contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

目次

『人事と法の対話――新たな融合を目指して』(守島基博, 大内伸哉 有斐閣 2013)

著者:守島 基博[もりしま・もとひろ] 人材マネジメント論。 著者:大内 伸哉[おおうち・しんや] 労働法。 鼎談ゲスト:二宮 大祐〔イオン㈱グループ人事部〕 鼎談ゲスト:澤和 宏〔㈱ベネッセコーポレーション人財部〕 鼎談ゲスト:川上 憲人〔東京大学…

『怠惰への讃歌』(Bertrand Russell[著] 柿村峻, 堀秀彦[訳] 平凡社ライブラリー 2009//1958//1935)

原題:In Praise of Idleness, and Other Essays 著者:Bertrand Arthur William Russell(1872-1970) 訳者:柿村 峻[かきむら・たかし] (1902-1987) 中国哲学。 「ラッセル協会」発起人の一人 訳者:堀 秀彦[ほり・ひでひこ] (1906-1997) 哲学。評論。 …

『大阪ソースダイバー ――下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。』(堀埜浩二, 曽束政昭 ブリコルール・パブリッシング 2017)

著者:堀埜 浩二[ほりの・こうじ] (1960-) ライター、イベントプロデューサー。 著者:曽束 政昭[そつか・まさあき] (1968-) ライター。大阪ソースダイバー: 下町文化としてのソースを巡る、味と思考の旅。作者:堀埜浩二,曽束政昭出版社/メーカー: ブリ…

『自由学問都市 大坂――懐徳堂と日本的理性の誕生』(宮川康子 講談社選書メチエ 2002)

著者:宮川 康子[みやがわ・やすこ] (1953-) 日本思想史、文化理論。自由学問都市大坂―懐徳堂と日本的理性の誕生 (講談社選書メチエ)作者:宮川 康子出版社/メーカー: 講談社発売日: 2002/02メディア: 単行本【目次】 目次 [001-003] はじめに――よみがえる…

『大阪――都市の記憶を掘り起こす』(加藤政洋 ちくま新書 2019)

著者:加藤 政洋[かとう・まさひろ] (1972-) 都市社会地理学。沖縄研究。 https://ramblingurbanist.jimdo.com/ 大阪 (ちくま新書)作者:加藤 政洋出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2019/04/05メディア: 新書大阪 ──都市の記憶を掘り起こす (ちくま新書)作…

『大阪――大都市は国家を超えるか』(砂原庸介 中公新書 2012)

著者:砂原 庸介[すなはら・ようすけ] 政治学。大阪―大都市は国家を超えるか (中公新書)作者:砂原 庸介出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2012/11/22メディア: 新書大阪―大都市は国家を超えるか (中公新書)作者:砂原庸介出版社/メーカー: 中央公論新社…

『通天閣――新・日本資本主義発達史』(酒井隆史 青土社 2011)

著者:酒井 隆史[さかい・たかし] (1965- ) 社会学、社会思想史。通天閣 新・日本資本主義発達史作者:酒井 隆史出版社/メーカー: 青土社発売日: 2011/11/25メディア: 単行本【目次】 目次 [001-004] 題辞 [006] 序 007 第一章 ジャンジャン町パサージュ論 …

『プラットフォームの経済学――機械は人と企業の未来をどう変える?』(Andrew McAfee, Erik Brynjolfsson[著] 村井章子[訳] 日経BP社 2018//2017)

原題:Machine, Platform, Crowd: Harnessing Our Digital Future (2017) 著者:Andrew McAfee 著者:Erik Brynjolfsson 訳者:村井 章子 プラットフォームの経済学 機械は人と企業の未来をどう変える?作者:アンドリュー・マカフィー、エリック・ブリニョル…

『貧困の基本形態――社会的紐帯の社会学』(Serge Paugam[著] 川野英二,中條健志[訳] 新泉社 2016//2005)

原題:Les formes élémentaires de la pauvreté (Presses universitaires de France, coll. « Le lien social », 2005) 著者:Serge Paugam(1960-) 社会学。 訳者:川野 英二[かわの・えいじ] (1968-) 訳者:中條 健志[ちゅうじょう・たけし] (1983-) 装…

『なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか』(Robert C. Allen[著] グローバル経済史研究会[訳] NTT出版 2012//2011)

原題:Global Economic History: A Very Short Introduction. 著者:Robert Carson Allen(1947-) 訳者:“グローバル経済史研究会” 湯沢 威[ゆざわ・たけし] (1940-) 比較経営史、鉄道史。 安元 稔[やすもと・みのる] (1941-) 英国経済史。 眞嶋 史叙[ま…

『グローバル経済史入門』(杉山伸也 岩波新書 2014)

著者:杉山 伸也[すぎやま・しんや] (1949-) 日本経済史、アジア経済史。グローバル経済史入門 (岩波新書)作者:杉山 伸也出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/11/21メディア: 新書グローバル経済史入門 (岩波新書)作者:杉山 伸也出版社/メーカー: 岩波…

『いまこそ経済成長を取り戻せ――崩壊の瀬戸際で経済学に何ができるか』(Dambisa Moyo[著] 若林茂樹[訳] 白水社 2019//2018)

原題:Edge of Chaos: Why Democracy Is Failing to Deliver Economic Growth and How to Fix It (2018) 著者:Dambisa Felicia Moyo (1969-) エコノミスト。 訳者:若林 茂樹[わかばやし・しげき] (1970-) エコノミスト(日本政策投資銀行)。 装画:佐貫…

『古代・中世経済学史』(Barry Gordon[著] 村井明彦[訳] 晃洋書房 2018//1975)

原題:Economic Analysis before Adam Smith: Hesiod to Lessius(1975) 著者:Barry Gordon (1934-1994) 古典派、キリスト教経済思想。 訳者:村井明彦古代・中世経済学史作者:バーリ・ゴードン出版社/メーカー: 晃洋書房発売日: 2018/10/20メディア: 単行本…

『鏡映反転――紀元前からの難問を解く』(高野陽太郎 岩波書店 2015)

著者:高野 陽太郎[たかの・ようたろう] (1950-) 認知科学、実験心理学。鏡映反転――紀元前からの難問を解く作者:高野 陽太郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/07/16メディア: 単行本鏡映反転-紀元前からの難問を解く作者:高野 陽太郎出版社/メーカ…

『THIS IS JAPAN ――英国保育士が見た日本』(ブレイディみかこ 新潮文庫 2020//2016)

著者:ブレイディみかこ 保育士、ライター。 解説:荻上チキ 編集者、評論家。THIS IS JAPAN :英国保育士が見た日本 (新潮文庫 ふ 57-1)作者:ブレイディ みかこ出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2019/12/25メディア: 文庫【目次】 目次 [003-005] はじめに 00…

『議論入門――負けないための5つの技術』(香西秀信 ちくま学芸文庫 2016//1996)

著者:香西 秀信[こうざい・ひでのぶ] (1958-2013) 修辞学、教育学。 原本:『議論の技を学ぶ論法集』明治図書 内容:ディベート用の説得技法を例示し解説する本。大学生レベルの授業を想定しているとのこと。議論入門: 負けないための5つの技術 (ちくま学…

『やさしい日本語――多文化共生社会へ』(庵功雄 岩波新書 2016)

著者:庵 功雄[いおり・いさお] (1967-) 日本語教育、日本語学。やさしい日本語――多文化共生社会へ (岩波新書)作者:庵 功雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2016/08/20メディア: 新書やさしい日本語-多文化共生社会へ (岩波新書)作者:庵 功雄出版社/メ…

『日本語の歴史――青信号はなぜアオなのか』(小松英雄 笠間書院 2001)

著者:小松 英雄[こまつ・ひでお] (1929-) 日本語史。日本語の歴史―青信号はなぜアオなのか作者:小松 英雄出版社/メーカー: 笠間書院発売日: 2001/11/01メディア: 単行本日本語の歴史 青信号はなぜアオなのか作者:小松英雄出版社/メーカー: 笠間書院発売日…

『改訂増補 古文解釈のための国文法入門』(松尾聰 ちくま学芸文庫 2019//1952)

著者:松尾 聰[まつお・さとし](1907-1997) 平安時代文学。 解説:小田 勝[おだ・まさる](1964-) 日本語学、古典文法。改訂増補 古文解釈のための国文法入門 (ちくま学芸文庫)作者:松尾 聰出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2019/09/10メディア: 文庫【…

『はじめての研究レポート作成術』(沼崎一郎 岩波ジュニア新書 2018)

著者:沼崎 一郎[ぬまざき・いちろう] (1958-) 文化人類学。 章扉イラスト:村山 宇希[むらやま・うき]はじめての研究レポート作成術 (岩波ジュニア新書)作者: 沼崎一郎出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2018/01/20メディア: 新書この商品を含むブログ …

『考古学の挑戦――地中に問いかける歴史学』(阿部芳郎[編] 岩波ジュニア新書 2010)

編著者:阿部 芳郎[あべ・よしろう](1959-) 日本考古学。 著者: 吉田 邦夫[よしだ・くにお](1947-) 年代学、考古科学、文化財科学。 栗島 義明[くりしま・よしあき](1958-) 日本先史考古学。 高瀬 克範[たかせ・かつのり](1974-) 先史考古学。 丑野…

『機械カニバリズム――人間なきあとの人類学へ』(久保明教 講談社選書メチエ 2018)

著者:久保 明教[くぼ・あきのり] (1978-) テクノロジーの人類学、文化人類学、科学技術社会論。機械カニバリズム 人間なきあとの人類学へ (講談社選書メチエ)作者: 久保明教出版社/メーカー: 講談社発売日: 2018/09/12メディア: 単行本(ソフトカバー)こ…

『「日本人と英語」の社会学――なぜ英語教育論は誤解だらけなのか』(寺沢拓敬 研究社 2015)

著者:寺沢 拓敬[てらさわ・たくのり] (1982-) 社会言語学・応用言語学・英語教育史。「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか作者: 寺沢拓敬出版社/メーカー: 研究社発売日: 2015/01/17メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を…

『科学の社会史――ルネサンスから20世紀まで』(古川安 ちくま学芸文庫 2018//1989)

著者:古川 安[ふるかわ・やす](1948-) 科学史。科学の社会史 (ちくま学芸文庫)作者: 古川安出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2018/10/11メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る科学の社会史 ──ルネサンスから20世紀まで (ちくま学芸文庫)作者:…

『仕事と家族――日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか』(筒井淳也 中公新書 2015)

著者:筒井 淳也[つつい・じゅんや] (1970-) 計量社会学、家族社会学。仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書)作者: 筒井 淳也出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2015/05/22メディア: 新書この商品を含むブログ (39件) を見る…

『外国人とのコミュニケーション』(J. V. Neustupný 岩波新書 1982)

著者:Jiří Václav Neustupný(1933-2015) 言語学、コミュニケーション論。プラハ出身。 初出:『言語生活』1981年1月号〜6月号 外国人とのコミュニケーション (岩波新書)作者: J.V.ネウストプニー,Jir´i V´aclav Neustupn´y出版社/メーカー: 岩波書店発売日:…

『日本語と外国語』(鈴木孝夫 岩波新書 1990)

著者:鈴木孝夫[すずき・たかお] (1926-) 言語学。“言語社会学”。日本語と外国語 (岩波新書)作者: 鈴木孝夫出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1990/01/22メディア: 新書購入: 3人 クリック: 12回この商品を含むブログ (30件) を見る※一頁以上の大きな図・…

『認知文法のエッセンス』(John R. Taylor[著] 瀬戸賢一[訳] 大修館書店 2008//2002)

原題:Cognitive Grammar (Oxford University Press, 2002)著者:John R. Taylor(1944-)著・訳者:瀬戸賢一(1951-) 【書誌情報+内容紹介】 出版年月日 2008/08/20ISBN:9784469213225判型:A5頁数:395定価:本体2,600円+税 ◆認知文法の本質を明らかにする…

『「ハッピーな部活」のつくり方』(中澤篤史,内田良 岩波ジュニア新書 2019)

著者:中澤 篤史[なかざわ・あつし] (1979-) スポーツ社会学。 著者:内田 良[うちだ・りょう] (1976-) 教育社会学。 カバー・章扉 イラスト:賀茂川[かもがわ] 3章・おわりに イラスト:大庫 真理[おおご・まり]https://www.marioogo.com/ 「ハッピ…

『ネットは社会を分断しない』(田中辰雄 浜屋敏 角川新書 2019)

著者:田中辰雄[たなか・たつお](1957-) 計量経済学。 著者:浜屋 敏[はまや・さとし](1963-) 経営情報システム。ネットは社会を分断しない (角川新書)作者: 田中辰雄,浜屋敏出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2019/10/10メディア: Kindle版この商品を含…