contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『タバコ吸ってもいいですか――喫煙規制と自由の相剋〈法と哲学新書〉』(児玉聡 奥田太郎 後藤励 亀本洋 井上達夫 信山社 2020)

編者:児玉 聡[こだま・さとし](1974-) 
著者:奥田 太郎[おくだ・たろう](1973-) 
著者:後藤 励[ごとう・れい] 
著者:亀本 洋[かめもと・ひろし](1957-) 
著者:井上 達夫 [いのうえ・たつお](1954-) 
シリーズ:法と哲学新書;1
NDC:369.81 禁酒・禁煙運動


タバコ吸ってもいいですか ― 喫煙規制と自由の相剋 - 信山社出版株式会社 【伝統と革新、学術世界の未来を一冊一冊に】


【目次】
はしがき(二〇二〇年九月末 コロナ禍で静かな吉田キャンパスの研究室にて 児玉聡) [iii-x]
目次 [xi-xiv]


喫煙はどこまで個人の自由か――喫煙の倫理学〔児玉 聡〕 003
1 喫煙と倫理学 003
  禁煙談義のレベル分け
  喫煙の害に関するエビデンス
  喫煙規制の三つの立場
  他者危害原則とパターナリズム

2 喫煙は個人の自由であるため公共空間で規制はしないという主張 009
  禁煙に関する一昔前の論調
  「受忍限度論」と世論に訴える論法
  現在の議論とどこが違うか

3 公共空間では規制し、私的空間でしか喫煙はできないという主張 014
  今日の日本の喫煙規制
  今日の議論の争点
  みなが喫煙に同意していれば問題ないか?
  「たばこは文化だから禁止すべきでない」か?
  未成年者の喫煙は許されるか?

4 私的空間でも公共空間でも禁煙すべきという主張 024
  私的空間における喫煙:ミルの立場
  私的空間における喫煙:グッディンの立場
  喫煙者はたばこのリスクを知っているのか?
  成人は自発的に喫煙しているのか?
  グッディンの議論に対する
  反論の検討
  どのような規制が望ましいか
  まとめ
文献一覧 038
註釈 040


喫煙しない自由からの闘争 ――喫煙規制問題を倫理学する〔奥田太郎〕 045
  タバコ問題の現代史
1 日本における喫煙規制の最前線 048
 (1) 東京都受動喫煙防止条例 
  規制対象施設の分類
 (2) 改正健康増進法 
  改正健康増進法の基本的な考え方
  旧健康増進法からの変更点 

2 喫煙規制強化は倫理的に妥当か 056
  議論の文脈
 (1) 他者への危害を考える
  喫煙者と非喫煙者の立ち位置
  喫煙する権利ときれいな空気を吸う権利の非対等性
  受動喫煙の自発性と喫煙する権利
  喫煙する権利を行使するコスト
 (2) 自己への危害を考える
  喫煙者は体に悪いと知っている
  喫煙者は体に悪いとわかったうえで喫煙している?

3 喫煙規制強化に隠された倫理的問題 069
  見えなくなっている理由を疑え
  特定の人間の否定をもたらす危険性
 (1) 喫煙者をめぐる言説 
  喫煙者への人格批判
  不合理で無節操な人物という喫煙者イメージ
  喫煙者のポジティブなイメージ
  タバコというアイテムの不思議
  タバコは文化の問題か、喫煙者のライフスタイルの問題か
 (2) 喫煙者の自律と禁煙の自由 
  嗜癖問題への二つのアプローチ
  第三のアプローチの可能性
  タバコ問題における治療モデルのアプローチ
  タバコ問題における社会モデルのアプローチ
  社会経済的要因を見て何が分かるか
  社会モデルのアプローチが取りこぼすもの
  第三のアプローチ
  禁煙の愉しみと喫煙者の関わり
  喫煙者を脱喫煙者化しない
  禁煙の自由が示す論理学的機微
文献一覧 092
註釈 094


医療経済学の立場から見た喫煙と喫煙対策〔後藤 励〕 095
1 経済学から見たアディクション 096
  合理的アディクションモデル
2 健康被害の不確実性と個人の楽観性の違いを考慮したモデル 101
3 禁煙先延ばしのモデル化 104
4 個人内葛藤を考慮に入れたモデル 108
5 行動経済学の発展 111
  情報内容によって選択が変わる(フレーミング効果)
  プロスペクト理論
6 アディクションの経済理論と喫煙対策 119
  合理的アディクションモデルに基づく喫煙対策
  他者への迷惑「外部性」に加え将来の自分への迷惑「内部性」も考慮する
  インセンティブ付与:期待したほど効果はない?
  ナッジ:少し変えるだけで効果が?
  自制と規制のバランス
  個々人の行動のクセに応じた行動変容デザイン
文献一覧 132


ある喫煙者の反省文〔亀本 洋〕 137
1 喫煙の自由から病気へ 137
2 嫌煙権訴訟 138
  (1) 禁煙車両設置請求
  (2) 人格権侵害に基づく差止請求
  (3) 受忍限度論
3 危害原理と権利 144
  (1) 自由と権利 
  (2) 危害原理と権利侵害なき損害 
  (3) 権利の二つの用法 
4 公衆衛生の立場 147
  (1) 公衆衛生と危害原理 
  (2) 改正健康増進法 
5 喫煙をめぐる社会情勢の変化 151
6 喫煙者の現在 153
文献一覧 154
註釈 160


ネオ・ピューリタニズムに抗して ―― 喫煙の人生論と法哲学井上達夫〕 163
 前篇 我が〈喫煙人生劇場〉164
1 第一幕――生真面目な喫煙者 164
2 第二幕――快楽主義的非喫煙者 167
3 第三幕――充足的葉巻愛用者 172
  (1) 葉巻との出会い――本郷とベルリン 
  (2) 「充足的喫煙」思想へ 
  (3) ロバート・ノージックとの会食の思い出 
4 第四幕―― 一病息災の摂生者 184


 後篇 喫煙者と非喫煙者の公正な共生のために187  
5 分煙の正義 187
  (1) 反卓越主義と危害原則――基底原理としての正義概念 
  (2) 分煙規制の民主的正統性保障――「目的を欺く手段」の批判的統制 
6 「分煙」の仮面をつけた「排煙」 194
  (1) 改正健康増進法と東京都受動喫煙防止条例の規制目的と規制手段 
  (2) 分煙目的のためのより効果的で公正なLRA ――国法・都条例の基本指針の欺瞞性 
  (3) 基本指針の例外的緩和・例外的強化の無用性と無根拠性 
  (4) 国法・都条例の違憲性 
7 ネオ・ピューリタニズムに抗して 217
  (1) 「魔女狩り」としての排煙 
  (2) ネオ・ピューリタニズムの精神構造


結語――〈それ〉は足音も立てず忍び寄り、密かに増殖し、いつの間にか私たちを支配する 230


執筆者紹介 [246]




【関連記事】

◆経済学
・依存財としてのタバコについて。後半部(理論編)では、いわゆる合理的経済人モデルと行動経済学的なモデルの2つを対比させている。本書でも参照されている。
『喫煙と禁煙の健康経済学――タバコが明かす人間の本性』(荒井一博 中公新書ラクレ 2012)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20201013/1602514800


・無標な健康経済学(医療経済学)のテキスト。とくに「第6章 消費者の需要に対する政府の介入」で、リバタリアンパターナリズムやナッジについての議論が載っている。
『健康経済学――市場と規制のあいだで』(後藤励,井深陽子 有斐閣 2020)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20201017/1602860400


・初期の行動経済学のテキスト。下記の一節では、依存性のある財と喫煙者の一見非合理的な選択を、双曲的割引モデルで分析している。その部分は下記リンク先で抜粋してある。
 「タバコ・麻薬中毒は合理的か否か?」(pp. 199-201)

行動経済学入門』(多田洋介 日経文庫 2014//2003)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20150125/1422111600


行動経済学の知見を現実の政策に適用してゆくときの「実際」を、サンスティーン先生が教えてくれる。
『命の価値――規制国家に人間味を』(Cass Sunstein[著] 山形浩生[訳] 勁草書房 2017//2014)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20191001/1569855600



◆医学・疫学
・禁煙運動や、たばこ産業界と医学界との間の長年の応答が載っている。また「平山論文」の受容についても詳しい。
『本当のたばこの話をしよう――毒なのか薬なのか』片野田耕太 日本評論社 2019)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20201005/1601823600


・日本禁煙学会の作成。このテキストは果たして、井上達夫の言うところの、「パターナリズム」・「ネオ・ピューリタニズム」の権現なのだろうか。ただし執筆者によって、喫煙の自由に対するスタンスは異なる。
『禁煙学 第4版』(日本禁煙学会[編] 南山堂 2019//2007)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20201009/1602169200


アディクション研究の包括的なテキスト。入江智也「12 タバコ」は、(禁煙サイドに寄り過ぎず)中立的な記述。
アディクションサイエンス――依存・嗜癖の科学』(宮田久嗣,高田孝二,池田和隆,廣中直行[編] 朝倉書店 2019)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20201029/1603897200


◆法学(または社会運動)
・日本での喫煙規制の歩み。本書でも度々参照されている。
『現代たばこ戦争』(伊佐山芳郎 岩波新書 1999)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20081113/1226502000


・第3章に、法学・政治学からの嗜好品へのアプローチとして、法社会学者・佐藤憲一(千葉工業大学https://researchmap.jp/7000007046)による寄稿が載っている。数ページと短いが、「嗜好品の自由と規制」・「自由主義の元でのたばこ運動」といった点に触れている。

『嗜好品文化を学ぶ人のために』(高田公理・嗜好品文化研究会[編] 世界思想社 2008)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200913/1600002000
 


科学技術社会論(またはクリティカル・シンキング教育)
 学部生向けテキストで、テーマの一つが喫煙と規制。「ユニット3 喫煙を認めるか否か」(pp.58-82)では、日本のタバコ規制の主要な論点が整理されている。下の記事では冒頭のみ抜粋している。

『科学技術をよく考える――クリティカルシンキング練習帳』(伊勢田哲治ほか[編] 名古屋大学出版会 2013)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20130629/1372431600


◆その他

・必読。本書でも参照されている。
『煙草は崇高である』(Richard Klein[著] 太田晋 谷岡健彦[訳] 太田出版 1997//1993)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200929/1601319600


・タイトル通り、通念に対して挑戦的な本。編者による「第1章 イントロダクション」では、種々の主義や道徳が「健康」という言葉で覆い隠されていることを端的に指摘している。
『不健康は悪なのか――健康をモラル化する世界』(Jonathan M. Metzl, Anna Kirkland[編] 細澤仁ほか[訳] みすず書房 2015//2010)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20160927/1473914820


『女性とたばこの文化誌――ジェンダー規範と表象』(舘かおる[編] 世織書房 2011)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20111009/1318086000