contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『暗号通貨 VS. 国家――ビットコインは終わらない』(坂井豊貴 SB新書 2019)

著者:坂井 豊貴[さかい・とよたか] 経済学。メカニズムデザイン。

 

 

暗号通貨VS.国家 | SBクリエイティブ

 

【目次】
題辞 [003]
まえがき [005-011]
目次 [012-015]

 

[1章] 神[サトシ]ビットコインを創成し、やがて姿を消した 017
創世前夜 018

  最初のブロック
あれはバブルか 024

  公開暗号鍵  バブルで片付けてはいけない 
危険なキャッシュレス 032

  企業は慈善団体ではない
創造主[サトシ]は正体不明 038

  ハイエクフリードマン自由主義思想
通貨の本質とは何か? 044

  法定通貨だからといって信用されるわけではない  暴力と反戦 

徴税と暗号通貨 053

 

[2章] そもそもATMは魔法の箱なのだ 057

銀行預金のすごさ 058

  銀行預金はすごい
国際送金とリップルXRP 064

  国際送金に革命を
P2Pの世界通貨 068
すべては巨人の肩の上に立つ 072

 

[3章] ブロックチェーンの生態系には、人間も機械も黄金もある 081
黄金を掘りに 082
ビットコインの仕組み①]送金したら何が起こるか 086
ビットコインの仕組み②]マイニングの仕組み 090

  プルーフ・オブ・ワーク(労力による証明)  総発行量はコントロールできない
ビットコインの仕組み③]バラバラな人々がどうやって同じ台帳を共有するか 096

  ブロックチェーンの枝分かれ
ビットコインの仕組み④]負けたマイナーの立場でブロックチェーンを理解する 103

  再編成を防ぐ仕組み  51%攻撃と、電力の意味  マイナーの行動は実は不明
P2Pと多数決①]多数決と正しい確率 113

  コンドルセ陪審定理  ノイマンの応用からサトシ・ナカモトへ
P2Pと多数決②]ビザンチン将軍問題 119

  プルーフ・オブ・コンセンサス  プルーフ・オブ・ステーク

 

[4章] 暗号通貨の社会はめちゃくちゃ人間くさい 131
管理者のいないコミュニティ 132

  規格変更は難しい  生身の人間の会合  制度の未整備
新コインへの分裂 139

  宗派の分裂と争い 
ネットワーク効果――調整ゲームと協調行動 142

  調整ゲームのナッシュ均衡  「他の人が使うから」は強い

 

[5章] 超絶的な自動販売イーサリアム 149

サタンの悪戯が奏功するには 150
若きヴィタリクの情熱 153

  暗号通貨イーサ
トークンによる資金調達 161

  返済不要の資金調達
非国家と社会契約 165

  ブロックチェーンの社会契約
ノーベル賞学者の参入 170

 

[6章] 正社員は減ってないし、会社は無くならないし電子化はそう進んでいない 175
電子化はそう進んでいない 176

  経団連の挑戦
「億り人」は江戸時代より重税 180

  投機は大事
会社は無くならない 184

  その人的資本は外で通用するか
仕事は無くならないが 191

  ロースキル労働者が賃金を上げるには

 

あとがき(2018年12月25日 坂井豊貴) [201-203]
読書案内 [205]
参考文献 [206-214]