contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『市場における欺瞞的説得――消費者保護の心理学』(David M. Boush, Marian Friestad, Peter Wright[著] 安藤清志,今井芳昭[監訳] 足立にれか,藤枝幹大[訳] 誠信書房 2011//2009)

原題:Deception in the Marketplace: The Psychology of Deceptive Persuasion and Consumer Self-protection (Routledge)
著者:David M. Boush  信頼、消費者の社会化、ブランドエクイティ
著者:Marian Friestad  説得、社会的影響
著者:Peter Wright  マーケティング
監訳者:安藤 清志  社会心理学
監訳者:今井 芳昭  社会心理学
訳者:足立 にれか[あだち・にれか] 社会心理学
訳者:藤枝 幹大[ふじえだ・もとひろ] 心理学。臨床心理士。多摩リハビリテーション学院専門学校。
NDC:361.454 社会心理学 >> コミュニケーション.コミュニケーション理論 >> パーソナル コミュニケーション
NDC:675.2 マーケティング >> 市場調査.市場予測
件名:マーケティング
件名:説得
件名:噓
件名:消費者保護


市場における欺瞞的説得 - 株式会社 誠信書房


【目次】
献辞 [ii]
まえがき(デイヴィッド・M・ブッシュ、マリアン・フリースタッド、ピーター・ライト) [iii-v]
目次 [vii-xi]


第1章 市場における欺瞞 001
現代の市場における欺瞞 004
惑わすこととだますこと――市場における欺瞞を定義する 008
法律的な定義 011
市場における欺瞞は説得である 015
文脈に組み込まれる欺瞞 017
欺瞞の担い手による定義――ターゲットが欺瞞だと知覚するなら欺瞞である 018
倫理と道徳 020
市場における欺瞞は社会的欺瞞の特殊な領域である 021
市場における欺瞞を検討する枠組み 022
本書が扱う範囲 024


第2章 欺瞞的説得の理論的視点 026
欺瞞理論 027
説得理論 037
  説得の二過程モデル/社会的影響と説得戦術/説得への抵抗/説得知識モデル/メタ認知と欺瞞防衛/防護動機理論と制御焦点理論/だまされることへの反感


第3章 マーケティングにおける欺瞞の戦術I 050
マーケティングにおける欺瞞的戦略の概観 052
欺瞞戦術のタイプ 056
デイストラクションと偽装 058
堕落的説得戦術 064
欺瞞防衛の動機づけと機会を抑えこむ 068
言い逃れ 072
省略 074


第4章 マーケティングにおける欺瞞の戦術II 075
シミュレーション 075
欺瞞的なフレーミング 079
なりすまし 082
人を惑わし、責任を逃れる言葉 084
自動的な推論傾向を悪用する 087
言語的な不当表示と視覚的な不当表示 088
数学、研究、統計の無知につけ込む 090
修辞的欺瞞――視覚的、言語的な比哺表現 094
マーケティングの戯言〔ざれごと〕 096


第5章 欺瞞を行うマーケティング担当者はどのように考えるのか 101
プロの欺瞞計画者のメンタルモデル 102
ソーシャル・エンジニアリング 111
電話詐欺師の心の内 115
マーケティング責任者による欺瞞使用の決定 117


第6章 人々はどのように欺瞞に対処するのか――先行研究 122
不確実性と疑念 123
疑念が説得メッセージの処理に及ぼす影響 129
省略、誤解を招く推論、メッセージ戦術 131
前に聞いたことがあれば正しいという「真実効果」 143
市場における説得知識の使用 146
虚偽検出 150


第7章 市場における欺瞞防衛スキル 156
欺瞞防衛スキル――検出、無力化、抵抗 158
予防的コーピング(対処)のスキル――戦いが始まる前に準備する 166
資源管理スキル 170
市場における欺瞞防衛の自己効力感 173


第8章 青年期および成人期における欺瞞防衛スキルの発達 182
標的にされながら育つということ 185
テレビ広告に関する子どもの信念 187
説得に関する知識の発達 190
発達心理学と心の理論発達心理学と心の理論 196
領域固有のスキルと文脈間のスキル転用 200
市場における欺瞞防衛スキルと青年 204


第9章 市場における欺瞞防衛スキルの教育――これまでの研究 208
暗黙の主張への対処 210
省略された情報を見抜くための消費者教育 212
堕落的説得戦術を見抜き、抵抗するための消費者教育 215
欺瞞的なアルコール飲料広告への対処――青少年への指導 224
欺瞞的なタバコ広告に対処するための指導 227
電話勧誘詐欺に引っかからないための「救出」プログラム 232


第10章 社会的な視点――規制の最前線、社会的信頼、欺瞞防衛の教育 239
コミュニケーション技術の変化 239
規制による保護 243
欺瞞が社会的信頼と市場の信頼に与える影響 252
欺瞞防衛の社会的教育 257


監訳者あとがき(平成二十三年四月八日 訳者を代表して 安藤清志) [267-271]
邦訳文献 [272]
引用文献 [273-292]
事項索引 [293-295]
人名索引 [296-300]





【メモランダム】
・原著の目次

Preface.
1. Deception in the Marketplace.
2. Theoretical Perspectives on Deceptive Persuasion.
3. Marketplace Deception Tactics I.
4. Marketplace Deception Tactics II.
5. How Deception-Minded Marketers Think.
6. How People Cope with Deceptiveness: Prior Research.
7. Marketplace Deception Protection Skills.
8. Developing Deception Protection Skills in Adolescence and Adulthood.
9. Teaching Marketplace Deception Protection Skills: Prior Research.
10. Societal Perspectives: Regulatory Frontiers, Societal Trust, and Deception-Protection Education.
References.

・Routledgeの商品ページから、著者略歴。

  Biography

David M. Boush is the head of the marketing department and Associate Professor of Marketing at the Lundquist College of Business, University of Oregon. He was previously a visiting professor at ESSEC, in Cergy-Pontoise, France, and has taught e-commerce classes in Mexico City, Buenos Aires, Santiago, and Bogota. Professor Boush’s research on trust, consumer socialization, and brand equity has been published in the Journal of Consumer Research, Journal of Marketing Research, Journal of Business Research, Journal of the Academy of Marketing Sciences, Journal of Public Policy & Marketing, and the Journal of International Business Studies.

Marian Friestad is the Vice-Provost for Graduate Studies at the University of Oregon, and Professor of Marketing in the Lundquist College of Business. She was previously Dean of the Graduate School at Oregon, and a visiting scholar at Stanford University. Professor Friestad’s research on persuasion and social influence has been heavily cited and won a best paper award from the Journal of Consumer Research. Her work has been published in the Journal of Consumer Research, Journal of Consumer Psychology, Psychology & Marketing, Journal of Public Policy & Marketing, and Communication Research.

Peter Wright is the Edwin E. and June Woldt Cone Professor of Marketing at the Lundquist College of Business, University of Oregon. He was previously a professor and head of the marketing department at the Graduate School of Business, Stanford University, and a visiting scholar at the Harvard Business School. His work has been published in the Journal of Consumer Research, Journal of Personality and Social Psychology, Journal of Marketing Research, Journal of Public Policy & Marketing, Management Science, Journal of Marketing, and Journal of Applied Psychology.