contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『現代という時代の気質』(Eric Hoffer[著] 柄谷行人[訳] ちくま学芸文庫 2015//1972//1967)

原題:The Temper of Our Time
著者:Eric Hoffer(1902-1983)
訳者:柄谷行人(1941-)

現代という時代の気質 (ちくま学芸文庫)

現代という時代の気質 (ちくま学芸文庫)

【目次】
目次 [003]
初出雑誌一覧 [004]
献辞 [005]


序(E・H カリフォルニア州サンフランシスコにて 一九六六年月) 007
I 未成年の時代 013
II オートメーション、余暇、大衆 033
III 黒人変革 059
IV 現代をどう名づけるか 083
V 自然の回復 105
VI 現在についての考察 131


訳注 [149-153]
E・ホッファーについて [155-179]
ちくま学芸文庫版への解説(柄谷行人) [181-184]



【抜き書き】

□p. 48
〔……〕社会的能力というものは、それが天然資源をいかに効果的に利用するかによってだけでなく、人間資源をどう利用するかによっても測られるからである。〔……〕もし全人口に潜在する才能を目覚めさせ開発しようとするなら、われわれは何が有効、有用、実際的、無駄、などであるかについてもっている概念を改めねばならない。現在までのところこの国では、われわれは時間を浪費するなと警告はされるが、人生を浪費するように育てられているのだ。