contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『嗜好品文化を学ぶ人のために』(高田公理・嗜好品文化研究会[編] 世界思想社 2008)

編者:嗜好品文化研究会[しこうひんぶんかけんきゅうかい]
著者:井野瀬 久美惠 (甲南大学文学部教授)
著者:太田 心平 (国立民族学博物館准教授)
著者:斎藤 光  (京都精華大学ポピュラーカルチャー学部教授)
著者:白幡 洋三郎 (国際日本文化研究センター名誉教授・中部大学人文学部特任教授)
著者:高田 公理  (武庫川女子大学名誉教授)   代表幹事
著者:近田 仙之  (公益財団法人たばこ総合研究センター専務理事・研究所長)
著者:疋田 正博  (株式会社シィー・ディー・アイ代表取締役
著者:藤本 憲一  (武庫川女子大学生活環境学部情報メディア学科教授)  幹事。
装丁:井上 二三夫[いのうえ・ふみお] ブックデザイナー。
NDC:383.8 飲食史[食制]


嗜好品文化を学ぶ人のために - 世界思想社


【目次】
目次 [i-vi]


序章 嗜好品文化研究への招待[高田公理] 001


1 多様なる嗜好品の世界 

コーヒー [臼井隆一郎] 016
茶・紅茶 [井野瀬久美惠] 023
酒・アルコール飲料 [高田公理] 031
たばこ [高田公理] 038
清涼飲料水 [赤岡仁之] 046
カカオ・チョコレート [北條ゆかり] 053
菓子 [加藤ゆうこ] 062
香辛料 [疋田正博] 068
ビンロウ [野林厚志] 071
コーラ [江口一久] 076
カヴァ [山本真鳥] 080
カート [佐藤寛] 085


2 広がりゆく嗜好品の世界 

ハチミツ [澤田昌人] 094
砂糖 [井野瀬久美惠] 098
香水 [上野吉一] 102
お香 [畑正高] 106
油脂 [伏木亨] 112
水 [疋田正博] 115
塩 [澤田昌人] 118
音楽 [小川博司] 122
ケータイ [藤本憲一] 126


3 嗜好品文化へのアプローチ 

歴史学 [井野瀬久美惠] 132
文化人類学 [栗田靖之] 137
経済学・経営学 [日置弘一郎] 142
法学・政治学 [佐藤憲一] 147
社会学 [藤本憲一] 153
宗教学 [中牧弘允] 158
文学 [臼井隆一郎] 163
心理学 [上野吉一] 169
生理学 [山本隆] 175
植物学 [白幡洋三郎] 181


4 嗜好品文化研究の古典 

臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』  [井野瀬久美惠] 188
小林章夫『コーヒー・ハウス』 [井野瀬久美惠] 190
広瀬幸雄・星田宏司『増補・コーヒー学講義』 [栗田靖之] 192
岡倉天心茶の本』 [藤本憲一]  194
谷晃『わかりやすい茶の湯の文化』 [栗田靖之] 196
角山榮『茶の世界史』 [井野瀬久美惠] 198
麻井宇介『比較ワイン文化考』 [疋田正博] 200
石毛直道編『論集 酒と飲酒の文化』 [高田公理] 202
坂口謹一郎『日本の酒』 [白幡洋三郎] 204
米山俊直・吉田集而ほか編『アベセデス・マトリクス』 [藤本憲一] 206
上野賢實『タバコの歴史』 [高田公理] 208
グッドマン『タバコの世界史』 [白幡洋三郎] 210
ペンダグラスト『コカ・コーラ帝国の興亡』 [疋田正博] 212
ウォーバートン&シャーウッド編『ストレスと快楽』 [白幡洋三郎] 214
コルバン『においの歴史』 [藤本憲一] 216
シヴェルブシュ『楽園・味覚・理性』 [高田公理] 218
ドッジ『世界を変えた植物』 [白幡節子] 220
松浦いね・たばこ総合研究センター編『世界嗜好品百科』 [疋田正博] 222
ワインバーグ&ビーラー『カフェイン大全』 [栗田靖之] 224


終章 嗜好品文化研究の発展のために[高田公理] 227


嗜好品文化を学ぶための文献リスト [249-239]
執筆者紹介 [252-250]
編者紹介 [253]




【関連記事】


『ハッパノミクス――麻薬カルテルの経済学』(Tom Wainwright[著] 千葉敏生[訳] みすず書房 2017//2016)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20201205/1536339900


『植物はなぜ薬を作るのか』(斉藤和季 文春新書 2017)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200909/1599577200





【抜き書き】

・用語について。

 そこで「嗜好品」である。辞典的知識によると「嗜好品」とは「栄養摂取を目的とせず、香味や刺激を得るための飲食物」(『広辞苑』)だとされる。その代表には「酒・茶・紅茶・コーヒー・タバコ」などがあげられることが多い。
 これらは、さしあたり口から摂取される「飲食物」である。しかし、定義からもわかるように「生存にとっての必需品」であるとはいいがたい。では「嗜好品」とは、いったい何なのか。ここで、その特質を仮に、つぎの七項目に整理しておく。

(1)「通常の飲食物」ではない =栄養・エネルギー源としては期待しない。
(2)「通常の薬」でもない=病気への効果は期待しない。
(3) 生命維持に「積極的な効果」はない。
(4)しかし「ないと寂しい感じ」がする。
(5) 摂取すると「精神(=心)に良い効果」がもたらされる。
(6) しばしば人と人との出会いや意思疎通を円滑にする効果を発揮する。
(7)「植物素材」が使われる場合が多い。

 してみれば「嗜好品」は、「遊びと楽しみの要素をはらむ飲食物」だともいえよう。

 では「嗜好品」という日本語は、いつ、どのように成立したのか。そのもっとも古い用例のひとつは、森鴎外の短篇小説「藤棚」にある。この小品は雑誌『太陽』(第一八巻第九号)に掲載された。一九一二(大正元)年のことである。それを引用しておこう。

薬は勿論の事、人生に必要な嗜好品に毒になることのある物は幾らもある。世間の恐怖はどうかするとその形になることのある物を、根本から無くしてしまはうとして、必要な物までを遠ざけようとするやうになる。要求が過大になる。出来ない相談になる。

 こうした物言いの背景には、急速な「近代化」「都市化」という当時の世相がある。そこでは、従来とは異なる新しい人間関係や多様な社会組織が生まれた。その結果、人びとは「慣れない緊張」を強いられることになった。
 そこで、酒やたばこ、コーヒーや茶・紅茶など、人間の心身に微妙に作用して緊張を緩め、人と人の出会いを媒介する飲食物への要請が高まり始めたのだろう。それを森鴎外は「嗜好品」という見事な造語でカテゴリー化したのだ。

■終章より。

  「向精神剤(ナルコティクス)」としての嗜好品

 今ひとつ、酒をはじめ、いわゆる嗜好品のなかには、人間の精神を微妙に変質させるものが多い。こうした資質を持つ物質を「向精神剤 narcotics(ナルコティクス)」と呼ぶ。
 なぜ人間は、向精神剤を求めるのか。背景には人間存在の根元的な不条理がある。
 まず、人間の想像力は無限に広がる可能性をはらんでいる。時間的には過去と未来を、空間的には宇宙全体を自らの内に取り込もうとする。しかし、人間の寿命は有限であり、宇宙にはその能力をはるかに超越する力が満ちている。これは解けない不条理だ。
 この不条理を逃れて、人間存在を永遠の時間と無限の空間につなぐ。そのためには神をはじめ、超越的存在を措定するほかない。人間の社会と文化に「宗教」という名の文化要素が混在するのは、たぶんそのためである。
 一方、覚醒した人間の意識は自他を区別し、外界の明晰な秩序や輪郭を捉えようとする。科学も芸術も、人間の文化は基本的に、その結果である。しかし他方で人間の文化は、超越的存在が支配する、不分明な混沌の世界を措定せざるをえない。こうした世界につながるには、自らの精神をそれに馴染ませる必要がある。
 それを可能にする有力な手段のひとつが「向精神剤」なのだ。ここに、それが人間の社会と文化に遍在する理由がある。酒もまた、そうした選択肢のひとつにほかならない。