contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『王朝文学の楽しみ』(尾崎左永子 岩波新書 2011)

著者:尾崎 左永子[おざき さえこ](1927-) 歌人。随筆家。放送作家


王朝文学の楽しみ - 岩波書店


【目次】
目次 [i-iii]


序章 王朝文学の世界へ 001
  私の場合/「王朝文学」とはなにか/古典の読み方―― 二つの方法/主語は敬語で見分ける/現代語と意味の異なることば


第1章 王朝文学、二つの柱 015
  「かな」の発明/万葉仮名から「かな」へ/四季の美意識


第2章 『古今和歌集』の出現 025
  唐歌から和歌(ヤマトウタ)へ/「『古今集』はくだらぬ集に有之候(コレアリソウロウ)」/和歌と短歌/「古今集」は王朝の「現代詩」/「うたう」ということ/『古今集』再生/『古今集』逍遥/貫之の梅/詠み込み歌の技法


第3章 日記文学の面白さ 051
1 『土佐日記』――はじめての「かな日記」 052
  女になりすまして書く/貴族たちの日誌/数詞の成り立ち
2 『蜻蛉日記』――情炎と反抗 061
  美貌と才気の道綱母/ 嫉妬、屈辱、不満…
3 『和泉式部日記』――新鮮な息づかい 069
  「夢よりもはかなき世の中を…」/急速に展開する恋/鶏の声に起こされて/『和泉式部集』の魅力/鋭い感性の故に…


第4章 歌から物語へ 083
1 詞書・歌語り・物語 084
  歌が主役の「歌語り」/『竹取物語』『宇津保物語』
2 『伊勢物語』――その裏面 091
  激しい政争の下で/長かった「禁書」の時代/書写した人の加筆?/透けて見える「雅びごころ」/「狩の使い」の美しさ/単なる好色男?
3 『源氏物語』――男の心理、女の心理 111
  薫香を衣服に染み込ませて/紙――道長の権威の象徴/神聖視する傾向も/三部構成とその流れ/こまやかな心理描写/作者の才気に凄み/「母恋い」の物語/独立としての「女人出家」/表現力・構成力と音声的律動/知的操作の行き届いた歌


第5章 暮らしの背景――王朝文学理解のために 143
  ある誤解――はじめに
1 住まいと衣装 147
  平安京/内裏と「左右」/清涼殿と後宮/貴族の邸宅/屛障具/衣装のいろいろ
2 婚姻のかたち 163
  「よばい」の慣習/恋文の役割/垣間見/通い婚の時代/「上」――正妻の地位


第6章 紫式部清少納言 171
1 藤原道長紫式部清少納言 172
  「道長」という存在/浮かび上がる宮廷内の様子/定子方と彰子方
2 『枕草子』――思いの赴くままに 181
  「四季」の感覚/「をかし」ばかりで単純?/会話の能力を武器として/函谷関海月の骨/索引の作れない『枕草子』/きびきびとした連想と文章/才をもてはやされて/美男子が好き/気の利かない男


第7章 『新古今和歌集』――王朝文学の終焉 209
  後鳥羽院の思い入れ/王朝絵巻的展開/二重構造――本歌取り/配列の妙味/霧の美学/夢の忘れがたみ


あとがき(平成二十三年一月 尾崎左永子) [231-232]