contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『資本主義と奴隷制』(Eric Williams[著] 中山毅[訳] ちくま学芸文庫 2020//1968//1944)

原題:Capitalism and Slavery (博士論文)The Economic Aspects of the Abolition of the Slave Trade and West Indian Slavery(1938) 著者:Eric Eustace Williams(1911-1981) 政治家。歴史学者。 訳者:中山 毅[なかやま・たけし](1930-) 文学。百科全…

『新種の発見――見つけ、名づけ、系統づける動物分類学』(岡西政典 中公新書 2020)

著者:岡西 政典[おかにし・まさのり](1983-) 動物分類学。新種の発見-見つけ、名づけ、系統づける動物分類学 (中公新書 2589)作者:岡西 政典発売日: 2020/04/18メディア: 新書【目次】 口絵 まえがき [i-iv] 目次 [v-viii] 第1章 学名はころころ変わる?―…

『社会を知るためには』(筒井淳也 ちくまプリマー新書 2020)

著者:筒井 淳也[つつい・じゅんや] 家族社会学、計量社会学。 イラスト:宇田川 由美子 イラストレーター。 装幀:クラフト・エヴィング商會 社会を知るためには (ちくまプリマー新書)作者:筒井淳也発売日: 2020/09/18メディア: Kindle版【目次】 目次 [0…

『大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学』(Bryan Caplan[著] 月谷真紀[訳] みすず書房 2019//2018)

原題:THE CASE AGAINST EDUCATION: Why the Education System Is a Waste of Time and Money 著者:Bryan Douglas Caplan(1971-) 公共経済学、公共選択論。 訳者:月谷 真紀[つきたに・まき] 翻訳家。大学なんか行っても意味はない?――教育反対の経済学作…

『なぜ貧しい国はなくならないのか――正しい開発戦略を考える〈第2版〉』(大塚啓二郎 日本経済新聞出版 2020//2014)

著者:大塚 啓二郎[おおつか・けいじろう](1948-) 装丁:野網 雄太なぜ貧しい国はなくならないのか(第2版) 正しい開発戦略を考える作者:大塚 啓二郎発売日: 2020/03/14メディア: 単行本 【目次】 第2版はしがき(2020年1月 大塚啓二郎) [001-002] はしが…

『人類と病――国際政治から見る感染症と健康格差』(詫摩佳代 中公新書 2020)

著者:詫摩 佳代[たくま・かよ](旧姓:安田 佳代 ) 国際政治学。国際機構論。人類と病-国際政治から見る感染症と健康格差 (中公新書 2590)作者:詫摩 佳代発売日: 2020/04/18メディア: 新書 人類の歴史は病との闘いだ。ペストやコレラの被害を教訓として…

『健康格差――不平等な世界への挑戦』(Michael Marmot[著] 野田浩夫ほか[訳] 日本評論社 2017//2015)

原題:The Health Gap: The Challenge of an Unequal World 著者:Michael Marmot(1945-) 監訳者:栗林 寛幸[くりばやし・ひろゆき] 翻訳家。一橋大学経済研究所 研究員 寄稿(解説):後藤 玲子[ごとう・れいこ] 一橋大学経済研究所 教授 寄稿(補論)…

『やりすぎの経済学――中毒・不摂生と社会政策』(Harold Winter[著] 河越正明[訳] 大阪大学出版会 2020//2011)

原題:The Economics of Excess: addiction, indulgence, and social policy 著者:Harold M. Winter 経済学。 訳者:河越 正明[かわごえ・まさあき] 日本経済論、医療経済学、マクロ経済。 装幀:遠藤 正二郎[えんどう・しょうじろう]やりすぎの経済学―…

『マスクと日本人』(堀井光俊 秀明出版会 2012)

著者:堀井 光俊[ほりい・みつとし] (1977-) 社会学。 装幀:真田 幸治[さなだ・こうじ](1972-) マスクと日本人作者:堀井 光俊メディア: 単行本【目次】 目次 [001-004] 第一章 序論 005 はじめに 006 マスクの定義 010 時代的な背景 013 本書の構成 022…

『タバコ吸ってもいいですか――喫煙規制と自由の相剋〈法と哲学新書〉』(児玉聡 奥田太郎 後藤励 亀本洋 井上達夫 信山社 2020)

編者:児玉 聡[こだま・さとし](1974-) 著者:奥田 太郎[おくだ・たろう](1973-) 著者:後藤 励[ごとう・れい] 著者:亀本 洋[かめもと・ひろし](1957-) 著者:井上 達夫 [いのうえ・たつお](1954-) タバコ吸ってもいいですか ― 喫煙規制と自由の…

『ハッパノミクス――麻薬カルテルの経済学』(Tom Wainwright[著] 千葉敏生[訳] みすず書房 2017//2016)

原題:NARCONOMICS: How to Run a Drug Cartel 著者:Tom Wainwright 編集者 訳者:千葉 敏生 翻訳家ハッパノミクス作者:トム・ウェインライト発売日: 2017/12/16メディア: 単行本【目次】 題辞 [001] 目次 [003-007] 地図 [008] Introduction カルテル株式…

『〈麻薬〉のすべて』(船山信二 講談社現代新書 2011)

著者:船山 信二[ふなやま・しんじ]〈麻薬〉のすべて (講談社現代新書)作者:船山 信次発売日: 2011/03/18メディア: 新書【目次】 はじめに [003-007] 目次 [008-013] 凡例 [014-015] 序章 麻薬に関する基礎知識 017 麻薬とは何か 麻薬の定義 人類共有の宝…

『マトリ――厚労省麻薬取締官』(瀬戸晴海 新潮新書 2020)

著者:瀬戸 晴海[せと・はるうみ] 図版制作:ブリュッケ 初出:『新潮45』(2018年)マトリ 厚労省麻薬取締官 (新潮新書)作者:瀬戸 晴海発売日: 2020/01/16メディア: 新書【目次】 まえがき [003-010] 目次 [011-013] 第1章 「マトリ」とは何者か 014 総力を…

『うまい雑草、ヤバイ野草――日本人が食べてきた薬草・山菜・猛毒草 魅惑的な植物の見分け方から調理法まで〈サイエンス・アイ新書〉』(森昭彦 SBクリエイティブ 2011)

著者:森 昭彦[もり・あきひこ](1969-) “サイエンス・ジャーナリスト”、ガーデナー、写真家。 イラスト:中村 知史 本文デザイン・アートディレクション:クニメディアうまい雑草、ヤバイ野草 日本人が食べてきた薬草・山菜・猛毒草 魅惑的な植物の見分け…

『雑草で酔う――人よりストレスたまりがちな僕が研究した究極のストレス解消法』(青井硝子 彩図社 2019)

著者:青井 硝子[あおい・がらす](1986-) 筆名。(本名:藤田拓朗) 解説:にゃるら (1994-) ライター。 解説:pha (1978-) ブロガー。 植物イラスト:青井硝子、pio カバーイラスト&デザイン:キメねこ 漫画家(主に大麻ネタ)。雑草で酔う~人よりストレ…

『新版 漢方の歴史――中国・日本の伝統医学』(小曽戸洋 大修館書店 2014//1999)

著者:小曽戸 洋[こそと・ひろし](1950-) 東洋医学、医学史。 装丁:本永 惠子新版 漢方の歴史 (あじあブックス)作者:洋, 小曽戸発売日: 2014/09/20メディア: 単行本 【目次】 口絵 [i-viii] タイトル [ix] 目次 [xi-xvi] はじめに――東洋医学と漢方 001 第…

『生薬101の科学――薬理効果・採集法から家庭で使うコツまで』(清水岑夫 ブルーバックス 1999)

著者:清水 岑夫[しみず・みねお](1936-) 生薬学、薬用天然物化学。 装幀:芦澤 泰偉 本文イラスト:石戸 忠、清水 岑夫 本文デザイン:中山 康子生薬101の科学―薬理効果・採集法から家庭で使うコツまで (ブルーバックス)作者:清水 岑夫メディア: 新書【目…

『麻薬の文化史――女神の贈り物』(Hillman[著] 森夏樹[訳] 青土社 2009//2008)

原題:The Chemical Muse: Drug Use and the Roots of Western Civilization (2008) 著者:D. C. A. Hillman 著者:森 夏樹 (1944-) 装幀:高麗 隆彦 NDC:368.83 麻薬中毒者・麻薬密売麻薬の文化史―女神の贈り物作者:D.C.A. ヒルマン発売日: 2009/04/01メデ…

『ドラッグ・コート――アメリカ刑事司法の再編』(James L. Nolan, Jr.[著] 小沼杏坪[監訳] 妹尾栄一,小森榮[訳] 丸善プラネット 2006//2001)

原題:Reinventing Justice: the American Drug Court Movement (Princeton University Press, 2001) 著者:James L. Nolan Jr. 社会学。 監訳:小沼 杏坪[こぬま・きょうへい](1941-2015) 精神科医。薬物依存の予防・社会復帰に関する臨床的研究、薬物乱…

『脱アルコールの哲学――理屈でデザインする酒のない人生』(前田益尚 晃洋書房 2019)

著者:前田 益尚[まえだ・ますなお](1964-) 社会学、メディア論。 装画:北村 昭[きたむら・あきら](クオリアデザイン事務所・代表)脱アルコールの哲学―理屈でデザインする酒のない人生作者:前田 益尚発売日: 2019/10/10メディア: 単行本(ソフトカバ…

『溺れる脳――人はなぜ依存症になるのか』(M. J. Kuhar[著] 舩田正彦[監訳] 東京化学同人 2014//2012)

原題:The Addicted Brain: Why We Abuse Drugs, Alcohol, and Nicotine 著者:Michael J. Kuhar (1944-) 神経科学。脳、精神疾患、脳に影響を及ぼす薬物の構造とその機能解析。 監訳者:舩田 正彦[ふなだ・まさひこ](1965-) 神経薬理学。薬物依存の研究。…

『アルコール・薬物依存症を一から見直す――科学的根拠に基づく依存症の理解と支援』(William R. Miller, Kathleen M. Carroll[編] 森田展彰[監訳] 佐藤明子[訳] 誠信書房 2020//2006)

原書:Rethinking Substance Abuse: What the Science Shows, and What We Should Do about It (The Guilford Press, 2006) 編者:William R. Miller 心理学、精神医学(アディクションに対する行動療法)。 編者:Kathleen M. Carroll 精神医学(物質使用障…

『依存症――ほどよい依存のすすめ』(伊藤洸 サイエンス社 2011)

著者:伊藤 洸[いとう・こう](1943-) 精神医学、精神分析。 カバーイラスト:ディグ シリーズ:ライブラリこころの危機Q&A;3依存症―ほどよい依存のすすめ (ライブラリこころの危機Q&A)作者:洸, 伊藤発売日: 2011/06/01メディア: 単行本 【目次】 シリーズ…

『アディクションサイエンス――依存・嗜癖の科学』(宮田久嗣,高田孝二,池田和隆,廣中直行[編] 朝倉書店 2019)

装丁:長久 雅行アディクションサイエンス: 依存・嗜癖の科学作者:久嗣, 宮田,孝二, 高田,和隆, 池田,直行, 廣中発売日: 2019/06/17メディア: 単行本[執筆者](五十音順) 相澤 加奈 手稲渓仁会病院 池田 和隆 東京都医学総合研究所 稲田 健 東京女子医科大…

『薬物依存症』(松本俊彦 ちくま新書 2018)

著者:松本 俊彦[まつまと・としひこ] 精神医学。薬物依存症、アルコール依存症、自傷行為の研究。 シリーズ:ケアを考える NDC:368.8薬物依存症 (ちくま新書)作者:俊彦, 松本発売日: 2018/09/06メディア: 新書薬物依存症 【シリーズ】ケアを考える (ちく…

『快感回路』(David J. Linden[著] 岩坂彰[訳] 河出文庫 2014//2011//2011)

原題:The Compass of Pleasure: How Our Brains Make Fatty Foods, Orgasm, Exercise, Marijuana, Generosity, Vodka, Learning, and Gambling Feel So Good 著者:David J. Linden(1961-) 神経科学。 訳者:岩坂 彰(1958-) 翻訳家。 イラスト:Joan M. K. …

『健康経済学――市場と規制のあいだで』(後藤励,井深陽子 有斐閣 2020)

著者:後藤 励[ごとう・れい] 医療経済学、行動経済学、保健医療政策。 著者:井深 陽子[いぶか・ようこ] 医療経済学。 装幀:神田 程史(レフ・デザイン工房)健康経済学 -- 市場と規制のあいだで作者:後藤 励,井深 陽子発売日: 2020/03/25メディア: 単…

『喫煙と禁煙の健康経済学――タバコが明かす人間の本性』(荒井一博 中公新書ラクレ 2012)

著者:荒井 一博[あらい・かずひろ](1949-) ミクロ経済学。日本経済論。喫煙と禁煙の健康経済学 - タバコが明かす人間の本性 (中公新書ラクレ)作者:荒井 一博発売日: 2012/01/06メディア: 新書 【目次】 はしがき [003-004] 目次 [005-010] プロローグ […

『禁煙学 第4版』(日本禁煙学会[編] 南山堂 2019//2007)

編者:日本禁煙学会 編集委員:作田学、高野義久、松崎道幸、宮崎恭一禁煙学発売日: 2019/11/08メディア: 単行本 [執筆者] 相澤政明 相模台病院 薬剤部 部長 天貝賢二 茨城県立中央病院・茨城県地域がんセンター 消化器内科 部長 飯田真美 地方独立行政法…

『本当のたばこの話をしよう――毒なのか薬なのか』片野田耕太 日本評論社 2019)

著者:片野田 耕太[かたのだ・こうた] 国立がん研究センター がん対策情報センター がん統計・総合解析研究部部長本当のたばこの話をしよう 毒なのか薬なのか作者:片野田 耕太発売日: 2019/06/10メディア: 単行本本当のたばこの話をしよう---毒なのか薬な…