contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『食―― 90億人が食べていくために』(John Krebs[著] 伊藤佑子,伊藤俊洋[訳] 丸善出版 2015//2013)

原題:Food: A Very Short Introduction
著者:John Richard Krebs (1945-) 動物学、鳥類の行動生態学
訳者:伊藤 佑子 分子生物学、極限環境微生物学
訳者:伊藤 俊洋 脂質生化学、極限環境微生物学

食  90億人が食べていくために (サイエンス・パレット)

食 90億人が食べていくために (サイエンス・パレット)

  • 作者:John Krebs
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

【目次】
はじめに [i-iii]
謝辞 [iv]
目次 [v-vii]


1 食いしん坊の裸のサル 001
  はじめに
  人類の進化
  私たちの祖先の食べ物
  調理
  農耕・栽培・牧畜
  保存と加工
  食品加工


2 好き、好き、だ〜い好き! 035
  はじめに
  味覚
  うま味
  味覚から風味へ
  感覚特異的満腹感
  味覚の遺伝的な違い
  好き嫌いの学習
  いやな食べ物
  時間のかかる学習
  宗教的タブー、文化的伝統と進化的適応
  乳糖分解酵素存続
  ソラマメ中毒症
  香辛料
  世界の貿易と料理、イタリアのトマトの例


3 何が悪かったんだろう? 069
  はじめに
  BSE
  ミルク
  ビール:純粋令
  混入物による食品汚染
  食品中の化学物質:天然物と人工物
  アクリルアミド
  子どもの多動性障害と食品添加物
  食物アレルギー
  食中毒
  善玉菌と悪玉菌
  有機食品と遺伝子組換え食品
  まとめ


4 あなた=あなたが食べた物 103
  はじめに
  栄養学のはじまり
  ビタミン
  栄養と健康
  毎日の食事と慢性疾患:疫学
  保健機能食品
  栄養と発達:世代を超えた影響とエピジェネティクス
  栄養に関する知恵
  肥満:新しい栄養障害


5 90億人の「食」 137
  はじめに
  食糧増産の可能性
  化学肥料
  緑の革命
  気候変動と食糧生産
  二重の緑の革命
    技術
    社会政策
    生態学
  バイオテクノロジー
  魚
  浪費:廃棄物
  バイオ燃料と土地と水の奪い合い
  日常の飲食物の重要性


訳者あとがき(2015年5月 訳者を代表して 伊藤佑子) [175-178]
用語集 [179-191]
参考文献 [19-21]
引用文献 [9-18]
索引 [1-8]