contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『視覚文化「超」講義』(石岡良治 フィルムアート社 2014)

著者:石岡 良治[いしおか・よしはる] (1972-) 批評。表象文化論(芸術理論・視覚文化)、ポピュラー文化研究。
 → Yoshiharu ISHIOKA (@yishioka) | Twitter
著者:國分 功一郎[こくぶん・こういちろう] (1974-) 近世哲学(17世紀の)、現代フランス哲学。
NDC:361.5 文化.文化社会学:文化変容,社会進歩,社会解体


視覚文化「超」講義 | 動く出版社 フィルムアート社

視覚文化「超」講義

視覚文化「超」講義

Amazon


【目次】
目次 [002-003]
はじめに なぜ視覚文化なのか? [004-011] 
凡例 [012]


Lecture.1 カルチャー/情報過多  誰が「カルチャー」を作るのか? 013
 1-1. Culture: 教養から文化へ 014
 1-2. 現代日本におけるカルチャーを考える 030
 1-3. 情報過多の時代における議論の出発点 041


Lecture.2 ノスタルジア/消費  消費文化の構造と「懐かしさ」の問題 051
 2-1. アメリカン・フィフティーズの残したもの 052
 2-2. 消費文化のモデルとしての『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 064
 2-3. ノスタルジアという想像力の両義性 088


Lecture.3 ナラティヴ/ヴィジュアル  メロドラマとPVにみる「フェイク」の可能性 103
 3-1.「まがいもの」としての文化 104
 3-2. メロドラマをめぐる再解釈 122
 3-3. PV ――ヴィジュアルのフェイク化がもたらす可能性 137


Lecture.4 ホビー/遊戯性  「ガジェット」が文化の意味をくつがえす 157
 4-1. ホビーの領野 158
 4-2. ゲームと遊戯性――デジタルゲームの位置づけ 177
 4-3. ロボットアニメの諸相とガジェットの想像力 197


Lecture.5 メディエーション/ファンコミュニティ  「速度と時間」を複数化して考える 217
 5-1. メディア、メディウムメディエーション 218
 5-2. 「動画」の時代は何を変えたか 239
 5-3. ファンコミュニティの再編、文化をめぐる速度と時間 270


特別対談 國分功一郎×石岡良治  新しい時代のための、視覚文化をめぐる哲学 291
  眼差しを複数化することから始める
  無意味な障壁とミクロポリティクス
  ノスタルジアは人間の本性である
  消費社会は消費される商品である
  新しい消費はいかに可能にするか
  情報量という基準で文化を考える
  情報過多の時代にどう生きるか
  notes


参考文献リスト [316-323]
作品リスト [324-329]
あとがき(2014年6月1日) [330-332]
掲載作品DVD・Blu-ray情報 [333]
PROFILE [334]