contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『サカナとヤクザ――暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う』(鈴木智彦 小学館 2018)

著者:鈴木 智彦[すずき・ともひこ] (1966-) ジャーナリスト、カメラマン。
装幀:岡 孝治
NDC:662.1 水産業および漁業史・事情


サカナとヤクザ | 小学館



・2021年8月に文庫化。「新章」が二つ追加されている。
サカナとヤクザ | 小学館



【目次】
はじめに [002-003]
目次 [004-005]


第一章 岩手・宮城――三陸アワビ密漁団VS海保の頂上作戦 007
  黒いあまちゃん
  漁師出身のヤクザ
  漆黒の中の密漁団
  海保の捜査手法
  暴力団の直系密漁団
  市場ぐるみ


第二章 東京――築地市場の潜入労働4ヶ月 035
  暴力団排除の動き
  面接で即決
  築地村の掟
  築地村の顔役
  市場のギャンブル性
  ちょっとした祭り
  マグロは築地の華
  原爆マグロの記念プレート
  密漁アワビ発見


第三章 北海道――“黒いダイヤ”ナマコ密漁バブル 073
  男は密漁、女は売春
  一目で分かる
  野球のチームと同じ
  さっさと帰れ
  中国発のナマコバブル
  死亡事故が頻発
  獲れたての密漁毛ガニ
  消費者だって共犯
  元祖・黒いあまちゃん
  発電所の海を狙う
  売買の現場
  買い屋と加工屋
  押収品をまた買い取る
  密漁社会のマラドーナ


第四章 千葉――暴力の港銚子の支配者、高寅 123
  東洋のアル・カポネ
  喧嘩はいつでも買ってやる
  暴力の港銚子
  マスコミこそ暴力団
  漁業権の占有
  漁師が集う賭場
  共産党VS 暴力団
  火箸で頭部を刺した
  高寅追放


第五章 再び北海道――東西冷戦に翻弄されたカニの戦後史 169
  俺たちの海へ
  横たわる北方領土問題
  赤い御朱印
  罪の意識は薄かった
  相次ぐ不審死
  北海の大統領
  オホーツクの帝王
  公安課長の自殺
  警察との癒着
  最後のレポ船主の証言
  日ソのダブルスパイ
  鮭は正月前のボーナス
  ウニ特攻船
  ヤクザと不良漁民
  少なくても月給100万円
  特攻船壊滅作戦
  ロシアからのカニ密輸
  中国からの逆輸入
  ロシア船団との遭遇
  税関を経由しない


第六章 九州・台湾・香港――追跡! ウナギ国際密輸シンジケート 261
  怪しげなシラス・ブローカー
  食べていいのか
  減ってない説
  池上げに参加
  ユニクロ・ウナギ
  闇流通は必要悪
  組織名までは分からない
  不漁報道で裏価格が上がる
  暴力団の地獄網
  東京湾に浮かびますよ
  台湾の地下経済
  密輸してないのは私だけ
  香港シラスのボス
  黒幕は日本の業者


おわりに [313-317]
主要参考文献 [318-319]





【関連記事】
『食肉の帝王――同和と暴力で巨富を掴んだ男』(溝口敦 講談社+α文庫 2004//2003)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20110821/1313852400