有難がり過ぎる」/永井荷風の西洋崇拝批判/社会主義者による“日本国民性の研究”/日本国民性の楽観論/日本国民性の悲観論/“自惚れを一掃せよ”/『タテ社会の人間関係』における「資格」と「場」/「内」と「外」の人間関係/年功序列制と能力平等観/イギリス、アメリカはヨコ社会か/日本以外にもあるタテ社会/日本のリーダーの条件/中根理論はエリートの理論


第五章 日本人の恥意識 159
タテ関係を重視させる原因、甘え/子どもに甘えは必要か/対人恐怖と甘え/日本人だけにみられる視線恐怖/日本人研究の最初の労作『菊と刀』/ベネディクトの手法と『菊と刀』の背景/『菊と刀』への基本的な疑義/民俗学と歴史的分析/柳田国男の評価/可日本文化への墓碑銘」の指摘/「菊」と「刀」は何をさすか/「終わりを遂げた生命は、すべて同時にみられる」/日本の文化は “恥の文化”/封建社会と恥意識/罪の文化に生きてきた日本人/中間集団と甘えと恥/罪意識のほうが内面化が強いか/「みそぎ」と「繊悔」


参考文献 [188-190]