contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『生薬101の科学――薬理効果・採集法から家庭で使うコツまで』(清水岑夫 ブルーバックス 1999)

著者:清水 岑夫[しみず・みねお](1936-) 生薬学、薬用天然物化学。
装幀:芦澤 泰偉
本文イラスト:石戸 忠、清水 岑夫
本文デザイン:中山 康子

【目次】
はじめに [005-009]
目次 [010-014]
本書の読み方と利用の心得 [015]


1 アオキ   青木[あおき] 016
2 アオギリス 梧桐葉/梧桐子[ごどうし] 018
3 アカネ   茜草根[せんそうこん] 020
4 アカメガシワ   将軍木皮[しょうぐんぼくひ] 022
5 アカヤジオウ   地黄[じおう] 024
6 アロエ   蘆薈[ろかい] 026
7 アンズ   杏仁[きょうにん] 029
8 イカリソウ 淫羊藿[いんようかく] 030
9 イタドリ   虎杖根[こじょうこん] 032
10 イチイ   一位[いちい] 034
11 イチジク  無花果[むかか]036
12  イノコズチ 牛膝[ごしつ] 038
13 ウコン   鬱金[うこん] 040
14 ウンシュウミカン 陳皮[ちんぴ] 042
15 エビスグサ 決明子[けつめいし] 044
16 エンジュ  槐花[かいか] 046
17 オウレン  黄連[おうれん] 048
18 オオバコ  車前子[しゃぜんし]/車前草[しゃぜんそう] 050
19 オケラ   朮[じゅつ] 052
20 オタネニンジン  人参[にんじん] 054
21 オトギリソウ   弟切草[おとぎりそう]/小連翹[しょうれんぎょう] 058
22 カキ    柿蔕[してい] 060
23 カギカズラ 釣藤鈎[ちょうとうこう] 063
24 カキドオシ 連銭草[れんせんそう] 065
25 カノコソウ 吉草根[きっそうこん] 066
26 カラシナ  芥子[がいし] 068
27 カラスビシャク  半夏[はんげ] 070
28 カワラヨモギ   菌蔭蒿[いんちんこう] 072
29 カンゾウ  甘草[かんぞう] 074
30 キカラスウリ   栝楼根[かろこん]/栝楼仁[かろにん] 076
31 キキョウ  桔梗根[ききょうこん] 078
32 キササゲ  梓実[しじつ] 080
33 ギシギシ  羊蹄根[ようていこん] 052
34 キハダ   黄柏[おうばく] 084
35 キバナオウギ   黄耆[おうぎ] 085
36 キンミズヒキ   竜牙草[りゅうがそう] 087
37 クコ    枸杞[くこ] 089
38 クズ    葛根[かっこん] 091
39 クチナシ  山梔子[さんしし] 093
40 クロモジ  釣樟[ちょうしょう] 095
41 クワ    桑白皮[そうはくひ] 096
42 ゲンノショウコ  玄草[げんそう] 098
43 ゴオウ   牛黄[ごおう] 100
44 コガネバナ 黄岑[おうごん] 102
45 ゴシュユ  呉茱萸[ごしゅゆ] 104
46 サジオモダカ    沢瀉[たくしゃ] 106
44 サネブトナツメ   酸棗仁[さんそうにん] 107
48 サルトリイバラ   山帰来[さんきらい] 108
49 サンシュユ 山茱萸[さんしゅゆ] 110
50 サンショウ 山椒[さんしょう] 111
51 シソ    蘇葉[そよう] 113
52 シャクヤク 芍薬[しゃくやく] 114
56 ジャノヒゲ 麦門冬[ばくもんどう] 116
54 ショウガ  生姜[しょうきょう] 118
55 スイカズラ 忍冬[にんどう] 119
56 スギナ   問荊[もんけい] 121
57 セリ    水芹[すいきん]  122
58 センキュウ 川芎[せんきゅう] 124
59 センブリ  当薬[とうやく] 125
60 ダイオウ  大黄 127
61 ダイダイ  橙皮[とうひ]/橘[きじつ]/橘殼[きこく] 129
62 タラノキ  楤木皮[そうぼくひ] 131
63 タンジン  丹参[たんじん] 133
64 タンポポ  蒲公英[ほこうえい] 134
65 チャ    茶[ちゃ] 136
66 ツヅラフジ    防已[ぼうい] 138
67 ツルドクダミ   何首烏[かしゅう] 139 
68 ツワブキ  橐吾[たくご] 141
69 トウキ   当帰[とうき] 142
70 ドクダミ  重薬/十薬[じゅうやく] 144
71 トリカブト 附子[ぶし] 146
72 ナツメ   大棗[たいそう] 148
73 ナルコユリ 黄精[おうせい] 150
74 ナンテン  南天[なんてん] 151
75 ニガキ   苦木[にがき] 153
76 ニワトコ  接骨木[せつこつぼく] 154
77 ニンニク  大蒜[たいさん] 156
78 ノイバラ  営実[えいじつ] 158
79 ハトムギ  薏苡仁[よくいにん] 159
80 ハナスゲ  知母[ちも] 161
81 ハナミョウガ   伊豆縮砂[いずしゅくしゃ] 162
82 ハブソウ  望江南[ぼうこうなん] 164
83 ハマスゲ  香附子[こうぶし] 165
84 ハマボウフウ   浜防風[はまぼうふう] 166
85 ヒキオコシ 延命草[えんめいそう] 168
86 ヒルガオ  旋花[せんか] 170
87 ビワ    批杷葉[びわよう] 171
88 ビンロウ  檳榔子[びんろうじ] 174
89 フジバカマ 蘭草[らんそう] 175
90 ベニバナ  紅花[こうか] 178
91 ボタン   牡丹皮[ぼたんぴ] 180
92 マオウ   麻黄[まおう] 181
93 マタタビ  木天蓼[もくてんりょう] 183
94 ミシマサイコ   柴胡[さいこ]  185
95 ムクゲ   木槿[もっきん] 187
96 メハジキ  益母草[やくもそう] 189
97 モモ    桃仁[とうにん] 190
98 ヤマノイモ 山薬[さんやく] 192
99 ユキノシタ 虎耳草[こじそう] 194
100 ヨモギ   艾葉[がいよう]  196
101 リンドウ  竜胆[りゅうたん]  198


症状別利用生薬と漢方処方 [200-213]
  1 呼吸器系 
  2 循環器系 
  3 消化器系 
  4 新陳代謝系 
  5 泌尿生殖器系 
  6 神経系 
  7 皮膚科系 
  8 耳鼻咽喉科系 
  9 産婦人科系 
  10 保健予防薬(滋養強壮薬) 

植物の特徴を見分ける豆知識 [214-218]
  花序とは?
  葉のつけ方(葉序)

イラスト出典 [19-20]
さくいん [1-18]




【メモランダム】
・参考になるサイト。
http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/yakusodb/




【関連記事】

『植物はなぜ薬を作るのか』(斉藤和季 文春新書 2017)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200909/1599577200