contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

2023-10-01から1ヶ月間の記事一覧

『難民問題――イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本の課題』(墓田桂 中公新書 2016)

著者:墓田 桂[はかた・けい](1970-) 国際政治学、安全保障論。元・外務省。 件名:難民 NDLC:EG81 NDC:369.38 社会 >> 社会福祉 >> 災害.災害救助 >> 難民救済 難民問題 -墓田桂 著|新書|中央公論新社 難民問題 - イスラム圏の動揺、EUの苦悩、日本…

『排外主義の国際比較――先進諸国における外国人移民の実態』(樽本英樹[編] ミネルヴァ書房 2018)

編者:樽本 英樹[たるもと・ひでき] 社会学。 著者:森千香子[もり・ちかこ](1972-) ランス社会科学高等研究院 (EHESS) 博士課程修了,博士 (社会学) 著者:佐藤 成基[さとう・しげき](1963-) カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院博士課程修了,博士…

『外国人雇用の産業社会学――雇用関係のなかの「同床異夢」』(園田薫 有斐閣 2023)

英題:The Fragile Employment Relationships: Sociology of Work and Organization in Regards to Employing Foreigners in Japan 著者:園田 薫[そのだ・かおる](1991-) 社会学。 装丁:不明 件名:外国人労働者--雇用--日本 件名:産業社会学 NDLC:DH3…

『「外国人嫁」の国際社会学――「定住」概念を問い直す』(大野恵理 有信堂高文社 2022)

著者:大野 恵理[おおの・えり] 国際社会学。移民研究、ジェンダー研究。 カバーデザイン:CRAFT 件名:外国人 (日本在留) 件名:ジェンダー -- 日本 件名:国際結婚 NDLC:EF72 社会・労働 >> 社会問題 >> 女性・家庭問題 >> 日本 NDC:367.21 社会 >> 家…

『「移動する子ども」学』(川上郁雄 くろしお出版 2021)

著者:川上 郁雄[かわかみ・いくお] 日本語教育、文化人類学。 装丁:桂川 潤[かつらがわ・じゅん](1958-2021) 装丁、イラストレーション。 件名:バイリンガリズム 件名:日本人(外国在留) 件名:外国人(日本在留) 件名:言語教育 件名:アイデンテ…

『日本社会の移民第二世代――エスニシティ間比較でとらえる「ニューカマー」の子どもたちの今』(清水睦美ほか 明石書店 2021)

著者:清水 睦美[しみず・むつみ](1963-) 学校臨床学、教育社会学。 著者:児島 明[こじま・あきら](1968-) 教育社会学。 ※「兒島」表記も。 著者:角替 弘規[つのがえ・ひろき](1969-) 教育社会学。 著者:額賀 美紗子[ぬかが・みさこ](1977-) 教育…

『移動と帰属の法理論――変容するアイデンティティ』(広渡清吾, 大西楠テア[編] 岩波書店 2022)

編者:広渡 清吾[ひろわたり・せいご](1945-) ドイツ法。〔終章,あとがき〕 編者:大西 楠テア[おおにし・なみ・てあ/OHNISH, Nami thea](1982-) ドイツ法。比較法。〔序章,あとがき〕 著者:佐藤 団[さとう・だん](1979-) 西洋法制史。〔第1章〕 …

『外国人移住者と「地方的世界」――東アジアにみる国際結婚の構造と機能[地域研究ライブラリ]』(藤井勝, 平井晶子[編] 昭和堂 2019)

編者:藤井 勝[ふじい・まさる] 経験社会学、 地域研究。 編者:平井 晶子[ひらい・しょうこ] 家族社会学、歴史人口学。 著者:白鳥 義彦[しらとり・よしひこ] 社会学。 著者:梅村 麦生[うめむら・むぎお] 理論社会学、 社会学説史。 著者:胡 源源…