contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『レトリック事典』(佐藤信夫[企画・構成] 大修館書店 2006)

監修:佐々木 健一
執筆:佐藤 信夫、松尾 大

レトリック事典

レトリック事典

【参考に】
・「ふき出しのレトリック」〈ふき出しのレトリック ~マンガの修辞学~|トップページ〉 
  レトリックを丁寧に解説しているサイトです。ひとつの項目につき、用例として日本の漫画作品を1ページ程度採りあげているのが特色。解説部分では〈定義〉や〈効果〉を述べ、用例における〈例文の分析〉や発展事項もついています。


【メモ】
 日本語文献としては大部。正確な目次を作成するついでに、メモもこちらの記事に転記しておきます。

[構成]
・分量について:六部構成で、815頁+xxxiii。内訳は下記のとおり。
 第1部 001-188:188頁 
 第2部 189-284:96頁 
 第3部 285-610:326頁 
 第4部 611-683:73頁
 第5部 685-712:28頁 
 第6部 713-732:20頁

[誤植]
・偶然目に留まった一か所のみ(第一版で確認)。
本書p.xv :目次の頁。下記の通り階層表示のミス。インデントも付け忘れている。
  ×「2-3-1-1 用語」 
  ○「2-3-1-1-1 用語」


【簡易目次】
第1部 表現形態の《あや》
1-1 語句の挿入 002
1-2 語句の省略 012
1-3 語句の転置 032
1-4 語句の反復 045
1-5 構成の反復 055
1-6 音の反復 076
1-7 代換 103
1-8 転換 124
1-9 擬声語など 144
1-10 類音語接近 155
1-11 異義反復など 164
1-12 異義兼用など 175
第2部 意味作用の《あや》または比喩 
2-1 直喩 190
2-2 隠喩 216
2-3 換喩 244
2-4 提喩 265
第3部 思考様態の《あや》 
3-1 誇張 286
3-2 感嘆 300
3-3 列叙 324
3-4 剰語 358
3-5 執着と類義累積 379
3-6 緩叙 
3-7 黙説 405
3-8 ためらい・訂正など 417
3-9 換言 437
3-10 転喩 451
3-11 対比 461
3-12 対義結合 469
3-13 諷喩 484
3-14 反語 500
3-15 枠組み変様 525
3-16 暗示引用 543
3-17 カテゴリー変様 565
3-18 現前化・描写など 575
第4部 論証の《あや》 
4-1 推論法など 612
4-2 帰納法など 621
4-3 両刀論法など 628
4-4 同義循環など 634
4-5 メタ語法・引用法など 640
4-6 設問法など 651
4-7 予防論法・仮設論法・一任論法 657
4-8 対抗非難・転送論法など 667
4-9 異常論法 676
第5部 語形の《あや》および特殊文形 
5-1 語形の変様(語内の変様) 686
5-2 語形の変様(語以上の変様) 695
5-3 特殊文型 704



【詳細目次】
まえがき(監修者) [iii-vii]
目次 [ix-xxix]
凡例 [xxx]
文献略表記一覧 [xxxi-xxxiii]

第1部 表現形態の《あや》
1-1 語句の挿入 002
1-1-1 《語句挿入》
1-1-2 用語
1-1-3 考察 
  1-1-3-1 語句挿入の依存性と自立性
  1-1-3-2 《語句挿入》と言語の線条性
  1-1-3-3 《語句挿入》の変異

1-2 語句の省略 012
1-2-1 《省略》
1-2-2 省略の下位クラス
  1-2-2-1 《接続語省略》
  1-2-2-2 《くびき》
    1-2-2-2-1 《くびき》と《破格くびき》
    1-2-2-2-2 《くびき》の下位分類
    1-2-2-2-3 《くびき》の用語
1-2-3 考察 
  1-2-3-1 標準的表現と《省略》
  1-2-3-2 《省略》というあや、あるいは欠陥

1-3 語句の転置 032
1-3-1 《転置》あるいは《語句転換》
1-3-2 用語
1-3-3 考察――《転置》と語順 

1-4 語句の反復 045
1-4-1 《反復》のかたち
1-4-2 用語
1-4-3 考察――《反復》と差異 

1-5 構成の反復 055
1-5-1 《交差並行》
  1-5-1-1 作例とその分析
  1-5-1-2 用語
1-5-2 《並行》
  1-5-2-1 作例とその分析
  1-5-2-2 用語
  1-5-2-3 並行の下位クラス
    1-5-2-3-1 《同形節反復》
      1-5-2-3-1-1 同形節反復の下位クラス――《名詞文反復》
      1-5-2-3-1-2 用語
    1-5-2-3-2 《パロモイオーシス》/《一端同一》
  1-5-2-4 《主語述語並行》/《一部分共通並行》
  1-5-2-5 《三連節》
1-5-3 考察――かたちの意識に関する文化的偏差 

1-6 音の反復 076
1-6-1 《同音反復》
  1-6-1-1 作例とその分析
  1-6-1-2 用語
1-6-2 同音反復の下位クラス(1)――音の種類による
  1-6-2-1 《同音たてつづけ》
  1-6-2-2 《多重音反復》
  1-6-2-3 《同母音反復》
  1-6-2-4 《同子音反復》
1-6-3 同音反復の下位クラス(2)――音の位置による
  1-6-3-1 《頭韻/頭音反復》
  1-6-3-2 《脚韻》
  1-6-3-3 《語末反復》
1-6-4 考察――諧音と不快音のはざま 

1-7 代換 103
1-7-1 諸形態
  1-7-1-1 狭義の《代換》 
  1-7-1-2 《交差呼応》
  1-7-1-3 《交錯呼応》
  1-7-1-4 《限定語反転》
  1-7-1-5 《形容詞転移》
  1-7-1-6 《形容詞遊離》
  1-7-1-7 《名詞句化成》
  1-7-1-8 《二詞一意》(重言法)
1-7-2 考察 
  1-7-2-1 《代換》グループの文彩の共通点 
    1-7-2-1-1 表現形式上の特徴
    1-7-2-1-2 認識内容上の特徴
  1-7-2-2 《代換》という用語
  1-7-2-3 《交錯呼応》と《代換》グループ

1-8 転換 124
1-8-1 諸形態
  1-8-1-1 《転換》
  1-8-1-2 《不整合構文》など
    1-8-1-2-1 《不整合構文》
    1-8-1-2-2 《後半欠如》
    1-8-1-2-3 《意味構文》
    1-8-1-2-4 《破格くびき》
1-8-2 考察 
  1-8-2-1 二種の文法範疇
  1-8-2-2 文彩と単なる文法違反

1-9 擬声語など 144
1-9-1 用語 
1-9-2 考察 
  1-9-2-1 《擬声語
    1-9-2-1-1 模倣
    1-9-2-1-2 自然的記号
  1-9-2-2 フィギュールとしての《擬声語》、《調声表現》

1-10 類音語接近 155
1-10-1 用語 
1-10-2 考察 
  1-10-2-1 才知のひらめき
  1-10-2-2 ことば遊び
1-10-2-3 音が似て意味が異なる語から成るいくつかのフィギュール

1-11 異義反復など 164
1-11-1 諸形態
  1-11-1-1 《異義反復》
  1-11-1-2 《変義反復》
  1-11-1-3 《拡縮反復》
  1-11-1-4 《変容反復》
  1-11-1-5 《派生型反復》
  1-11-1-6 《屈折反復》
1-11-2 考察
  1-11-2-1 《類音語接近》と《異義反復》などの区別 
  1-11-2-2 《派生型反復》と《語源的あや》

1-12 異義兼用など 175
1-12-1 諸形態
  1-12-1-1 《異義兼用》 
    1-12-1-1-1 同一語による異義兼用 
    1-12-1-1-2 別の語による異義兼用
    1-12-1-1-3 《不都合な音の語句》
  1-12-1-2 《かすり(しゃれ)》
1-12-2 考察
  1-12-2-1 《異義兼用》と《かすり》 
  1-12-2-2 《異義兼用》と《破格くびき》
  1-12-2-3 《異義兼用》と《異質連立》
  1-12-2-4 《異義兼用》と《曖昧》、《反語》

第2部 意味作用の《あや》または比喩 
2-1 直喩 190
2-1-1 作例とその分析
2-1-2 用語
2-1-3 直喩の下位クラス
  2-1-3-1 《相同直喩》
  2-1-3-2 《反直喩》
2-1-4 考察
  2-1-4-1 比喩の限界
  2-1-4-2 直喩は転義的比喩か
  2-1-4-3 隠喩にならない直喩となぞらえ信号なしの直喩
  2-1-4-4 クリッシェとしての直喩と典型へのなぞらえ
  2-1-4-5 程度を表す直喩
  2-1-4-6 二段構えの直喩
  2-1-4-7 現前の直喩と不在の直喩
  2-1-4-8 経験や身体感覚への引き合わせ
  2-1-4-9 直喩の連鎖

2-2 隠喩 216
2-2-1 作例とその分析
2-2-2 用語
2-2-3 隠喩の下位クラス
  2-2-3-1 《混合隠喩》
  2-2-3-2 《アラベスク
2-2-4 考察
  2-2-4-1 命名における隠喩
  2-2-4-2 意味の変更と二語の関係
  2-2-4-3 相互作用説
  2-2-4-4 死んだ隠喩=クリッシェの味わい
  2-2-4-5 情念と思考
  2-2-4-6 隠喩の修正と謎とき
  2-2-4-7 隠喩の拡張・連鎖・縁語

2-3 換喩 244
2-3-1 作例とその分析
2-3-2 用語
2-3-3 換喩の下位クラス
  2-3-3-1 《象徴喩》
  2-3-3-2 《主体化》
2-3-4 考察
  2-3-4-1 伝統的な換喩論
  2-3-4-2 名詞以外の換喩
  2-3-4-3 定型的技法
  2-3-4-4 換喩の差別的効果

2-4 提喩 265
2-4-1 作例とその分析
2-4-2 用語
2-4-3 提喩の下位クラス
  2-4-3-1 《換称》
2-4-4 考察
  2-4-4-1 換喩と提喩
  2-4-4-2 グループμの提喩原型説
  2-4-4-3 提喩否定論

第3部 思考様態の《あや》 
3-1 誇張 286
3-1-1 作例とその分析
3-1-2 用語
3-1-3 誇張の下位クラス
  3-1-3-1 《過大誇張》
  3-1-3-2 《過小誇張》
  3-1-3-3 《無理誇張》
  3-1-3-4 《過精密》
  3-1-3-5 誇張のその他の下位クラス
3-1-4 考察

3-2 感嘆 300
3-2-1 作例とその分析
3-2-2 感嘆の下位クラス
  3-2-2-1 《呼びかけ》
  3-2-2-2 《驚嘆》
  3-2-2-3 《願望》
  3-2-2-4 《祈願》
  3-2-2-5 《嘆願》
  3-2-2-6 《訴願》
  3-2-2-7 《誓願
  3-2-2-8 《歓喜[の叫び]》
  3-2-2-9 《祝福》
  3-2-2-10 《呪詛/のろい》
  3-2-2-11 《脅迫》
  3-2-2-12 《嫌忌》
  3-2-2-13 《慨嘆》
  3-2-2-14 《悲嘆》
  3-2-2-15 《忍苦》
  3-2-2-16 《感嘆結語》
3-2-3 考察
  3-2-3-1 公共的な叙述
  3-2-3-2 技法の限界

3-3 列叙 324
3-3-1 列叙の作例とその分析
3-3-2 列叙の下位クラス
  3-3-2-1 《列挙》 
  3-3-2-2 《分解列挙》
  3-3-2-3 《多面列挙》
  3-3-2-4 《多種列挙》
  3-3-2-5 《各項各様》
  3-3-2-6 《準備列挙》
  3-3-2-7 《要約列挙》
  3-3-2-8 《前項列挙》
  3-3-2-9 《名詞形容詞句列挙》
  3-3-2-10 《順位づけ列挙》
3-3-3 《漸層》の作例と分析
3-3-4 漸層の下位クラス
  3-3-4-1 《連鎖漸層》
  3-3-4-2 《増勢》 
  3-3-4-3 《減勢》 
  3-3-4-4 《逆漸層》 
  3-3-4-5 《序列》
  3-3-4-6 《急落》
3-3-5 《たたみかけ》の作例と分析
3-3-6 考察――量の効果と秩序の造形

3-4 剰語 358
3-4-1 作例とその分析
3-4-2 剰語の下位クラス
  3-4-2-1 《無効剰語》
  3-4-2-2 《虚字充填》 
  3-4-2-3 《連接剰語》
  3-4-2-4 《同族呼応》
  3-4-2-5 《鏡像呼応》または《鏡ことば》
  3-4-2-6 《逆剰語》
  3-4-2-7 《剰語的反復》
  3-4-2-8 《くりごと》
3-4-3 考察――文法・慣用・表現価値

3-5 執着と類義累積 379
3-5-1 《執着》
3-5-2 《類義累積》
3-5-3 類義累積の下位クラス
  3-5-3-1 《多面みがき》
  3-5-3-2 《変奏》
  3-5-3-3 《類義冗長》
  3-5-3-4 《類義区別》
3-5-4 考察――同義語と類義語

3-6 緩叙 
3-6-1 作例とその分析
3-6-2 緩叙の下位クラス
  3-6-2-1 《対義否定》
3-6-3 考察
  3-6-3-1 緩叙と誇張(含 過少誇張)
  3-6-3-2 緩叙的文体

3-7 黙説 405
3-7-1 作例とその分析
3-7-2 黙説の下位クラス
  3-7-2-1 《未決》
  3-7-2-2 《逆中断》または《冒頭省略》
  3-7-2-3 《空間設定》もしくは《間》
  3-7-2-4 《飛躍》
3-7-3 黙説の変種
  3-7-3-1 《暗示黙過》(暗示的看過法・逆言法)
3-7-4 考察――いわんやの修辞学

3-8 ためらい・訂正など 417
3-8-1 《ためらい》 
3-8-2 《訂正》
3-8-3 訂正の下位クラス
  3-8-3-1 《前言訂正》
  3-8-3-2 《事後補強》
  3-8-3-3 《予防訂正》《事前補強》
  3-8-3-4 《対抗定義》
  3-8-3-5 《付言》
3-8-4 考察――《ためらい》と言語のすきま

3-9 換言 437
3-9-1 《代名表現》
3-9-2 《迂回表現》 
3-9-3 《同格付加》
3-9-4 《付加形容語》
3-9-5 考察

3-10 転喩 451
3-10-1 作例とその分析
3-10-2 用語
3-10-3 考察――《ずらし》としての転喩

3-11 対比 461
3-11-1 作例とその分析
3-11-2 用語
3-11-3 考察――魅惑と虚偽

3-12 対義結合 469
3-12-1 作例とその分析
3-12-2 用語
3-12-3 対義結合の変種
  3-12-3-1 《(語の)強制結合》
  3-12-3-2 《逆説》
  3-12-3-3 《対義共起》
  3-12-3-4 《因果矛盾》
  3-12-3-5 《含意補償》
3-12-4 考察――対義結合とシュルレアリズム

3-13 諷喩 484
3-13-1 作例とその分析
3-13-2 用語
3-13-3 変種としての《寓言》《ことわざ》
3-13-4 考察――諷喩の源泉と限界

3-14 反語 500
3-14-1 作例とその分析
3-14-2 反語の下位クラス
  3-14-2-1 《皮肉》
  3-14-2-2 《反語的讃辞》など
  3-14-2-3 《反語的否認》など
  3-14-2-4 《皮肉応酬》《あげ足とり》
3-14-3 考察――反語の語源と世界的展望

3-15 枠組み変様 525
3-15-1 作例とその分析
3-15-2 枠組み変様の下位クラス
  3-15-2-1 枠組み変様の下位クラス
  3-15-2-1 《立場交流》
  3-15-2-2 《自由間接話法/描出話法》
  3-15-2-3 《内的モノローグ》
  3-15-2-4 《ト書き不用》
  3-15-2-5 《転訴》
  3-15-2-6 《人称変更》
  3-15-2-7 《暗示的シフター用法》
3-15-3 考察――「枠組み」と叙述の文体

3-16 暗示引用 543
3-16-1 作例とその分析
3-16-2 暗示引用の下位クラス
  3-16-2-1 《あてこすり》
  3-16-2-2 《時代混交》
    3-16-2-2-2 時代混交の変種
      3-16-2-2-2-1 《場所混交》
      3-16-2-2-2-2 《神話暗示引用》
  3-16-2-3 《流用》
  3-16-2-4 《模擬》
    3-16-2-4-2 模擬の下位クラス
      3-16-2-4-2-1 《パロディ》
      3-16-2-4-2-2 《パスティシュ》
      3-16-2-4-2-3 《英語風》
      3-16-2-4-2-4 《フランス語風》
      3-16-2-4-2-5 《ドイツ語風》
      3-16-2-4-2-6 《ギリシア語風》 
      3-16-2-4-2-7 《ヘブライ語風》
      3-16-2-4-2-8 《ラテン語風》
      3-16-2-4-2-9 《マカロニ体》
      3-16-2-4-2-10 《異言語仮装》
3-16-3 考察――言及と引用:関係性のあそび

3-17 カテゴリー変様 565
3-17-1 カテゴリー変様の諸形態
  3-17-1-1 《異質連立》
  3-17-1-2 《擬人表現》
  3-17-1-3 《実体化表現(擬物表現)》 
3-17-3 考察――国語の抽象度

3-18 現前化・描写など 575
3-18-1 作例とその分析
3-18-2 現前化の下位クラス
  3-18-2-1 《時空転移》
  3-18-2-2 《模写》
  3-18-2-3 《ものまね》
  3-18-2-4 《人物現出》
  3-18-2-5 《対話形》
  3-18-2-6 《対話》
  3-18-2-7 《故人現出》
  3-18-2-8 《人物描写》
  3-18-2-9 《人柄描写》
  3-18-2-10 《容姿描写》
  3-18-2-11 《事物描写》・《できごと描写》
  3-18-2-12 《時節描写》
  3-18-2-13 《場所描写》
  3-18-2-14 《土地柄描写》
  3-18-2-15 《大地描写》
  3-18-2-16 《水描写》
  3-18-2-17 《風描写》
  3-18-2-18 《樹木描写》
  3-18-2-19 《星描写》
  3-18-2-20 《雲描写》
3-18-3 考察
  3-18-3-1 描写の枠組み
  3-18-3-2 描写にまつわる文化的偏差

第4部 論証の《あや》 
4-1 推論法など 612
4-1-1 諸形態
  4-1-1-1 《推論法》
  4-1-1-2 《暗示推論法》
    4-1-1-2-1 一般的な《暗示推論法》
    4-1-1-2-2 特殊な形の《暗示推論法》
      4-1-1-2-2-1 《対比暗示推論法》
      4-1-1-2-2-2 《理由づけ》
  4-1-1-3 《格言》
4-1-2 考察
  4-1-2-1 論証の型はフィギュールか
  4-1-2-2 論証のレトリック性

4-2 帰納法など 621
4-2-1 諸形態
  4-2-1-1 《帰納法
  4-2-1-2 回帰敷衍と要旨先取 
    4-2-1-2-1 《回帰敷衍》
    4-2-1-2-2 《要旨先取》
4-2-2 考察
  4-2-2-1 帰納法と回帰敷衍などの共通点と相違点
  4-2-2-2 要旨一般に対する回帰敷衍、要旨先取の種差

4-3 両刀論法など 628
4-3-1 諸形態
  4-3-1-1 《両刀論法》
  4-3-1-2 《残余論法》
4-3-2 考察
  4-3-2-1 両刀論法と残余論法の共通点と相違点
  4-3-2-2 両刀論法のいくつかの機能

4-4 同義循環など 634
4-4-1 諸形態
  4-4-1-1 《同義循環》
  4-4-1-2 《循環論法》
4-4-2 考察――語の同一性か意味の同一性か

4-5 メタ語法・引用法など 640
4-5-1 諸形態
  4-5-1-1 《メタ語法》
    4-5-1-1-1 メタ語法一般
    4-5-1-1-2 メタ語法の下位の種
  4-5-1-2 《引用法》
    4-5-1-2-1 引用法一般
    4-5-1-2-2 引用法の下位の種
4-5-2 考察
  4-5-2-1 メタ語法・引用法がフィギュールといえるわけ
  4-5-2-2 メタ語法・引用法が《論証》のあやといえるわけ

4-6 設問法など 651
4-6-1 諸形態
4-6-2 考察――設問法の作用過程

4-7 予防論法・仮設論法・一任論法 657
4-7-1 諸形態
  4-7-1-1 《予防論法》(予弁法)
  4-7-1-2 《仮説論法》
  4-7-1-3 《一任論法》(修辞的譲歩) 
4-7-2 考察

4-8 対抗非難・転送論法など 667
4-8-1 諸形態
  4-8-1-1 《対抗非難》
  4-8-1-2 《転送論法》
  4-8-1-3 《相対論法》と《ひらきなおり論法》
  4-8-1-4 《通過論法》
  4-8-1-5 《論議拒絶(黙殺)》
4-8-2 考察

4-9 異常論法 676
4-9-1 《ちぐはぐ》(《とんちんかん》)
4-9-2 《誤謬推理》・《欺瞞推理》
4-9-3 考察

第5部 語形の《あや》および特殊文形 
5-1 語形の変様(語内の変様) 686
5-1-1 諸形態
  5-1-1-1 《音字添加》 
  5-1-1-2 《音字削減》 
  5-1-1-3 《音字換置》 
  5-1-1-4 《音字換入》 
5-1-2 考察

5-2 語形の変様(語以上の変様) 695
5-2-1 諸形態
  5-2-1-1 《〔語間〕音字交換》
  5-2-1-2 《語合成》
  5-2-1-3 《語分割》
  5-2-1-4 《二語混交》など
  5-2-1-5 《異分析》
  5-2-1-6 《シャラード》、《ロゴグリフ》、《レビュス[判じ絵]》
5-2-2 考察

5-3 特殊文型 704
5-3-1 さまざまな類型
  5-3-1-1 《交互応答》
  5-3-1-2 《折りかえし》
  5-3-1-3 《円環》 
  5-3-1-4 《折句》など
  5-3-1-5 《同音双義》
  5-3-1-6 《回文》など
  5-3-1-7 《トートグラム》
  5-3-1-8 《リポグラム〔字忌み〕》
  5-3-1-9 《尻取り歌》
  5-3-1-10 《図形詩》
5-3-2 考察

第6部 伝統レトリックの体系 
1 佐藤信夫の図の三つの分類
  1-1 レトリックの諸部分
  1-2 言述の諸部分
  1-3 言述のジャンル
2 佐藤信夫の図の三つの分類以外の分類
  2-1 三つの分類と同位の分類
  2-2 三つの分類の下位の分類

レトリック用語訳語網羅 [733-739]
参照文献 [741-763]
あとがき(佐々木健一・藤田一郎) [765-775]
作例索引 [778-785]
西洋語索引 [786-804]
日本語索引 [805-815]