contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?――ヒトの進化からみた経済学』(Paul Seabright[著] 山形浩生,森本正史[訳] みすず書房 2014//2005)

原題:The Company of Strangers: A Natural History of Economic Life, Second Edition (Princeton University Press)
著者:Paul Seabright(1958ー) 経済学。
寄稿:Daniel Dennett (1942ー2024) 哲学。
訳者:山形 浩生
訳者:森本 正史
NDC:361.3 社会関係.社会過程


殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか? | ヒトの進化からみた経済学 | みすず書房


【目次】
目次 [iii-viii] 
序文(ダニエル・デネット) [ix-xiii]
謝辞 [xiv-xviii]


信頼とパニック――改訂版への序 003
  社会的な信頼と金融危機
  大いなる実験
  本書の論点
  本書は最新の研究成果をどう活用しているか


  第I部 視野狭窄 021


第1章 責任者は誰? 022
  世界のシャツ需要
  責任者なしの協力
  疑問を抱くべき二つの理由
  政府の役割


第II部へのプロローグ 043


  第II部 殺人ザルから名誉ある友人へ――なぜ人は協力できるのか? 047


第2章 人と自然のリスク 048
  好機の判断
  リスク軽減手段としての作業分担
  作業分担と専業化
  専業化と新たなリスク

第3章 私たちの暴力的な過去 070
  人間の殺人傾向

第4章 人類はどうやって暴力本能を手なずけてきたか? 082
  予測と相互依存
  文明化の過程を見直す?
  微笑み、笑い、そして信用の証の必要性
  信頼と感情

第5章 社会感情はいかに進化したか? 101
  強い返報性の進化に関する三つの解釈
  返報性と復讐

第6章 お金と人間関係 115
  お金と物々交換
  金融信用の網
  お金はどのようにして定着したか?
  お金、匿名性、不安

第7章 泥棒たちの信義――貯蔵と盗み 135
  貯蔵、融資、パニック
  信用を買う

第8章 銀行家の信義? 金融危機の原因とは? 147
  信用の破綻
  うまく機能しているときの銀行システムはいったい何をしているのか?
  1930年代の世界恐慌から得た三つのまちがった教訓
  一つめの教訓――ライオンから走って逃げるな
  二つめの教訓――プロはパニックを起こさない
  三つめの教訓――不安になるな
  暴落とその影響
  なぜこうなってしまうのか?

第9章 仕事と戦争におけるプロフェッショナリズムと達成感 171
  兵士と哲学者
  物語の探求
  プロの規範と視野狭窄

第I部と第II部のエピローグ 189


第III部へのプロローグ 195


  第III部 予想外の結果――家族の結束から工業都市まで 201


第10章 都市――古代アテナイから現代マンハッタンまで 202
  華やかな大都市
  悪臭とゴミ
  市民活動と都市環境
  都市の統治

第11章 水――商品、それとも社会制度? 223
  水の多様な意味
  希少性と財産権

第12章 何にでも価格? 242
  調整役としての価格
  世論調査としての価格
  オークション
  何でも売り物か?

第13章 家族と企業 266
  会社の限界
  標準化と監視
  家族からの脱却
  テクノロジーと企業規模
  企業とその環境からくる制約

第14章 知識と象徴体系 295
  最初の象徴的人工物
  世代間の信用
  物の保護か、アイデアの保護か
  アイデアと現代的制度の形成

第15章 排除――失業、貧困、病気 318
  失業
  好況、不況、分業
  貧困と情報の孤島化
  同類マッチング
  病気と排除
  委任された意思決定の避けがたい歪み
  排除と集団行動

第III部のエピローグ 344


第IV部へのプロローグ 347


  第IV部 集合的行動――交戦国家から国家間の市場へ 353


第16章 国家と帝国 354
  防御と攻撃
  力と繁栄
  商業路線の三つの欠陥
  力の不均衡の危険性
  軍人と民間人
  武器市場
  政府の仕事

第17章 グローバリゼーションと政治活動 376
  連帯と責任
  グローバリゼーションとその遺産
  政治と集団への忠誠
  リベラリズムとその歴史

第18章 結論――大いなる実験はどのくらい脆いのか? 394
  目に見えない友人、沈黙の敵
  国家の存続
  国民国家内における信用の持続
  国民国家同士の信用


訳者解説(二〇一三年一二月 バンコク空港にて 訳者代表 山形浩生) [413-419]
  1 著者について 413
  2 本書のテーマ――協力の進化と発展 414
  3 本書の含意と協力の未来 417
  4 翻訳について 418
参考文献 [xxxv-lviii]
原注 [ix-xxxiv]
人名索引 [i-vii]