contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

教育

『国語教育 混迷する改革』(紅野謙介 ちくま新書 2020)

著者:紅野 謙介[こうの・けんすけ](1956-) 日本近代文学。評論。国語教育 混迷する改革 (ちくま新書)作者:紅野謙介発売日: 2020/01/07メディア: 新書 【目次】 はじめに [003-020] 背中から未来に入る 手段としての入試改革 見えない具体案 論理か文学か…

『小学校英語のジレンマ』(寺沢拓敬 岩波新書 2020)

著者:寺沢 拓敬[てらさわ・たくのり] (1982-) 言語社会学、応用言語学、英語教育史。小学校英語のジレンマ (岩波新書)作者:拓敬, 寺沢発売日: 2020/02/22メディア: 新書 【目次】 はじめに [i-v] 目次 [vii-x] 序章 001 タテとヨコの制約条件 本書の特徴 …

『反体罰宣言――日本体育大学が超本気で取り組んだ命の授業』(南部さおり 春陽堂書店 2019)

著者: 南部 さおり[なんぶ・さおり] 法医学、刑事法学、スポーツ危機管理学。医学博士。 序文:松浪 健四郎[まつなみ・けんしろう](1946-) スポーツ人類学。教育学修士。元・レスリング選手。元・政治家。現・日本体育大学理事長。 デザイン:WHITELINE…

『大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学』(Bryan Caplan[著] 月谷真紀[訳] みすず書房 2019//2018)

原題:THE CASE AGAINST EDUCATION: Why the Education System Is a Waste of Time and Money 著者:Bryan Douglas Caplan(1971-) 公共経済学、公共選択論。 訳者:月谷 真紀[つきたに・まき] 翻訳家。 大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学作…

『「働く」ために必要なこと――就労不安定にならないために』(品川裕香 ちくまプリマー新書 2013)

著者:品川 裕香[しながわ・ゆか] (1964-) 教育ジャーナリスト。特別支援教育、矯正教育。「働く」ために必要なこと: 就労不安定にならないために (ちくまプリマー新書)作者:品川 裕香筑摩書房Amazon 【目次】 目次 [003-005] 序章 未経験者が正社員になれ…

『「ハッピーな部活」のつくり方』(中澤篤史,内田良 岩波ジュニア新書 2019)

著者:中澤 篤史[なかざわ・あつし] (1979-) スポーツ社会学。 著者:内田 良[うちだ・りょう] (1976-) 教育社会学。 カバー・章扉 イラスト:賀茂川[かもがわ] 3章・おわりに イラスト:大庫 真理[おおご・まり]https://www.marioogo.com/ 「ハッピ…

『教育格差――階層・地域・学歴』(松岡亮二 ちくま新書 2019)

著者:松岡 亮二[まつおか・りょうじ] 教育社会学。教育格差 (ちくま新書)作者:松岡 亮二発売日: 2019/07/05メディア: 新書教育格差 ──階層・地域・学歴 (ちくま新書)作者:松岡亮二発売日: 2019/07/26メディア: Kindle版【目次】 目次 [003-010] はじめに …

『アメリカの大学の裏側』(Aki Roberts, 竹内洋 朝日新書 2017)

著者:Aki Roberts(1972-) 著者:竹内 洋 (1942-) 地図制作:鳥元真生アメリカの大学の裏側 「世界最高水準」は危機にあるのか? (朝日新書)作者:アキ ロバーツ,竹内洋発売日: 2017/01/13メディア: 新書【目次】 はじめに(アキ・ロバーツ) [003-008] 目次 […

『〈高卒当然社会〉の戦後史――誰でも高校に通える社会は維持できるのか』(香川めい,児玉英靖,相澤真一 新曜社 2014)

〈高卒当然社会〉の戦後史 作者: 香川めい,児玉英靖,相澤真一 出版社: 新曜社 発売日: 2014/07/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 【目次】 はじめに 「高校に通えることが当たり前の社会」の成り立ち――高校教育機会の提供構造とは(著者を代…

『子どもを信じること』(田中茂樹 大隅書店 2011)

著者:田中 茂樹(1965-) 医師・臨床心理士。高次脳機能の研究。地域医療・カウンセリング。装画:岡田 千晶装丁:加藤 恒彦 子どもを信じること 作者: 田中茂樹 出版社: 大隅書店 発売日: 2011/09/10 メディア: 単行本 購入: 3人 クリック: 19回 この商品を…

『保育園義務教育化』(古市憲寿 小学館 2015)

著者:古市 憲寿[ふるいち・のりとし] (1985-) 社会学。小説、評論。保育園義務教育化作者:古市 憲寿発売日: 2015/07/01メディア: 単行本【目次】 この本の読み方 [003] 目次 [004-007] はじめに 「お母さん」が「人間」だって気づいてますか? 008 親が人…

『反教養の理論〈叢書・ウニベルシタス〉』(Konrad Paul Liessmann[著] 斎藤成夫,齋藤直樹[訳] 法政大学出版局 2017//2017)

原題:Theorie der Unbildung : Die Irrtümer der Wissensgesellschaft 著者:Konrad Paul Liessmann 訳者:斎藤 成夫 訳者:齋藤 直樹反教養の理論 (叢書・ウニベルシタス)作者: コンラート・パウルリースマン,Konrad Paul Liessmann,斎藤成夫,齋藤直樹出版…

『高校図書館――生徒がつくる、司書がはぐくむ』(成田康子 みすず書房 2013)

著者:成田 康子[なりた・やすこ] (1955-) 司書。高校図書館―― 生徒がつくる、司書がはぐくむ作者:成田 康子出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2013/11/07メディア: 単行本【目次】 はじめに(二〇一三年一〇月) [ii-v] 目次 [vi-xi] I 札幌月寒[つきさ…

『包摂と排除の教育学――戦後日本社会とマイノリティへの視座』(倉石一郎 生活書院 2009)

著者:倉石 一郎[くらいし・いちろう] 教育学、教育社会学。包摂と排除の教育学―戦後日本社会とマイノリティへの視座作者: 倉石一郎出版社/メーカー: 生活書院発売日: 2009/12/01メディア: 単行本 クリック: 9回この商品を含むブログを見る【目次】 目次 […

『立志・苦学・出世――受験生の社会史』(竹内洋 講談社学術文庫 2015//1991)

著者:竹内 洋立志・苦学・出世 受験生の社会史 (講談社学術文庫)作者:竹内 洋発売日: 2015/09/11メディア: 文庫【目次】 はじめに [003-006] 目次 [007-010] 第一章 受験生の一日──明治四〇年七月九日 013 第一高等学校入試会場 英語の問題と受験生の対処法…

『女子読みのススメ』(貴戸理恵 岩波ジュニア新書 2013)

著者:貴戸 理恵[きど・りえ] (1978-) 社会学。女子読みのススメ (岩波ジュニア新書)作者:貴戸 理恵発売日: 2013/09/21メディア: 新書【目次】 はじめに [iii-vii] 目次 [ix-xi] I 教室という宇宙船 001 私の居場所はどこ?/教室のヒエラルキー/強固な物…

『大学の誕生〈下〉――大学への挑戦』(天野郁夫 中公新書 2009)

大学の誕生〈下〉大学への挑戦 (中公新書)作者:天野 郁夫発売日: 2009/06/01メディア: 新書【目次】 目次 [i-xi] 第六章 「東西両京の大学」 003 一、官立諸学校の増設 003 官立諸学校と専門学校令 実業専門学校の増設 二、中学校卒業者の進学状況 007 高等…

『大学の誕生〈上〉――帝国大学の時代』(天野郁夫 中公新書 2009)

著者:天野 郁夫[あまの・いくお] (1936-) 教育社会学。大学の誕生〈上〉帝国大学の時代 (中公新書)作者:天野 郁夫発売日: 2009/05/01メディア: 新書 【目次についての注:ノンブル】 中公新書では通常、硬い表紙をめくった最初のページ(国籍不明の老爺の…

『検証・学歴の効用』(濱中淳子 勁草書房 2013)

著者:濱中 淳子[はまなか・じゅんこ] (1974-) 教育社会学。検証・学歴の効用作者:濱中 淳子発売日: 2013/06/20メディア: 単行本【目次】 はしがき――個人がコントロールできる数少ない地位達成手段「教育」 [i-v] 目次 [vii-xiii] 序章 学歴不信社会の到来…

『学力の社会学――調査が示す学力の変化と学習の課題』(苅谷剛彦,志水宏吉[編] 岩波書店 2004)

学力の社会学―調査が示す学力の変化と学習の課題発売日: 2004/12/22メディア: 単行本[執筆者] 苅谷 剛彦[カリヤ タケヒコ] 志水 宏吉[シミズ コウキチ] 耳塚 寛明[ミミズカ ヒロアキ] 諸田 裕子[モロタ ユウコ] 清水 睦美[シミズ ムツミ] 本田 …

『「学力」の経済学』(中室牧子 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015)

著者:中室牧子[なかむろ・まきこ] 教育経済学。「学力」の経済学作者: 中室牧子出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2015/06/18メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (49件) を見る【目次】 はじめに [001-007] …

『幼児教育の経済学』(J. J. Heckman[編著] 古草秀子[訳] 東洋経済新報社 2015//2013)

原題:Giving Kids a Fair Chance (The MIT Press) 編著者:James Joseph Heckman(1944-) フォーラム参加者: Mike Rose カリフォルニア大学ロサンゼルス校大学院教育・情報学部教授。 Robin West ジョージタウン大学法律センター法学および哲学教授。 Charl…

『本を読む本』(Mortimer J. Adler, Charles Van Doren[著] 外山滋比古[訳] 講談社学術文庫 1997//1972//1940)

原題:HOW TO READ A BOOK: The Art of Getting a Liberal Education 著者:Mortimer J. Adler(哲学) 著者:Charles Van Doren(英文学) 訳者:外山 滋比古(英文学、評論)本を読む本 (講談社学術文庫)作者:J・モーティマー・アドラー,V・チャールズ・ド…

『日本人のしつけは衰退したか――「教育する家族」のゆくえ』(広田照幸 講談社現代新書 1999)

著者:広田 照幸[ひろた・てるゆき] (1959-) 教育社会学、教育史。日本人のしつけは衰退したか (講談社現代新書)作者:広田 照幸発売日: 1999/04/15メディア: 新書 【目次】 目次 [003-006] 序章 家庭のしつけは衰退してきているのか? 007 「家庭の教育力…

『学歴社会の法則――教育を経済学から見直す』(荒井一博 光文社新書 2007)

著者:荒井一博(1949-) ミクロ経済学・日本経済論。 内容:前半で人的資本やシグナリング等基礎的な概念を説明しつつ、教育についての先行研究の紹介。最後に著者の提案。学歴社会の法則 教育を経済学から見直す (光文社新書)作者:荒井 一博発売日: 2007/12/…

『増補 試験の社会史――近代日本の試験・教育・社会』(天野郁夫 平凡社ライブラリー 2007//1983)

著者:天野 郁夫[あまの・いくお](1936-) 教育社会学。 解説:園田 英弘[そのだ・ひでひろ](1947-2007) 日本社会史、比較社会学。増補 試験の社会史 (平凡社ライブラリー)作者:天野郁夫発売日: 2007/02/12メディア: オンデマンド (ペーパーバック)【目次…

『競争社会をこえて――ノー・コンテストの時代』(Alfie Kohn[著] 山本啓,真水康樹[訳] 法政大学出版局 1994//1986,1992)

原題:No Contest: The Case Against Competition (Revised Edition) 著者:Alfie Kohn(1957-) 教育学、評論。 訳者:山本 啓[やまもと・ひらく] (1947-) 政治学,思想史,社会理論。 訳者:真水 康樹[ますい・やすき] (1959-) 政治学,中国政治制度史。…

『知の技法――東京大学教養学部「基礎演習」テキスト』(小林康夫,船曳建夫[編] 東京大学出版会 1994)

編者:小林 康夫[こばやし・やすお] 編者:船曳 建夫[ふなびき・たけお]知の技法: 東京大学教養学部「基礎演習」テキスト発売日: 1994/04/08メディア: 単行本【目次】 はじめに(1994年2月18日 小林康夫 船曳建夫) [i-iii] 目次 [iv-v] 第I部 学問の行…

『柔道事故』(内田良 河出書房新社 2013)

著者:内田 良柔道事故作者:内田 良発売日: 2013/06/21メディア: 単行本 【目次】 目次 [001-005] はじめに 009 第1章 柔道事故の実態と特徴 019 1 部活動の死亡率 020 2 死亡事故の分析 031 3 負傷事故の分析 044 第2章 事故はなぜ起きるのか 059 1 …

『「使える」教育心理学〈増補改訂版〉』(安齊順子,荷方邦夫[編著] 北樹出版 2012//2009)

「使える」教育心理学作者:安齊 順子,荷方 邦夫出版社/メーカー: 北樹出版発売日: 2012/04メディア: 単行本【目次】 監修と編集の言葉(2009年3月10日 服部環 監修 安齊順子・荷方邦夫 編著) [003] 目次 [004-008] 序章 教育心理学とは 010 第1節 教育心理…