contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『未開社会における性と抑圧』(Bronislaw Malinowski[著] 阿部年晴, 真崎義博[訳] ちくま学芸文庫 2017//1972//1953)

原題:Sex and Repression in Savage Society (4th edition, 1953)
著者:Bronislaw Kasper Malinowski (1884-1942)
訳者:阿部 年晴 (1938-)
訳者:真崎 義博 (1947-) 
デザイン:神田昇和

未開社会における性と抑圧 (ちくま学芸文庫)

未開社会における性と抑圧 (ちくま学芸文庫)

【目次】
序文(B・M ロンドン経済大学人類学科 1927年2月) [003-008]
目次 [009-012]
タイトル [013]
題辞 [014]


第一部 コンプレックスの形成 
I 問題点 015
II 父権制母権制における家族 021
III 家族劇の第一幕 031
IV 母権制における父性 038
V 幼児期の性欲 046
VI 生活の見習い 053
VII 子供時代後期における性欲 061
VIII 思春期 072
IX 母権制のコンプレックス 086


第二部 伝承の鏡 
I 母権制におけるコンプレックスと神話 097
II 疾病と倒錯 098
III 夢と行為 104
IV わいせつなものと神話 118


第三部 精神分析と人類学
I 精神分析と社会科学との間の裂け目 151
II 「抑圧されたコンプレックス」 157
III 文化を生んだ原初のできごと 163
IV 父親殺しの結果 169
V 最初の父親殺しの分析 174
VI コンプレックスか情操か 189


第四部 本能と文化
I 自然から文化へ 195
II 発生期の文化の揺籃としての家族 200
III 動物と人間における発情と性交 208
IV 婚姻関係 216
V 親としての愛 222
VI 人間における家族のきずなの持続性 232
VII 人間の本能の可塑性 238
VIII 本能から情操へ 241
IX 母子関係と近親相姦への誘惑 254
X 権威と抑圧 263
XI 父権と母権 272
XII 文科とコンプレックス 281

訳注 [289-206]
解説(阿部年晴) [297-331]
I 原著 297
II 著者 298
III 本書の構成 300
IV 主題――文化における性―― 302
V 文化と性の抑圧 309
VI 人類進化における性の抑圧 322
注 329

『アラビア人文学』(Hamilton A. R. Gibb[著] 井筒豊子[訳] 講談社学術文庫 1991//1982//1926)

原題:Arabic Literature – An Introduction (1926)
著者:Hamilton Alexander Rosskeen Gibb
(1895-1971)
訳者:井筒豊子 (1925-2017)

アラビア人文学 (講談社学術文庫)

アラビア人文学 (講談社学術文庫)

【目次】
はしがき(H・A・R・G 一九二六年五月) [003-004]
目次 [005-007]
凡例 [008]


一 序論 011


二 アラビア語 018


三 英雄時代(西暦500年前後~622年) 027


四 拡大伸展の時代(西暦622年~750年) 052


五 黄金時代(西暦750年~1055年) 072
(一) (西暦750年~813年) 081
(二) (西暦813年~847年) 094
(三) (西暦847年~945年) 103
(四) (西暦945年~1055年) 127
  (a) サイフッ・ダウラ周辺
  (b) ブワイヒ家一族統治下のイラク
  (c) 東部ペルシャ
  (d) エジプトと北西アフリカ
  (e) スペイン(西暦750年~1091年)


六 銀の時代(西暦1055年~1258年) 173
(一) イラクペルシャ 179
(二) エジプト 191
(三) シシリー 203
(四) スペイン 206


七 マムルーク時代(西暦1258年~1800年) 213
(一) エジプトとシリア、西暦1517年まで 215
(二) スペインと北西アフリカ 225
(三) 西暦1517~1800年 234


エピローグ 239


原注 [246-248]
訳者あとがき(一九八一年十月二十四日 鎌倉にて 井筒豊子) [249-252]
学術文庫版あとがき(一九九〇年十一月二十日 鎌倉にて 井筒豊子) [253]
主要人名索引 [255-258]



【抜き書き】

[pp. 25-26]

 次のような事実によって、アラビア語のこの難解さはさらに増大する。つまり、文章の意味を決定するには、各単語の子音構成と全般的な構文の構成を見るだけで充分であると考えられているために、書記に際して、子音と子音の中に母音を挿入することは不必要とみなされていることだ。従って、よくいわれるように、アラビア語のテキストは、志向されている意味内容の七五パーセントしか含んではいない、そして残りの二五パーセントは、読者の補充にゆだねられている。この結果、その文章に使用されているどの単語に関しても、その意味は全部知っているし、構文構成もすっかり理解していながら、なおかつ全く極端に相違する二種類の解釈のいずれを採るべきかについて迷う、というような事態が起り得るのである。このことはまた、単にこの種のことで格別不利な立場にあるヨーロッパのアラビア学者にだけ該当することではない。アラビア語を母国語とする現地学者ですら、もしたまたまその学者が、あの、文字で書かれたテキストの通読解釈を補足する口頭の伝承に常々慣れ親しんでいなければ、やはり度々解釈の誤りを犯す羽目に立ち至るだろう。
 以上述べたことは、もちろん、すべて、個々の単語の辞書的意味決定に伴う本来的な困難さや、また写本作製者の無知や不注意から生じるテキスト自体の誤記に関することなどを考慮の圏外に置いた上での話であって、おまけにこの手写本の作製については、アラビア文字の特殊性のために、他の言語の手写本文献の場合に較べて、誤記の生ずる危険度は特に高いはずなのである。


[61-62頁]

 だが、アラビア人の諸国征覇のもたらした最も枢要な成果は、何といっても、征服された諸民族のイスラーム宗教共同体への漸進的な同化融合だった。彼等はそれぞれ、自己に固有の文化に根ざした経験や風俗習慣をイスラーム共同体の中に持ち込んで来たが、それによって、彼等外来民族は、アラビア人だけの力ではとうてい到達することの出来なかったような高度の段階にまで、アラビア文学とアラビア思想を成長発展させたのであった。もっとも、外来分子のそのような影響力が実感されるようになるのは、この「拡大伸展の時代」もその終極に達する頃だ。イスラーム暦第一世紀に行われた諸研究は、僅かの例外を除いて、たしかにアラビア人の手で遂行された。だが、「イスラーム学」展開への第一歩をふみ出す端緒となった一半の原因は、非アラビア語民族のイスラーム共同体への流入にあった。
 聖典コーラン』が編まれていた頃、アラビア語はひどく不完全な書き方で手写されていて、アラビア語を知り尽した人でなければ、とうてい解読など出来るものではなかった。第一には、もっと適当な手写法を確立し、第二には、アラビア語の文法法則を確立することによって、誤読や誤字で混乱崩壊の危機にある『コーラン』のテキストそのものを正しく保存することが急務という事態となった。かつてのペルシャ諸領で特にこの必要が痛感されていたため、緊急事態を収拾するべき最初の試みは、イラク地方の守備隊の駐屯する諸都市で始められた。〔中略〕

『不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか――滞在時間から滞在権へ』(Joseph H. Carens[著] 横濱竜也[訳] 白水社 2017//2010)

原題:IMMIGRANTS AND THE RIGHT TO STAY
著者:Joseph H. Carens
訳者:横濱竜也

不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか:滞在時間から滞在権へ

不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか:滞在時間から滞在権へ

【目次】
目次 [003]
凡例 [004]


I 恩赦の根拠 005
  非正規移民の脆弱性
  非正規移民を逮捕・追放する国家の権利
  滞在時間の長さが滞在権の存否を左右する――グリモンドとンの事例
  社会的メンバーシップこそが永住権・市民権の根拠である
  何年間定住すれば滞在権が得られるか
  なぜ社会的紐帯の実質でなく定住期間で判断すべきなのか
  滞在権を根拠づける別の道徳的議論――共犯性・普遍的人権 025
  非理想論としての不法移民滞在権論
  寄稿論文に答える
  不法移民の合法化は不法移民を増やさないか


II フォーラム 047
 メイ・M・ナイ 
  退去強制と合法化――アメリカ移民法制史と人種差別

 キャロル・M・スウェイン 
  不法移民は、黒人やヒスパニックから職を奪う窃盗である

 ダグラス・S・マッセイ
  メキシコからの非正規移民に一時労働ビザを与えよ

 リンダ・ボスニアック
  社会的メンバーシップ論とリベラリズム――カレンズのプラグマティズムの失敗

 ジーン・ベスキー・エルシュテイン
  非正規移民はいつ合衆国市民たるにふさわしいものとなるか

 T・アレクサンダー・アレイニコフ


解説 不法移民をいかに処遇すべきか――移民正義の理想と現実[横濱竜也] 093
I 本書について 094
  一 本書の成立過程 
  二 寄稿者のプロフィール 
II 問題状況 101
  一 スウェーデン 
  二 ドイツ 
  三 フランス
    フランスの移民政策の統合的性格  「フランス的平等」  
  四 アメリカ 
    一九二四年移民法以前  一九二四年から一九六五年まで  一九六五年から一九九六年まで
  五 日本 
    日本の入国管理政策  近時の移民政策論議――上野千鶴子紙上発言をめぐって
III 開放国境論 123
  一 移動の自由・機会の平等・世界分配的正義
    移動の自由は普遍的人権だ  機会の平等は保障されるべきだ  移民受け入れは世界分配的正義の実現に貢献する 
  二 ナショナリズム批判
    正義の射程は基本的に国家内に限られている  閉じられた共同体に根差すことは善き生の条件である  自己決定と国家の責任 
IV 開放国境論批判 130
  一 結社としての国家
    平等論からの反論への応答  リバタリア二ズムからの反論への応答 
  二 関係的平等主義 
    運平等主義――ドゥオーキンの資源平等論  アンダーソンの関係的平等主義
  三 ナショナル・アイデンティティの保護 
    政治的自己決定の重要性  政治文化形成における自律  ナショナル・アイデンティティは民主主義の地盤である
  四 開放国境論批判の帰趨 
V 不法移民をどうすべきか 153
  一 不法移民を合法化する道徳的理由がある
    不法移民の自由の回復こそ合法化の根拠である――ボスニアック  「社会的メンバーシップ」論――カレンズ  在留期間は重要か  なぜ「社会的メンバーシップ」論なのか  非理想論としての「社会的メンバーシップ」論
  二 不法移民を合法化することは道徳的に許されない 
    合法化はさらなる不法移住を助長する  合法化は市民や合法的移民に対して害悪をもたらす  合法化は不公平である
  三 望ましい不法移民対策とは? 
註 182 


読書案内(横濱竜也) 191
  一 世界正義論
  ニ 移民正義論
  三 各国の移民事情

座談会 危機の時代の移民論[横濱竜也×井上彰×谷口功一] (二〇一七年八月ニ日 白水社編集部に於いて) 201
  移民(論)との出会い
  現実主義の陥穽
  「三%」対「九十七%」?
  移動・安全保障・統合――危機の時代の鍵概念

訳者あとがき(二〇一七年八月ニ十九日 横濱竜也) [214-219]

文献 [4-5]
年表 [1-3]

『人間の解剖はサルの解剖のための鍵である』(吉川浩満 河出書房新社 2018)

著者:吉川浩満(1972-) 

【目次】
目次 [001-004]

 

 0 序 005
0-1 まえがき 006

0-2 序章:人間(再)入門のために―― 1989 / 2019 / 2049 011
問い――人間とはなにか? 011
歴史――人間の時代は終わった 014
回答――人間は不合理なロボットである 020
課題――欲望、合理性、倫理 028
附記 035

 1 認知革命 037

1-1 ヒトの過去・現在・未来――『サピエンス全史』とともに考える 038
なぜこんなに読まれたのか 038
AI時代にふさわしい近未来的アプローチ 042
この時代の創世記 046
私たちは何を望みたいのか? 051
別の物語をつくりだし、別の未来を拓く 056
附記 059

1-2 合理性のマトリックスとロボットの戦い――認知と進化の観点から 061
系統的に誤答を招く諸問題 063
  現代の人間本性論
  記述‐規範ギャップ 
合理性、不合理性、深い合理性――経済学、行動経済学進化心理学 068
  合理性大論争
  予想通りに不合理
  合理的な動物
ふたつの主体、ふたつの合理性―― 二重過程理論から見た合理性 075
  人間像の弁証法
  ひとつの脳にふたつの心
  複製子と乗り物
  ロボットと引き綱
  複製子‐乗り物ギャップ
  合理性のマトリックス 
合理性と現代社会――マトリックスをさまようロボット 087
  進化的適応環境‐現代社会ギャップ
  誘蛾灯、脊髄反射、合理性障害、鉄の檻
  合理性と主体性
附記 093
参考文献 096

1-3 社会問題としての倫理学――道徳心理学、人工知能功利主義 098
附記 107
参考文献 108

1-4 人間の〈未来〉/未来の〈人間〉――産業社会論、SF、共和主義稲葉振一郎吉川浩満] 109
崩壊した未来像 110
ミドルレンジを考える 113
人間が滅亡するのはよくないことか? 116
人間とはなんのことか 118
道徳的に尊重されるべきもの 121
不死のリスク 124
これからの人工知能 126
機械同士の「リベラルな共和主義」 127
人間は、いてもいなくてもいいのか? 131
附記 132


 2 進化と絶滅 135
2-1 「生きづらいのは進化論のせいですか?」――進化論と現代社 136
進化論のせいで生きづらい? 136
「進化論」は「ダーウィニズム」ではない? 138
進化論という「お守り」 141
絶滅のシナリオ三パターン 144
凡人の考えを撃つ? 148
附記 150

2-2 人類の起源という考えそのものについて――起源神話のふたつのドグマ 152
附記 162

2-3 人新世における人間――ヒトのつくった地質年代 163
新たな地質年代 163
「人新世」の誕生 165
人新世とはなにか 167
人新世における人類 170
附記 173

2-4 絶滅とともに哲学は可能か――思弁的実在論、未来の他者、女性の公式大澤真幸+千葉雅也+吉川浩満] 174
歴史の偶然性とゲームの切断 174
絶滅とともに哲学は可能か 181
「不可能なもの」としての外部の絶滅 188
神の死の後に留まること 192
究極の「制度の他者」のしての絶滅 196
絶滅とともにある利他性 201
「すべてではない」潜在性の次元としての外部 204
附記 209


 3 人物 211
3-1 リチャード・ドーキンス――文明史におけるドーキンス 212
クリスマス・レクチャーとドーキンスの著作 213
ドーキンスと私たち――文明史におけるドーキンス 216
附記 219

3-2 アンリ・ファーブル――進化論ぎらい 221
附記 228

3-3 多田富雄――自然科学とリベラルアーツ 230
あいまいな免疫系の私――多田免疫論の意味論 231
超システムとしての生命――多田生命論の意味論 233
自然科学とリベラルアーツ――多田統合論の意味論 236
附記 239

3-4 見田宗介――大人の青年 241
附記 250

3-5 バーナード・ウィリアムズ――道徳における運 253
結果の不確実性 253
道徳的な運 254
「想定外」にたいする態度 259
道徳と倫理 260
附記 262


 4 作品 265 
4-1 21世紀の〈人間〉のための二一冊――フーコーからポストヒューマンSFまで 266
附記 270

4-2 利己的な遺伝子』からはじまる一〇冊――刊行40周年を機に[橘玲吉川浩満] 271
日本の人文学の「失われた二〇年」 271
ドーキンスから生まれた知の流れ 275
それでも虹は美しいのか? 279
附記 283

4-3 人間本性から出発する――ヒース『啓蒙思想2.0』、スタノヴィッチ『心は遺伝子の論理で決まるのか』[山本貴光吉川浩満] 284
クレイジーな時代? 285
叛逆かパターナリズムか 287
附記 292

4-4 対立を調停する――メタ道徳としての功利主義――グリーン『モラル・トライブズ』 293
附記 296

4-5 リベラル派は保守派に学べ?――ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか』 298
附記 301

4-6 リバタリアンパターナリズムの可能性――サンスティーン『選択しないという選択』 303
附記 306

4-7 チューリングの革命と変容するリアリティ ――フロリディ『第四の革命』 308
附記 310

4-8 ポジティヴ・コンピューティングの挑戦――カルヴォ他『ウェルビーイングの設計論』 312
附記 315

4-9 汎用人工知能の文明史的意義――シャナハン『シンギュラリティ』 317
附記 320

4-10 ゲノム編集技術はなにをもたらすか――ダウドナ他『CRISPR/クリスパー』 322
附記 326

4-11 インターフェースをたどる哲学的実践――プレヒト『哲学オデュッセイ』 328
附記 330

4-12 フロム・カタストロフ・ティル・ドーン――島田雅彦『カタストロフ・マニア』 331
附記 338

4-13 危険な知識をめぐる二つの問い――映画『猿の惑星』シリーズ 340
附記 345
参考文献 346

4-14 レプリカントに人間を学ぶ――映画『ブレードランナー』『ブレードランナー2049』 347
附記 352

 

あとがき(二〇一八年五月 吉川浩満) [354-355]

『精神分析と社会学――二項対立と無限の理論』(竹中均 明石書店 2004)

著者:竹中 均[たけなか ひとし]

精神分析と社会学 (明石ライブラリー)

精神分析と社会学 (明石ライブラリー)


【目次】
目次 [003-005]
題辞 [006]

 

序章 二次的なものとしての現実――社会学会の片隅から 007
社会学にとって「快感原則」が意味するもの――現実をめぐる地と図の反転 

 

第I章 超自我は社会規範か――フロイト第二局所論・再考 017
第一節 超自我をめぐるずれ 
第二節 『快感原則の彼岸』――古くて新しいモデルの必要性 
第三節 『自我とエス』――騎手とその馬の関係 
第四節 超自我の二つの顔――「草稿」へ 
註 049

 

第II章 「科学的心理学草稿」の射程――初期フロイト理論の可能性 055
第一節 「草稿」の見えざる亡霊 
第二節 「草稿」の論理展開――「現実性判断」の確立 
第三節 「草稿」の内部亀裂――最初のイメージの特権性 
第四節 二種類の「快感原則」解釈――変化か状態か 
第五節 「草稿」から『快感原則の彼岸』へ 
註 077

 

第III章 快の論理構造――エディプス・コンプレックスのコミュニケーション的転換 081
第一節 「草稿」からの出発――量の論理 
第二節 「快感原則」
と「現実原則」の再構成―― 二つの二項対立 
第三節 「草稿」モデルによるエディプス・コンプレックスの解釈転換――「抑圧」と「緩和」 
第四節 エディプス・コンプレックスのコミュニケーション的転換――「ない」という言葉と「主体の分裂」 
註 104

 

第IV章 規範のユークリッド幾何学――大沢真幸理論・無限・平行線公準 109
第一節 有限から無限を創り出す 
第二節 超越の内部崩壊 
第三節 否定によるポジティブな規定 
第四節 無限の密輸 
第五節 超越と内在の交わるところ 
註 151

 

第V章 ゲーム理論と隠喩――樫村愛子ラカン社会学入門』をめぐって 157
序 
第一節 共有知問題と無限 
第二節 隠喩によるジャンプ 
第三節 三つの他者 
第四節 性と現実 
註 182

 

第VI章 『風土』の論理構造―― 二項対立から見た和辻哲郎 187
第一節 無意識・風土・倫理 
第二節 『風土』に対する相反する評価――酒井とベルク 
第三節 『風土』における二項対立の問題 
第四節 日本と古代ギリシアの共通性 
第五節 『日本古代文化』の中の「善悪の彼岸」 
第六節 風土という名の有限 
第七節 グローバリゼーションと自然 
註 219

 

あとがき [227-228]
引用文献 [229-233]
初出一覧 [234]