contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

目次

『心理学の哲学[心理学基礎論叢書]』(渡辺恒夫, 村田純一, 高橋澪子[編] 北大路書房 2002)

編者:渡辺 恒夫[わたなべ・つねお](1946-) 編者:村田 純一[むらた・じゅんいち](1948) 編者:高橋 澪子[たかはし・みおこ](1934-) 件名:心理学 NDLC:SB35 NDC:140.1 心理学 備考:先行する『心とは何か――心理学と諸科学との対話』(北大路書房 200…

『心とは何か――心理学と諸科学との対話[心理学基礎論叢書]』(足立自朗ほか[編] 北大路書房 2001)

編者:足立 自朗[あだち・じろう] 編者:渡辺 恒夫[わたなべ・つねお] 編者:月本 洋[つきもと・ひろし] 編者:石川 幹人[いしかわ・まさと] 件名:心理学 NDLC:SB35 NDC:140.1 心理学 心とは何か: 心理学と諸科学との対話北大路書房Amazon 【目次…

『心理学の7つの大罪――真の科学であるために私たちがすべきこと』(Chris Chambers[著] 大塚紳一郎[訳] みすず書房 2019//2019)

原題:The Seven Deadly Sins of Psychology: A Manifesto for Reforming the Culture of Scientific Practice 著者:Christopher D. Chambers 訳者:大塚 紳一郎[おおつか・しんいちろう](1980-) 精神分析(ユング派)。臨床心理士。翻訳。 件名:心理学-…

『科学としての心理学――科学的・統計的推測入門』(Zoltan Dienes[著] 石井敬子,清河幸子[訳] 新曜社 2023//2008)

原題:Understanding Psychology as a Science: An Introduction to Scientific and Statistical Inference (Palgrave Macmillan) 著者:Zoltán Dienes(1963-) 訳者:石井 敬子 [いしい・けいこ] 社会心理学、文化心理学。 訳者:清河 幸子[きよかわ・さ…

『心を測る――現代の心理測定における諸問題』(Denny Borsboom[著] 仲嶺真[監訳] 下司忠大ほか[訳] 金子書房 2022//2005)

原題:Measuring the mind: Conceptual issues in contemporary psychometrics (Cambridge University Press) 著者:Denny Borsboom(1973-) 監訳:仲 嶺真[なかみね・しん] 訳者:下司 忠大[しもつかさ・ただひろ] 訳者:三枝 高大[みえだ・たかひろ] …

『因果推論の科学――「なぜ?」の問いにどう答えるか』(Judea Pearl, Dana Mackenzie[編] 夏目大[訳] 文藝春秋 2022//2018)

原題:The Book of Why: The New Science of Cause and Effect (Basic Books, 2018) 著者:Judea Pearl(1936-) 計算機科学、哲学。[ヘブライ語:יהודה פרל] 著者:Dana Mackenzie(?-) サイエンスライター(数学)。 監修:松尾 豊[まつお・ゆたか](1975-…

『哲学がわかる 因果性』(Stephen Mumford, Rani Lill Anjum[著] 塩野直之,谷川卓[訳] 岩波書店 2017//2013)

原題:Causation: A Very Short Introduction(Oxford University Press) 著者:Stephen Mumford 著者:Rani Lill Anjum 訳者:塩野 直之[しおの・なおゆき] 訳者:谷川 卓[たにかわ・たく] 件名:因果性 NDLC:H24 哲学・宗教 >> 哲学 >> 形而上学・存在…

『現代哲学のキーコンセプト 因果性』(Douglas Kutach[著] 相松慎也[訳] 岩波書店 2019//2014)

原題:Causation, Key Concepts in Philosophy (Polity Press) 著者:Douglas Kutach(1979-) 訳者:相松 慎也[あいまつ・しんや](1983-) 哲学。 解説:一ノ瀬 正樹[いちのせ・まさき](1957-) 哲学。 シリーズ:現代哲学のキーコンセプト 件名:因果性 ND…

『「蓋然性」の探求――古代の推論術から確率論の誕生まで』(James Franklin[著] 南條郁子[訳] みすず書房 2018//2001)

原題:The Science of Conjecture: Evidence and Probability before Pascal (Johns Hopkins University Press) 著者:James Franklin(1952-) 数学の哲学、形式科学、確率の概念史。 訳者:南條 郁子[なんじょう・いくこ] 日英翻訳。 装丁:永松 大剛[な…

『オッカムのかみそり――最節約性と統計学の哲学』(Elliott Sober[著] 森元良太[訳] 勁草書房 2021//2015)

原題:Ockham’s Razors: A User’s Manual (Cambridge University Press) 著者:Elliott R. Sober(1948-) 訳者:森元 良太[もりもと・りょうた](1975-) 装丁:佐藤 博 件名:科学論 件名:推理 件名:確率論 NDLC:M22 NDC:401 自然科学 >> 科学理論.科学…

『現代哲学のキーコンセプト 確率』(Darrell P. Rowbottom[著] 佐竹祐介[訳] 岩波書店 2019//2015)

原題:Probability (Polity Press) 著者:Darrell Patrick Rowbottom(1975- ) 訳者:佐竹 佑介[さたけ・ゆうすけ](1989-) 哲学。 解説:一ノ瀬 正樹[いちのせ・まさき](1957-) 哲学。 シリーズ:Key Concepts in Philosophy 件名:確率論 件名:数理哲学…

『確率の哲学――因果論思考から帰納論理へ』(金子裕介 森北出版 2022)

著者:金子 裕介[かねこ・ゆうすけ] 哲学、論理学。 監修:一ノ瀬 正樹[いちのせ・まさき](1957-) 哲学。 件名:確率論 件名:数理哲学 NDLC:MA211 科学技術 >> 数学 >> 確率論、数理統計学 NDC:417.1 数学 >> 確率論、数理統計学 >> 確率論:マルコフ…

『確率と哲学』(Timothy Childers[著] 芦屋雄高[訳] 九夏社 2020//2013)

原題:Philosophy and probability (Oxford University Press, 2013) 著者:Timothy Childers 監訳:宮部 賢志[みやべ・けんし] 数学(計算論、ランダムネスの理論) 訳者:芦屋 雄高[あしや・ゆたか] 編集、日英翻訳。 装丁:サトウヒロシ(1978-) 絵本…

『統計学を哲学する』(大塚淳 名古屋大学出版会 2020)

著者:大塚 淳[おおつか・じゅん](1979-) 科学哲学(生物学の哲学、統計学の哲学)。 装丁:耳塚 有里[みみづか・あり] 件名:統計学 NDLC:MA211 科学技術 >> 数学 >> 確率論、数理統計学 NDC:417 数学 >> 確率論、数理統計学 備考:統計学の「科学哲…

『セミコロン――かくも控えめであまりにもやっかいな句読点』(Cecelia Watson[著] 萩澤大輝,倉林秀男[訳] 左右社 2023//2019)

原題:Semicolon: How a Misunderstood Punctuation Mark Can Improve Your Writing, Enrich Your Reading and Even Change Your Life (Fourth Estate Ltd) 著者:Cecelia Watson 科学史。科学哲学。 訳者:萩澤 大輝[はぎさわ・だいき](1992-) 認知言語学…

『索引 ~の歴史――書物史を変えた大発明』(Dennis Duncan[著] 小野木明恵[訳] 光文社 2023//2021)

原題:Index, A History of the: A Bookish Adventure from Medieval Manuscripts to the Digital Age (Allen Lane, 2021) 著者:Dennis Duncan 書物史。 訳者:小野木 明恵[おのき・あきえ] 造本装幀:岡 孝治[おか・こうじ] 編集協力:津田 正 (北烏…

『本の索引の作り方』(藤田節子 地人書館 2019)

著者:藤田 節子[ふじた・せつこ] 司書。 索引の作成:原田 智子 カバーデザイン:小玉 和男[こだま・かずお] 地人書館:本の索引の作り方 本の索引の作り方作者:藤田 節子地人書館Amazon 【目次】 はじめに [003-009] 本書の利用対象と目的 本書の構成 …

『調べる技術――国会図書館秘伝のレファレンス・チップス』(小林昌樹 皓星社 2022)

著者:小林 昌樹[こばやし・まさき](1967-) 司書。レファレンス論、図書館史、近代出版史、読書史。 件名:情報活動(インターネット) 件名:レファレンスワーク NDLC:UA21 NDC:002.7 総記 >> 知識.学問.学術 >> 研究法.調査法 NDC:007.58 総記 >> …

『リサーチのはじめかた――「きみの問い」を見つけ、育て、伝える方法』(Thomas S. Mullaney, Christopher G. Rea[著] 安原和見[訳] 筑摩書房 2023//2022)

原題:Where Research Begins: Choosing a Research Project That Matters to You (and the World), University of Chicago Press. 著者:Thomas S. Mullaney 中国史。 著者:Christopher G. Rea 中国文学。 訳者:安原 和見[やすはら・かずみ](1960-) 英…

『リサーチの技法』(Wayne C. Boothほか[著] 川又政治[訳] ソシム 2018//2016)

原題:The Craft of Research, Fourth Edition. 著者:Wayne C. Booth(1921-2005) 著者:Gregory G. Colomb(1951-2011) 著者:Joseph M. Williams(1933-2008) 著者:Joseph Bizup 著者:William T. Fitzgerald 訳者:川又 政治[かわまた・まさはる] 英日翻…

『仮説のつくりかた――多様なデータから新たな発想をつかめ』(石川博 共立出版 2021)

著者:石川 博[いしかわ・ひろし](1956-) ソーシャル・ビッグデータ、データベース、知能情報学、Web情報学。 Cover Design:小山 巧[こやま・たくみ] Shiki Design Office 件名:ビッグデータ--データ処理 件名:仮説 NDC:007.609 情報学.情報科学 >>…

『銀河の片隅で科学夜話――物理学者が語る、すばらしく不思議で美しいこの世界の小さな驚異』(全卓樹 朝日出版社 2020)

著者:全 卓樹[ぜん・たくじゅ] 量子力学、数理物理学、社会物理学。 装幀:佐々木 暁[ささき・あきら] デザイン。 cozfish → HEADZ →フリーランス。 装画:Rob Gonsalves(1959-2017) 挿画:阿部 伸二[あべ・しんじ] イラストレーション。 カレラ NDC…

『21世紀の財政政策――低金利・高債務下の正しい経済戦略』(Olivier Blanchard[著] 田代毅[訳] 日本経済新聞出版 2023//2023)

原題:Fiscal Policy under Low Interest Rates (MIT Press) 著者:Olivier Jean Blanchard(1948-) 訳者:田代 毅[たしろ・たけし] マクロ経済政策、日本経済論。 装幀:野網 雄太[のあみ・ゆうた] グラフィックデザイン。 本文DTP:キャップス 件名:財…

『政府は巨大化する――小さな政府の終焉』(Marc Robinson[著] 月谷真紀[訳] 日経BP 2022//2020)

原題:Bigger Government: The Future of Government Expenditure in Advanced Economies (Arolla Press, 2020) 著者:Marc L. Robinson(1953-) 財政学。財政コンサルタント。 訳者:月谷 真紀[つきたに・まき](1967-) 英日翻訳。 装幀:野網デザイン事務…

『あの会社はなぜ、経済学を使うのか?――先進企業5社の事例でわかる「ビジネスの確実性と再現性を上げる」方法』(今井誠 日経BP 2024)

著者:今井 誠[いまい・まこと] 件名:経済学 件名:経営学 NDC:331 経済学.経済思想 NDLC:DA1 あの会社はなぜ、経済学を使うのか? 先進企業5社の事例でわかる 「ビジネスの確実性と再現性を上げる」方法 | 日経BOOKプラス あの会社はなぜ、経済学を…

『使える!経済学――データ駆動社会で始まった大変革』(日本経済研究センター[編] 日本経済新聞出版 2022)

編者:公益社団法人 日本経済研究センター(1963-) 著者:坂井 豊貴 著者:渡辺 安虎 著者:成田 悠輔 著者:仲田 泰祐 著者:野田 俊也 著者:上武 康亮 著者:小島 武仁 著者:井深 陽子 著者:田原 健吾 装丁:野網 雄太[のあみ・ゆうた](1988-) グラフ…

『そのビジネス課題、最新の経済学で「すでに解決」しています。――仕事の「直感」「場当たり的」「劣化コピー」「根性論」を終わらせる』(今井誠,坂井豊貴[編著] 日経BP 2022)

編者:今井 誠[いまい・まこと] 編者:坂井 豊貴[さかい とよたか] 著者:上野 雄史[うえの たけふみ] 著者:星野 崇宏[ほしの・たかひろ] 著者:安田 洋祐[やすだ・ようすけ] 著者:山口 真一[やまぐち・しんいち] デザイン:大場 君人[おおば…

『アントフィナンシャル――1匹のアリがつくる新金融エコシステム』(廉薇ほか[著] 永井麻生子[訳] みすず書房 2019//2017)

原題:蚂蚁金服:从支付宝到新金融生态圈(中国人民大学出版社、2017年) 著者:廉 薇[lian, wei] 編集者。「中国金融四十人论坛」(CF40)編集部主任。 著者:边 慧[辺 慧/bian, hui] 編集者。 著者:苏 向辉[蘇 向輝/su, xiang hui] 編集者。 著者…

『功利主義』(John Stuart Mill[著] 関口正司[訳] 岩波文庫 2021//1871//1863)

原題:Utilitarianism, 4th edition. (1871) 原題: (Chapter 2.) Of liberty and necessity & (Chapter 12.) Of the Logic of Practice, or Art; including Morality and Policy, in A System of Logic: Ratiocinative and Inductive: Being a Connected Vi…

『経済学と合理性――経済学の真の標準化に向けて』(清水和巳 岩波書店 2022)

著者:清水 和巳[しみず・かずみ](1961-) 実験政治経済学、行動経済学、社会科学方法論。 シリーズ:ソーシャル・サイエンス 件名:経済学--方法論 NDLC:DA3 NDC:331.16 経済 >> 経済学.経済思想 >> 経済哲学 >> 経済学方法論 経済学と合理性 - 岩波書…