contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『法律家のレトリック〈レトリック研究会叢書1〉』(Fritjof Haft[著] 植松秀雄[訳] 木鐸社 1992//1990)

原題:Juristische Rhetorik. 4.Aufl (1990)
著者:Fritjof Haft(1940-)
訳者:植松秀雄

法律家のレトリック (レトリック研究会叢書 (1))

法律家のレトリック (レトリック研究会叢書 (1))

【目次】
献辞 [002]
日本語版まえがき(チュービンゲン 一九九二年二月 フリチョフ・ハフト) [003-004]
目次 [005-007]
凡例 [008]


第一編 序論
第一章 法律家のレトリックという概念 013
第二章 古代の古典のレトリックとの違い 019


第二編 総論(レトリック基礎理論)
第一章 法における構造思考 031
第二章 構造と学習過程 050
第三章 定義すること 064
第四章 包摂すること 078
第五章 弁証すること 095
  第一節 弁証の対象 096
  第二節 弁証の計画 102
    一 真っ直ぐ進む弁証 103
    二 曲がって進む弁証 106
  第三節 弁証の類型 109
第六章 弁証の技術 113
  第一節 事物にかかわる弁姿 117
  第二節 人物にかかわる弁姿 119
  第三節 修辞にかかわる弁姿 125
第七章 法における思考誤謬 131
  第一節 統辞論的誤謬 138
    一 前提欠陥 141
    二 前提矛盾 143
  第二節 意味論的誤謬 144
  第三節 語用論的誤謬 147


第三編 各論(法律家レトリックの特殊な応用例)
第一章 厳密な包摂 153
第二章 法律家の議論 163
  第一節 音声表現 167
  第二節 情動表現 168
  第三節 身体言語 169
  第四節 口頭技術 172
第三章 判決批評――連邦通常裁判所刑事判例集 一五、一五五 177


原注 [190-193]
第三版(一九八五年)あとがき [195-207]
第四版(一九九〇年)あとがき(チュービンゲン 一九八九年八月 フリチョフ・ハフト) [208-213]
訳者あとがき(一九九二年夏 牟佐の里にて 植松秀雄) [214-219]