contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『嗜好品文化を学ぶ人のために』(高田公理・嗜好品文化研究会[編] 世界思想社 2008)

編者:嗜好品文化研究会[しこうひんぶんかけんきゅうかい]


嗜好品文化を学ぶ人のために

嗜好品文化を学ぶ人のために

  • 作者:高田 公理
  • 発売日: 2008/04/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【目次】
目次 [i-vi]


序章 嗜好品文化研究への招待[高田公理] 001


1 多様なる嗜好品の世界 

コーヒー [臼井隆一郎] 016
茶・紅茶 [井野瀬久美惠] 023
酒・アルコール飲料 [高田公理] 031
たばこ [高田公理] 038
清涼飲料水 [赤岡仁之] 046
カカオ・チョコレート [北條ゆかり] 053
菓子 [加藤ゆうこ] 062
香辛料 [疋田正博] 068
ビンロウ [野林厚志] 071
コーラ [江口一久] 076
カヴァ [山本真鳥] 080
カート [佐藤寛] 085


2 広がりゆく嗜好品の世界 

ハチミツ [澤田昌人] 094
砂糖 [井野瀬久美惠] 098
香水 [上野吉一] 102
お香 [畑正高] 106
油脂 [伏木亨] 112
水 [疋田正博] 115
塩 [澤田昌人] 118
音楽 [小川博司] 122
ケータイ [藤本憲一] 126


3 嗜好品文化へのアプローチ 

歴史学 [井野瀬久美惠] 132
文化人類学 [栗田靖之] 137
経済学・経営学 [日置弘一郎] 142
法学・政治学 [佐藤憲一] 147
社会学 [藤本憲一] 153
宗教学 [中牧弘允] 158
文学 [臼井隆一郎] 163
心理学 [上野吉一] 169
生理学 [山本隆] 175
植物学 [白幡洋三郎] 181


4 嗜好品文化研究の古典 

臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』  [井野瀬久美惠] 188
小林章夫『コーヒー・ハウス』 [井野瀬久美惠] 190
広瀬幸雄・星田宏司『増補・コーヒー学講義』 [栗田靖之] 192
岡倉天心茶の本』 [藤本憲一]  194
谷晃『わかりやすい茶の湯の文化』 [栗田靖之] 196
角山榮『茶の世界史』 [井野瀬久美惠] 198
麻井宇介『比較ワイン文化考』 [疋田正博] 200
石毛直道編『論集 酒と飲酒の文化』 [高田公理] 202
坂口謹一郎『日本の酒』 [白幡洋三郎] 204
米山俊直・吉田集而ほか編『アベセデス・マトリクス』 [藤本憲一] 206
上野賢實『タバコの歴史』 [高田公理] 208
グッドマン『タバコの世界史』 [白幡洋三郎] 210
ペンダグラスト『コカ・コーラ帝国の興亡』 [疋田正博] 212
ウォーバートン&シャーウッド編『ストレスと快楽』 [白幡洋三郎] 214
コルバン『においの歴史』 [藤本憲一] 216
シヴェルブシュ『楽園・味覚・理性』 [高田公理] 218
ドッジ『世界を変えた植物』 [白幡節子] 220
松浦いね・たばこ総合研究センター編『世界嗜好品百科』 [疋田正博] 222
ワインバーグ&ビーラー『カフェイン大全』 [栗田靖之] 224


終章 嗜好品文化研究の発展のために[高田公理] 227


嗜好品文化を学ぶための文献リスト [249-239]
執筆者紹介 [252-250]
編者紹介 [253]




【関連記事】


『ハッパノミクス――麻薬カルテルの経済学』(Tom Wainwright[著] 千葉敏生[訳] みすず書房 2017//2016)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20180909/1536335990


『植物はなぜ薬を作るのか』(斉藤和季 文春新書 2017)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200909/1599577200