contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『説得の論理 3つの技法』(草野耕一 日経ビジネス人文庫 2003//1997)

著者:草野 耕一[くさの・こういち](1955-) 弁護士。最高裁判所判事。 ブックデザイン:鈴木成一デザイン堂 カバーイラスト:ワタナベ ケンイチ 備考:『日本人が知らない 説得の技法』(講談社 1997年5月刊行)を文庫化にあたって改題。 NDC:361.3 社会…

『こうして知財は炎上する――ビジネスに役立つ13の基礎知識』(稲穂健市 NHK出版新書 2018)

著者:稲穂 健市[いなほ・けんいち] 著作権法。弁理士。(米国)公認会計士。 校閲:猪熊 良子 図表作成:手塚 貴子 NDC:507.2 技術、工学 >> 研究法、指導法、技術教育 NHK出版新書 558 こうして知財は炎上する ビジネスに役立つ13の基礎知識 | NHK出…

『ロールズ正義論入門』(森田浩之 論創社 2019)

著者:森田 浩之[もりた・ひろゆき](1966-) NDC:321.1 法哲学。 ロールズ正義論入門 | 論創社 ロールズ正義論入門作者:森田浩之論創社Amazon 【目次】 まえがき [i-iii] 目次 [v-vii] 第1章 平等な自由 第1節 「自由」の定義 002 第2節 「正しいこと」を…

『AIの時代と法』(小塚荘一郎 岩波新書 2019)

著者:小塚 荘一郎[こづか・そういちろう] 商法。会社法。 NDC:007.13 情報科学(人工知能、パターン認識) AIの時代と法 - 岩波書店AIの時代と法 (岩波新書)作者:荘一郎, 小塚岩波書店Amazon 【目次】 はしがき [i-iii] 目次 [v-vii] 第1章 デジタル技術…

『職場のハラスメント――なぜ起こり、どう対処すべきか』(大和田敢太 中公新書 2018)

著者:大和田 敢太[おおわだ・かんた] (1949-) フランス労働法。 NDC:336.49 職場の人間関係.ビジネス マナー NDC:366.3 労働条件.労働者の保護 職場のハラスメント|新書|中央公論新社 職場のハラスメント なぜ起こり、どう対処すべきか (中公新書)…

『タバコ吸ってもいいですか――喫煙規制と自由の相剋〈法と哲学新書〉』(児玉聡 奥田太郎 後藤励 亀本洋 井上達夫 信山社 2020)

編者:児玉 聡[こだま・さとし](1974-) 著者:奥田 太郎[おくだ・たろう](1973-) 著者:後藤 励[ごとう・れい] 著者:亀本 洋[かめもと・ひろし](1957-) 著者:井上 達夫 [いのうえ・たつお](1954-) シリーズ:法と哲学新書;1 NDC:369.81 禁酒・…

『マトリ――厚労省麻薬取締官』(瀬戸晴海 新潮新書 2020)

著者:瀬戸 晴海[せと・はるうみ] 図版制作:ブリュッケ 初出:『新潮45』(2018年)マトリ 厚労省麻薬取締官 (新潮新書)作者:瀬戸 晴海発売日: 2020/01/16メディア: 新書【目次】 まえがき [003-010] 目次 [011-013] 第1章 「マトリ」とは何者か 014 総力を…

『ドラッグ・コート――アメリカ刑事司法の再編』(James L. Nolan, Jr.[著] 小沼杏坪[監訳] 妹尾栄一,小森榮[訳] 丸善プラネット 2006//2001)

原題:Reinventing Justice: the American Drug Court Movement (Princeton University Press, 2001) 著者:James L. Nolan Jr. 社会学。 監訳:小沼 杏坪[こぬま・きょうへい](1941-2015) 精神科医。薬物依存の予防・社会復帰に関する臨床的研究、薬物乱…

『人事と法の対話――新たな融合を目指して』(守島基博, 大内伸哉 有斐閣 2013)

著者:守島 基博[もりしま・もとひろ] 人材マネジメント論。 著者:大内 伸哉[おおうち・しんや] 労働法。 鼎談ゲスト:二宮 大祐〔イオン㈱グループ人事部〕 鼎談ゲスト:澤和 宏〔㈱ベネッセコーポレーション人財部〕 鼎談ゲスト:川上 憲人〔東京大学…

『不法移民はいつ〈不法〉でなくなるのか――滞在時間から滞在権へ』(Joseph H. Carens[著] 横濱竜也[訳] 白水社 2017//2010)

原題:Immigrants and the Right to Stay ,The MIT Press. 著者:Joseph H. Carens 政治学。 訳者:横濱 竜也[よこはま・たつや] 鼎談参加者:井上 彰[いのうえ・あきら](1975-) 政治哲学。 鼎談参加者:谷口 功一[たにぐち・こういち](1973-) 法哲学…

『グリッドロック経済――多すぎる所有権が市場をつぶす』(Michael A. Heller[著] 山形浩生,森本正史[訳] 亜紀書房 2018//2008)

原題:The Gridlock Economy: How Too Much Ownership Wrecks Markets, Stops Innovation, and Costs Lives (2008)著者:Michael A. Heller訳者:山形 浩生訳者:森本 正史版元〈http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=869〉 グリッドロック経済――多…

『戸籍と無戸籍――「日本人」の輪郭』(遠藤正敬 人文書院 2017)

著者:遠藤 正敬[えんどう・まさたか] (1972-) 政治学、日本政治史、東アジア国際関係史。戸籍と無戸籍――「日本人」の輪郭作者:遠藤 正敬出版社/メーカー: 人文書院発売日: 2017/05/20メディア: 単行本【目次】 目次 [001-010] 凡例 [012] 序章 「無戸籍」…

『リバタリアンはこう考える――法哲学論集』(森村進 信山社 2013)

著者:森村 進[もりむら すすむ](1955-) 法哲学。 リバタリアンはこう考える - 信山社出版株式会社 【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】 リバタリアンはこう考える: 法哲学論集 (学術選書)作者:森村 進信山社Amazon 【目次】 序文(二〇一二年師走…

『知財の正義』(Robert P. Merges[著] 山根崇邦,前田健,泉卓也[訳] 勁草書房 2017//2011)

原題:JUSTIFYING INTELLECTUAL PROPERTY 著者:Robert P. Merges 訳者:山根 崇邦[やまね・たかくに] 知的財産法。 訳者:前田 健[まえだ・たけし] 特許法。 訳者:泉 卓也[いずみ・たくや] 知的財産法、理学修士(地球惑星物理学)、気象予報士。 ※ …

『雇用は契約――雰囲気に負けない働き方』(玄田有史 筑摩選書 2018)

著者:玄田 有史[げんだ・ゆうじ] (1964-) 労働経済学、計量経済学。雇用は契約 (筑摩選書)作者:有史, 玄田発売日: 2018/03/14メディア: 単行本(ソフトカバー)【目次】 目次 [003-006] はじめに [009-013] 第1章 「正規」の曖昧 015 ひとりの男性の言葉…

『リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください――井上達夫の法哲学入門』(井上達夫 毎日新聞出版 2015)

著者:井上 達夫[いのうえ・たつお] (1954-) 法哲学。 聞き手:毎日新聞記者リベラルのことは嫌いでも、リベラリズムは嫌いにならないでください--井上達夫の法哲学入門作者:井上 達夫出版社/メーカー: 毎日新聞出版発売日: 2015/06/15メディア: 単行本【…

『刑法入門』(山口厚 岩波新書 2008)

著者:山口 厚刑法入門 (岩波新書)作者:山口 厚発売日: 2008/06/20メディア: 新書【目次】 はしがき [i-iv] 目次 [v-vii] 第一章 犯罪と刑罰とは何なのか 001 1 罪と罰 002 犯罪となんだろうか/日本の刑罰とは/死刑/自由刑――懲役・禁錮・拘留/刑の執行を…

『「自白」はつくられる――冤罪事件に出会った心理学者』(浜田寿美男 ミネルヴァ書房 2017)

著者:浜田 寿美男[はまだ・すみお](1947-) 発達心理学。法と心理学。 シリーズ:叢書・知を究める;10 NDC:327.62 強制執行.証拠法:押収,鑑定,検証,勾引,拷問,勾留,自白,召喚,証言,証拠保全,証人,尋問,捜索,保釈 https://www.minervashob…

『ケースからはじめよう 法と経済学――法の隠れた機能を知る』(福井秀夫 日本評論社 2007)

著者:福井 秀夫[ふくい・ひでお] ケースからはじめよう 法と経済学―法の隠れた機能を知る作者:福井 秀夫発売日: 2007/09/01メディア: 単行本【目次】 はじめに(2007年8月 福井秀夫) [iii-viii] 目次 [ix-xv] 凡例 [xvi] 序章 「法と経済学」のすすめ 00…

『日本人の法意識』(川島武宜 岩波新書 1967)

著者:川島 武宜[かわしま・たけよし] (1909- 1992) 民法、法社会学。弁護士。 NDC:320.4 法律 NDC:321 法学 日本人の法意識 - 岩波書店 日本人の法意識 (岩波新書 青版A-43)作者:川島 武宜岩波書店Amazon 【目次】 はしがき(一九六七年三月一日 川島武…

『ヘイト・スピーチの法的研究』(金尚均[編] 法律文化社 2014)

編著者:金 尚均(1967-) 刑法。『ヘイト・スピーチの法的研究』金尚均 -書籍紹介-京都の法律文化社- ヘイト・スピーチの法的研究作者:金 尚均,森千香子,安田浩一,中村一成,遠藤比呂通,小谷順子,櫻庭 総法律文化社Amazon 【目次】 はじめに [i-iii] 目次 [iv-…

『絶望の裁判所』(瀬木比呂志 講談社現代新書 2014)

著者:瀬木 比呂志[せぎ・ひろし] (1954-) 裁判官。民事訴訟法。絶望の裁判所 (講談社現代新書)作者:瀬木 比呂志出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/02/19メディア: 新書【目次】 はしがき――絶望の裁判所 [003-009] 目次 [010-012] 第1章 私が裁判官をや…

『憲法の条件――戦後70年から考える』(木村草太,大澤真幸 NHK出版新書 2015)

著者:木村 草太 著者:大澤 真幸 NHK出版新書 452 憲法の条件 戦後70年から考える | NHK出版憲法の条件 戦後70年から考える (NHK出版新書)作者:大澤 真幸,木村 草太NHK出版Amazon 【目次】 まえがき 大澤真幸 [003-008] 目次 [009-013] 第1章 「法の支…

『法学再入門 秘密の扉――民事法篇』(木庭顕 有斐閣 2016)

著者:木庭 顕[こば・あきら] (1951-) ローマ法。 NDC:321 : 法学 法学再入門 秘密の扉―民事法篇 | 有斐閣法学再入門 秘密の扉―民事法篇作者:木庭 顕有斐閣Amazon 【目次】 はしがき(2016年3月 木庭顕) [i-iii] 目次 [iv-x]口上 001 第一話 占有,その…

『暴力の解剖学――神経犯罪学への招待』(Adrian Raine[著] 高橋洋[訳] 紀伊國屋書店 2015//2013)

原題:The Anatomy of Violence: The Biological Roots of Crime 著者:Adrian Raine 犯罪学、精神医学。“神経犯罪学”。 訳者:高橋 洋 翻訳家。暴力の解剖学: 神経犯罪学への招待作者:エイドリアン レイン発売日: 2015/02/26メディア: 単行本【目次】 題辞 …

『世界正義論』(井上達夫 筑摩選書 2012)

著者:井上 達夫[いのうえ・たつお] (1954-) 法哲学。 筑摩書房 世界正義論 / 井上 達夫 著 世界正義論 (筑摩選書)作者:達夫, 井上筑摩書房Amazon 【目次】 目次 [003-009] まえがき 013 第一章 世界正義論の課題と方法 023 第一節 世界法の理論から世界正…

『内部告発の時代』(深町隆,山口義正 平凡社新書 2016)

著者:深町 隆[ふかまち・たかし] オリンパス事件の第一通報者、現役社員。 著者:山口 義正[やまぐち・よしまさ] (1967-) 経済ジャーナリスト。新書813内部告発の時代 (平凡社新書)作者:隆, 深町,義正, 山口発売日: 2016/05/13メディア: 新書 自分が属…

『憲法への招待 新版』(渋谷秀樹 岩波新書 2014//2001)

著者:渋谷 秀樹[しぶたに・ひでき] (1955-) 憲法学。 憲法への招待 新版 - 岩波書店 憲法への招待 新版 (岩波新書)作者:渋谷 秀樹岩波書店Amazon 【目次】 はじめに [i-vi] 目次 [vii-ix] 第1章 憲法とは何か 001 01 聖徳太子の十七条憲法は「憲法」か 00…

『インターネット法』(松井茂記,鈴木秀美,山口いつ子[編] 有斐閣 2015)

編著者:松井 茂記 編著者:鈴木 秀美 編著者:山口 いつ子 著者:小倉 一志 著者:木村 真生子 著者:駒田 泰土 著者:宍戸 常寿 著者:曽我部 真裕 著者:長田 真里 著者:西土 彰一郎 著者:森田 果 著者:山本 龍彦 著者:渡邊 卓也 インターネット法 | …

『ヘイト・スピーチという危害』(Jeremy Waldron[著] 谷澤正嗣, 川岸令和[訳] みすず書房 2015//2012)

原題:THE HARM IN HATE SPEECH 著者:Jeremy Waldron(1953-) 憲法学、法哲学、政治理論。 訳者:谷澤 正嗣[やざわ・まさつぐ] (1967-) 現代政治理論。 訳者:川岸 令和[かわぎし・のりかず] (1962-) 憲法学。 NDC:316.1 国家と個人:基本的人権,自由…