contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

医学

『幻覚剤は役に立つのか』(Michael Pollan[著] 宮﨑真紀[訳] 亜紀書房 2020//2018)

原題: How to Change Your Mind: What the New Science of Psychedelics Teaches Us About Consciousness, Dying, Addiction, Depression, and Transcendence (Penguin Press, 2018) 著者:Michael Kevin Pollan(1955-) 作家、ジャーナリスト、活動家。 訳…

『ニューロラカン――脳とフロイト的無意識のリアル』(久保田泰考 誠信書房 2017)

英題:Neuro Lacan: The real in the brian and the Freudian unconscious 著者:久保田 泰考[くぼた・やすたか](1967-) 精神医学。滋賀大学保健管理センター教授。 装丁:柴田淳デザイン堂 NDC:146.1 臨床心理学.精神分析学 ラカン対脳?! ――これまで…

『花粉症と人類』(小塩海平 岩波新書 2021)

著者:小塩 海平[こしお・かいへい](1966-) 植物生理学。 NDC:493.14 内科(アレルギー性疾患.膠原病.体質異常) 花粉症と人類 - 岩波書店 花粉症と人類 (岩波新書 新赤版 1869)作者:小塩 海平岩波書店Amazon 目はかゆく、鼻水は止まらない。この世に花…

『子どもの脳を傷つける親たち』(友田明美 NHK出版新書 2017)

著者:友田 明美[ともだ・あけみ](1987-) 小児発達科学、小児精神神経学。 編集協力:彌永 由美[やなが・ゆみ] 放射線科学。 図版作成:高田 紗英子[たかだ・さえこ] 図版作成:道下 優子[みちした・ゆうこ] 図版作成:吉村 時子[よしむら・ときこ…

『ダイエットの科学――「これを食べれば健康になる」のウソを暴く』(Tim Specter[著] 熊谷玲美[訳] 白揚社 2017//2015)

原題:The Diet Myth: The Real Science Behind What We Eat 著者:Tim Specter 疫学。遺伝学(双子研究)。 訳者:熊谷 玲美[くまがい・れみ] 翻訳家。 装幀:岩崎 寿文[いわさき・としふみ] デザイナー、イラストレーター。 ダイエットの科学|白揚社 …

『新型コロナの科学――パンデミック、そして共生の未来へ』(黒木登志夫 中公新書 2020)

著者:黒木 登志夫[くろき・としお] 医学(がん研究)。 イラスト作成:朝日メディアインクーナショナル 図表作成・DTP:市川 真樹子 NDC:498.6 衛生学.公衆衛生.予防医学 >> 疫学.防疫 新型コロナの科学 -黒木登志夫 著|新書|中央公論新社 新型コロ…

『「次の一手」はどう決まるか――棋士の直観と脳科学』(中谷裕教,伊藤毅志,勝又清和,川妻庸男,大熊健司 勁草書房 2018)

著者:中谷 裕教[なかたに・ひろのり](1973-) 著者:伊藤 毅志[いとう・たけし](1964-) 著者:勝又 清和[かつまた・きよかず](1969-) 著者:川妻 庸男[かわつま・つねお](1954-) 著者:大熊 健司[おおくま・けんじ](1946-) 装丁:吉田 憲二[よし…

『健康格差――不平等な世界への挑戦』(Michael Marmot[著] 野田浩夫ほか[訳] 日本評論社 2017//2015)

原題:The Health Gap: The Challenge of an Unequal World 著者:Michael Marmot(1945-) 監訳者:栗林 寛幸[くりばやし・ひろゆき] 翻訳家。一橋大学経済研究所 研究員 寄稿(解説):後藤 玲子[ごとう・れいこ] 一橋大学経済研究所 教授 寄稿(補論)…

『雑草で酔う――人よりストレスたまりがちな僕が研究した究極のストレス解消法』(青井硝子 彩図社 2019)

著者:青井 硝子[あおい・がらす](1986-) 筆名(本名:藤田拓朗)。 解説:にゃるら (1994-) ライター。 解説:pha (1978-) ブロガー。 植物イラスト:青井硝子、pio カバーイラスト&デザイン:キメねこ 漫画家。 NDC:499.87 生薬学 >> 薬用植物・薬草園…

『新版 漢方の歴史――中国・日本の伝統医学』(小曽戸洋 大修館書店 2014//1999)

著者:小曽戸 洋[こそと・ひろし](1950-) 東洋医学、医学史。 装丁:本永 惠子[もとなが・けいこ] ヴィジュアル・デザイナー、アートディレクター、グラフィックデザイナー シリーズ:あじあブックス;076 NDC:490.9 医学 >> 東洋医学.漢方医学.古方…

『生薬101の科学――薬理効果・採集法から家庭で使うコツまで』(清水岑夫 ブルーバックス 1999)

著者:清水 岑夫[しみず・みねお](1936-) 生薬学、薬用天然物化学。 装幀:芦澤 泰偉 本文イラスト:石戸 忠、清水 岑夫 本文デザイン:中山 康子 NDC:499.8 生薬学.和漢薬 『生薬101の科学』(清水 岑夫):ブルーバックス|講談社BOOK倶楽部 生薬10…

『溺れる脳――人はなぜ依存症になるのか』(M. J. Kuhar[著] 舩田正彦[監訳] 東京化学同人 2014//2012)

原題:The Addicted Brain: Why We Abuse Drugs, Alcohol, and Nicotine 著者:Michael J. Kuhar (1944-) 神経科学。脳、精神疾患、脳に影響を及ぼす薬物の構造とその機能解析。 監訳者:舩田 正彦[ふなだ・まさひこ](1965-) 神経薬理学。薬物依存の研究。…

『アルコール・薬物依存症を一から見直す――科学的根拠に基づく依存症の理解と支援』(William R. Miller, Kathleen M. Carroll[編] 森田展彰[監訳] 佐藤明子[訳] 誠信書房 2020//2006)

原書:Rethinking Substance Abuse: What the Science Shows, and What We Should Do about It (The Guilford Press, 2006) 編者:William R. Miller 心理学、精神医学(アディクションに対する行動療法)。 編者:Kathleen M. Carroll 精神医学(物質使用障…

『依存症――ほどよい依存のすすめ』(伊藤洸 サイエンス社 2011)

著者:伊藤 洸[いとう・こう](1943-) 精神医学、精神分析。 カバーイラスト:ディグ シリーズ:ライブラリこころの危機Q&A;3 依存症 - 株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社依存症―ほどよい依存のすすめ (ライブラリこころの危機Q&A)…

『アディクションサイエンス――依存・嗜癖の科学』(宮田久嗣,高田孝二,池田和隆,廣中直行[編] 朝倉書店 2019)

装丁:長久 雅行アディクションサイエンス: 依存・嗜癖の科学作者:久嗣, 宮田,孝二, 高田,和隆, 池田,直行, 廣中発売日: 2019/06/17メディア: 単行本[執筆者](五十音順) 相澤 加奈 手稲渓仁会病院 池田 和隆 東京都医学総合研究所 稲田 健 東京女子医科大…

『薬物依存症』(松本俊彦 ちくま新書 2018)

著者:松本 俊彦[まつまと・としひこ] 精神医学。薬物依存症、アルコール依存症、自傷行為の研究。 シリーズ:ケアを考える NDC:368.8 薬物依存症 (ちくま新書)作者:俊彦, 松本筑摩書房Amazon薬物依存症 【シリーズ】ケアを考える (ちくま新書)作者:松本…

『快感回路』(David J. Linden[著] 岩坂彰[訳] 河出文庫 2014//2011//2011)

原題:The Compass of Pleasure: How Our Brains Make Fatty Foods, Orgasm, Exercise, Marijuana, Generosity, Vodka, Learning, and Gambling Feel So Good (Penguin Books) 著者:David J. Linden(1961-) 神経科学。 訳者:岩坂 彰(1958-) 翻訳。 イラス…

『本当のたばこの話をしよう――毒なのか薬なのか』(片野田耕太 日本評論社 2019)

著者:片野田 耕太[かたのだ・こうた] 国立がん研究センター がん対策情報センター がん統計・総合解析研究部部長 本当のたばこの話をしよう|日本評論社 本当のたばこの話をしよう 毒なのか薬なのか作者:片野田 耕太日本評論社Amazon本当のたばこの話をし…

『食―― 90億人が食べていくために』(John Krebs[著] 伊藤佑子,伊藤俊洋[訳] 丸善出版 2015//2013)

原題:Food: A Very Short Introduction 著者:John Richard Krebs (1945-) 動物学、鳥類の行動生態学。 訳者:伊藤 佑子 分子生物学、極限環境微生物学。 訳者:伊藤 俊洋 脂質生化学、極限環境微生物学。 シリーズ:サイエンス・パレット ;025 NDC:498.5…

『「おいしさ」の科学――素材の秘密・味わいを生み出す技術』(佐藤成美 講談社ブルーバックス 2018)

著者:佐藤 成美[さとう・なるみ] 科学ライター。 カバー装幀:芦澤泰偉・児崎雅淑 カバー写真:“Vertumnus, porträttet av Rudolf II” [『ウェルトゥムヌスに扮するルドルフ2世』Giuseppe Arcimboldo作、1590年頃。] NDC:498.53 食品化学 『「おいしさ…

『「健康食品」ウソ・ホント――「効能・効果」の科学的根拠を検証する』(高橋久仁子 講談社ブルーバックス 2016)

著者:高橋 久仁子[たかはし・くにこ] (1949-) 農学博士。栄養学、食生活教育。 装幀:芦澤 泰偉・児崎 雅淑 イラスト:添田 あき 本文デザイン・図版制作:鈴木 知哉+あざみ野図案室 NDC:498.5「健康食品」ウソ・ホント 「効能・効果」の科学的根拠を検…

『医と人間』(井村裕夫[編] 岩波新書 2015)

編者:井村裕夫[いむら・ひろお](1931-) 内分泌代謝病学、糖尿病学。元・京大総長。医と人間 (岩波新書)発売日: 2015/02/21メディア: 新書医と人間 (岩波新書)作者:井村 裕夫発売日: 2015/07/16メディア: Kindle版【目次】 はじめに(二〇一五年一月 井村…

『脳からみた自閉症』(大隅典子 ブルーバックス 2016)

著者:大隅 典子[おおすみ・のりこ] 神経生物学(神経発生学・発生発達神経科学)。 NDC:493.9375 自閉症(小児科学) NDC:493.76 心因精神病.機能的精神病 『脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ』(大隅 典子):ブルーバックス|講談社BOOK…

『欧米人とはこんなに違った日本人の「体質」――科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防』(奥田昌子 ブルーバックス 2016)

著者:奥田 昌子[おくだ・まさこ] 内科医。分子生物学、免疫学、組織学。欧米人とはこんなに違った 日本人の「体質」 科学的事実が教える正しいがん・生活習慣病予防 (ブルーバックス)作者:奥田 昌子発売日: 2016/12/14メディア: 新書 【目次】 はじめに […

『不健康は悪なのか――健康をモラル化する世界』(Jonathan M. Metzl, Anna Kirkland[編] 細澤仁ほか[訳] みすず書房 2015//2010)

原題:AGAINST HEALTH: How Health Became the New Morality 編者:Jonathan M. Metzl 編者:Anna R. Kirkland 訳者:細澤 仁[ほそざわ・じん](1963-) 精神科医。臨床心理士。 訳者:大塚 紳一郎[おおつか・しんいちろう](1980-) 臨床心理士。 訳者:増…

『国境なき医師団――終わりなき挑戦、希望への意志』(Renee C. Fox[著] 坂川雅子[訳] みすず書房 2015)

原題:Doctors Without Borders: Humanitarian Quests, Impossible Dreams of Medecins Sans Frontieres 著者:Renée Claire Fox (1928-) 医療社会学。 訳者:坂川 雅子[さかがわ・まさこ](1934-) 翻訳家。 NDC:369.9 医療社会福祉.医療保護 NDC:329.36…

『美味しさの脳科学――においが味わいを決めている』(Gordon M. Shepherd[著] 小松淳子[訳] 合同出版 2014//2011)

原題:Neurogastronomy: How Brain Creates Flavor and Why It Matters(Columbia University Press) 著者:Gordon Murray Shepherd (1933-) 神経科学。 訳者:小松 淳子(1954-) NDC:491.376 嗅覚 NDC:491.377 味覚 美味しさの脳科学 ゴードン・M・シェフ…

『優生学と人間社会――生命科学の世紀はどこへ向かうのか』(米本昌平ほか 講談社現代新書 2000)

著者:米本 昌平〔よねもと・しょうへい〕 科学史、科学論 著者:松原 洋子〔まつばら・ようこ〕 生物学史、医学史 著者:橳島 次郎〔ぬでしま・じろう〕 先端医療を中心とする科学技術政策論 著者:市野川 容孝〔いちのかわ・やすたか〕 医療社会学 NDC:49…

『脳を鍛えるには運動しかない!―――最新科学でわかった脳細胞の増やし方』(John J. Ratey[著] 野中香方子[訳] 日本放送出版協会 2009//2008)

原題:Spark: The revolutionary new science of exercise and the brain 2008 著者:John J. Ratey 臨床精神医学。 著者:Eric Hagerman サイエンス・エディター。「本書では執筆・構成をサポートした」 訳者:野中 香方子[のなか・きょうこ] 翻訳家。 脳…

『代替医療解剖』(Simon Singh, Edzard Ernst[著] 青木薫[訳] 新潮文庫 2013//2010//2008)

原題:Trick or Treatment?: Alternative Medicine on Trial ―examines various types of alternative medicine, finds lack of evidence― 著者:Simon Lehna Singh(1964-) 著者:Edzard Ernst(1948-) 訳者:青木 薫(1956-) NDC:492 臨床医学.診断・治療 …