contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『新型コロナの科学――パンデミック、そして共生の未来へ』(黒木登志夫 中公新書 2020)

著者:黒木 登志夫[くろき・としお] 医学(がん研究)。
イラスト作成:朝日メディアインクーナショナル
図表作成・DTP:市川 真樹子


【目次】
推薦の言葉(山中伸弥) [i-ii]
はじめに(著者) [iii-vii]
目次 [viii-xiv]


序章 人類はパンデミックから生き残った 003
1 ペスト 004
  ベネチア 2020年、カーニバル
  フィレンツェ 1348年、デカメロン
  リヨン 1564年、永井荷風
  ウールスソープ 1665年、ニュートン
  アルジェリア 194X年、カミュ
  香港 1894年、北里柴三郎  

2 スペイン風邪 011
  スペイン風邪と日本文学
  与謝野晶子
  芥川龍之介
  斎藤茂吉
  武者小路実篤
  宮沢賢治
  スペイン由来でないスペイン風邪
  最悪の合併症
  第二波、第三波
  日本に上陸
  洋上の風邪
  山内保:濾過性病原体の証明
  河丘義裕:スペイン風邪ウイルスの復元

3 SARS 024
  コロナ三兄弟
  マニラ、2003年2月10日
  ハノイ、2003年2月28日
  香港、2003年2月21日
  北京、2003年3月
  関西空港、2003年5月8日
  国際共同研究、2003年3月17日
  自滅したSARSウイルス


第1章 新型コロナウイルスについて知る 033
1 ウイルスとは 035
  ウイルスは日本語
  ウイルスは一人では生きていけない
  DNAウイルスとRNAウイルス
  爆発的増殖

2 コロナウイルス 041
  ウイルス学的分類
  ウイルスゲノムと変異


第2章 新型コロナ感染症を知る 047
1 感染ルート 047
  「口は災の元」
  大量のウイルス
  飛沫感染エアロゾル感染を巡る論争
  合唱によるエアロゾル感染
  表面接触感染
  半減期
  無症状者からの感染
  半数は無症状感染者からの感染
  SARSとインフルエンザの感染
  クラスター感染
  スーパースプレッダー
  感染した人は悪くない
  感染の予防

2 新型コロナ感染症の経過 062
  軽症者

3 新型コロナ感染症の病状 065
  嗅覚、味覚障害
  二種類の肺炎
  インフルエンザ肺炎
  新型コロナ肺炎
  サイトカインの嵐
  重症化リスク要因
  血栓
  川崎病
  心筋炎
  新型コロナ後遺症
  新型コロナによる死亡


第3章 感染を数学で考える 079
  感染症の数字

1 感染は指数関数的に増加する 080
  ビリヤードの球
  倍加時間
  カーマック・マッケンドリックのSIRモデル

2 再生産数 085
  8割おじさん
  収束の判断

3 ロックダウンの数学的根拠 090
  ファーガソン
  51万人死亡予想
  5万9000人の命を救う
  武漢
  ドイツ

4 スーパースプレッダー 096
  R_0の分散
  複雑系ネットワーク


第4章 すべては武漢から始まった 101
1 最初の2ヵ月 102
  2019年12月、武漢
  2020年1月 武漢、WHO
  ゲノム解読の公表は何故遅れたのか
  テドロスWHO事務局長
  李文亮医師

2 石正麗―― Bat Woman 114
  新型コロナウイルスの秘密に迫った女性
  ウイルス分離
  危険な実験
  中国科学院武漢病毒研究所

3 新型コロナウイルスはどこから来たのか 120
  意外な事実
  人工的に作られたウイルスか


第5章 そして、パンデミックになった 125
1 パンデミックのルートを追う 126
  エピデミック、エンデミック、パンデミック
  五大陸に広がる
  最初はアジアに拡散
  ヨーロッパに広がる
  アメリカの西と東
  ラテンアメリカからインドに
  波状攻撃

2 ゲノムで追うパンデミック 131
  ウイルスの「ファミリーヒストリー
  武漢型からヨーロッパ型に

3 超過死亡 134
  26万人が過剰に死亡

4 点と線 136
  全てつながっている


第6章 日本の新型コロナ 137
  民間臨時調査会

1 第一波(武漢型ウイルス) 138
  武漢帰国者
  ダイヤモンド・プリンセス号
  クラスター対策と三密
  
2 第一波(ヨーロッパ型ウイルス) 145
  ヨーロッパ旅行がもちこんだウイルス
  志村けん

3 第二波 147
  感染者増加
  致死率低下

4 第一波、第二波のゲノム変異 150
  新たな変異発生

5 日本の特徴と不思議 152
  ゆっくりとした増加
  少ない死亡者

6 ファクター X 154
  何故?
  日本語の発音は飛沫を飛ばさない?
  山中伸弥の疑問
  重症化リスク遺伝子
  ネアンデルタール人の逆襲


第7章 日本はいかに対応したか 159
1 日本モデル 160
  「日本モデル」の定義

2 初期対応 161
  1月31日に介護施設に注意出す
  台湾、韓国のすばやい対応

3 専門家 162
  司令官
  後退するコロナ対策

4 エクスキューズ 164
  新型インフルエンザ(A/H1N1)対策報告書

5 法整備 166
  感染症法指定感染症
  新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)

6 緊急事態宣言 168
  ソフトロックダウン
  厳しさに欠ける緊急事態下の生活
  Googleによる人の移動分析
  日本の調査
  人・人接触は86%減

7 選択もされず集中もされず 172
  合理化の「草刈り場」

8 最大の問題はPCR検査 174
  アメリカ大使館の注意勧告
  専門家会議のポリシー
  行政検査
  37.5度以上4日間
  厚労省は最初からPCR検査拡大に猛反対
  内部秘密文書

9 官僚たち 181
  厚労省医系技官
  首相補佐官
  全国一斉休校
  アベノマスク

10 ベスト10、ワースト10 183
  日本の対応・評価


第8章 世界はいかに対応したか 187
1 格差 188
  医療、社会インフラ
  シンガポールの出稼ぎ労働者
  アメリカの人種格差
  ブラジルのスラム街

2 反リベラル、ポピュリズム指導者 190
  トランプ、ボルソナーロ、ジョンソン、プーチン
  危険なほど無能なアメリカの指導者たち

3 成功した女性政治家 192
  アーダーン、蔡英文メルケル
  アーダーン首相【Jacinda Ardern】
  蔡英文【Tsai Ing-wen】
  メルケル首相【Angela Merkel】

4 スウェーデンの集団免疫戦略 200
  ロックダウンしないという選択


第9章 新型コロナを診断する 203
1 新型コロナ感染の検査法 204
  PCR、抗原、抗体検査
  感度/特異度、偽陽性/陰性
  検体の採取時期
  
2 PCR検査 207
  PCR法の原理
  CDCの失敗
  検体の採取と時期
  PCR検査の感度と特異度

3 抗原検査 212
  ウイルスタンパクの迅速検査法

4 抗体検査 214
  過去の感染を検査
  抗体保有者の分布
  日本の抗体保有
  ソフトバンクの調査

5 PCR検査のあるべき姿 218
  厚労省の考える「PCR検査のあるべき姿」
  検査拡大のステップ提案
  ステップ1:新型コロナ患者レベル
  ステップ2:医療従事者レベル
  ステップ3:感染リスク者レベル
  ステップ4:社会の安全・安心レベル
  ステップ3、4に進むために必要なこと


第10章 新型コロナを治療する 225
1 薬の開発 225
  困難な抗ウイルス薬の開発
  探索研究
  第I相、第II相、第III相
  効果の判定(エンドポイント)

2 新型コロナ薬のターゲット 229
  何をターゲットにするか
  スパイク―― ACE2結合のトラップ作戦
  ナファモスタット(フサン)
  クロロキンとヒドロキシクロロキン
  RNAゲノム複製の阻害
  レムデシビル
  ファビピラビル(アビガン)
  イベルメクチン
  サイトカイン・ストーム
  デキサメタゾン
  トシリスマブ
  血漿(血清)療法
  新型コロナ治療薬開発の現状

3 アンジオテンシン系降圧剤 238
  ARBとACE2阻害剤は安全

4 不適切な論文発表 239
  オープンアクセス
  データベースに問題。相次ぐ論文撤回


第11章 新型コロナ感染を予防する 243
1 自然免疫と獲得免疫 244
  2段階防御装置

2 ワクチン 246
  釣り餌作戦
  生ワクチン(attenuated vaccine)
  不活化ワクチン(Inactive vaccine)
  サブユニットワクチン(Subunit vaccine)
  VLP(virus like particle)ワクチン
  遺伝子ワクチン(Genetic vaccine)
  抗体依存性感染増強(ADE)
  ワクチンができるまで
  政治圧力
  現在開発中のワクチン

3 集団免疫 253
  60%の人の免疫が必要

4 BCG 256
  100年前の生ワクチン
  アメリカ、カナダ、イタリアはBCGをしたことがなかった
  旧東ドイツと西ドイツの違い
  BCG非接種国は感染、死亡が多い
  イスラエルは差がなかった
  記述疫学から分析疫学へ
  訓練された免疫


第12章 新型コロナと戦う医療現場 263
1 院内感染 263
  感染の12%が院内感染
  永寿総合病院の院内感染

2 病院の現場 267
  慶應大学病院のコロナ対策
  和歌山県済生会有田病院
  岐阜大学病院
  東京医科歯科大学病院
  千葉大学病院
  徹底したPCR検査なしに院内感染は抑えられない
  病室の確保
  病院の予算

3 介護の現場 274
  欧米では死亡の40%以上が介護施設、日本は13%
  スウェーデントリアージ
  日本の対応

4 保健所の現場 277
  保健所の厳しい労働環境


第13章 そして共生の未来へ 281
1 われわれはどこに行くのか 282
  銀の弾丸
  変異
  ハーバード大学の予測

2 共生するための医療システム 284
  病院、介護施設、保健所
  PCR検査
  日本版CDC

3 共存するための社会システム 287
  何を変えるか、何を変えないか
  官僚制度
  デジタル化
  働き方改革
  教育
  限りある成長
  グローバル化
  環境問題

4 経済とコロナ対策のトレードオフは存在するか 293
  感染症と経済への対策は両立できる


おわりに(2020年11月 黒木登志夫) [297-300]


再校時の追記(Note added in proof) 301
 1. 第三波
 2. グーグルによる日本の感染予測
 3. ヨーロッパの感染爆発
 4. ミンクのコロナ
 5. 98%以上有効なワクチン開発

引用資料 [308-326]



[コラム]
1 ウイルス名 034
2 ベロ(Vero)細胞 036
3 変異 044 
4 感染した医師の手記 064
5 コロナ感染を自己診断するメニュー 066
6 パルスオキシメータ 069
7 死亡判断書の書き方 075
8 致死率と死亡率 076
9 カーマック・マッケンドリックのSIRモデル 084
10 有効再生産数(R_t)の計算 086
11 有効再生産数のサイト 090
12 方方『武漢日記』 108
13 生物学的安全レベル 119
14 ダイヤモンド・プリンセス号からの帰還 142
15 PCR発見物語「もう一つ大発見ができますね」 211
16 安心のための注射 222
17 最初のワクチン物語 249
18 集団免疫に必要な免疫保有者の計算 254
19 院内感染:看護師の手記 266
20 保健所に134回電話して、やっとPCR検査 279





【関連サイト】

著者のブログとのこと。
コロナウイルスarXiv @ 「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」