contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『キレイならいいのか――ビューティ・バイアス』(Deborah L. Rhode[著] 栗原泉[訳] 亜紀書房 2012//2010)

原題:The Beauty Bias: The Injustice of Appearance in Life and Law 

者:Deborah L. Rhode(1952-) 法曹倫理。

訳者:栗原 泉  翻訳家。

 

【版元】〈http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=501

 

キレイならいいのか――ビューティ・バイアス (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

キレイならいいのか――ビューティ・バイアス (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)

 



【目次】

凡例 [002]
はじめに フェミニストで、知を求める学者……のはずが…… [003-016]
目次 [017-024]


第一章 些末なことが大事なこと――女たちが支払っている代償 025
個人的なことは政治的なこと――靴の問題 029
容姿――代償とその結果 034
根幹をさぐる 037
フェミニストたちの挑戦と反応 041
容姿差別――社会の不正と法的権利 044
「くだらない訴訟」で裁判所が一杯に? 048
大事なのはルックではなくクック 051
容姿差別を禁じる州と都市 054
多額の費用に立証の難しさ 056
改革への行程表 060


第二章 容姿の重要性と、ひとをマネる代償 065
「魅力的」の定義とさまざまな差別 067
対人関係と経済的機会 071
容姿と生活の質の関連 075
ジェンダーによる違い 077
現状維持の代償――時間と金 080
考えられる健康リスク 085
化粧と整形手術の害 088
摂食障害と無食欲症 092
バイアスがかかる 095


第三章 美の追求は割に合う? 101
社会生物学的な基礎 103
三つの圧力 106
市場の力 108
幼児への接近 112
テクノロジーの力 116
メディアの力 118
各種美人コンテスト 120
テレビの影響――フィジーでも「この体形になりたい」 124
やり玉に挙げられる有名人の容姿 128
女子スポーツ選手の場合―― 一度も優勝なしで最も収入の多い女子テニスプロ 134
広告が作り出した数十億ドルの産業 136
満足度とは遠い美を求める努力 141


第四章 際限のない批判合戦 143
一九世紀~二〇世紀初頭の評論家たち 148
現代の女性運動 151
批判、そして批判 154
フェミニストたちの反応 158
個人的なことと政治的なことの間 162
二重の敗北感 168
袋小路を抜けて 173
新たなスタートライン 176


第五章 外見で人を判断するな――不当な差別 181
ステレオタイプで差別 185
二重の差別への異議申し立て 188
思わぬダブルスタンダードの弊害――同性愛者の直面する問題 190
自己表現の権利を守る――個人の自由と文化的アイデンティティ 193
コントロールできるものは自己責任? 197
太り過ぎインストラクターの出世 202
セクシーな子を雇って何が悪い? 203
雇用者の論理と懸念 206
実利的な面からの反論 208
法律の効果 213
性的嫌がらせとの類似 216
法律の貢献 218


第六章 新しく作るか、あるものを使うか――法の枠組み 221
現行の法的枠組みの限界 225
容姿差別の禁止 250
取り組み方の比較――ヨーロッパの対応 255
容姿差別の法的禁止――その力と限界 259
消費者保護――詐欺まがいの販売行為の禁止 262
改革への方向づけ 265


第七章 改革に向けての戦略 267
目標設定 270
個人ができること 275
業界・メディアの役割 277
法律と政策 282
ジャンクフード漬けの子ども対策 284
栄養素表示の効果 288
問題を矮小化する法案 290
パーティのあとの救急センター 293

 

【抜き書き】
・ルビは全括弧[ ]に示した。
・引用者による中略は〔……〕。
・以下の抜き書きは、冒頭のやや長い「はじめに」から数か所。あとの方には本書中盤から一か所。


 はじめに  フェミニストで、知を求める学者……のはずが……

 容姿のことで私はこれまでずっと問題を抱えてきた。だが、そんなことを広く訴えたいとか、ましてや本に書きたいなどと思ったことはない。我々の文化のなかでは、そんな話をすることに多少なりとも不安を覚えずにはいられないのだ。
 フェミニズム創始者の一人、スーザン・ブラウンミラーは次のような言葉でこの問題の一端を明らかにしている。「『服装とは一つの意見表明だ』なんて言ったのはだれ? そんな生易しいもんじゃないわ。服というものは一時[いっとき]も黙っちゃいない。際限もなくがなり立ててるのよ。着ている本人が意識しようとしまいと、いろんな主張をね」
 体重やヘアスタイル、化粧などについても同じことがいえる。そこで、主張のまったくない私のような人間は困ってしまう。私はただ周囲に溶け込みたいだけだ。きれいかどうかよりも、ただ目立たないでいたい。人によっては、たまたまだれかが自分と同じ服を着ていると困惑したり不機嫌になったりするが、私はいつもほっとする。野暮ったい服かもしれないが、着ているのは私一人じゃないんだと。
 他人のまねをしていればいちばん安全だと私は信じていたのだが、一九七九年にスタンフォード大学で働き始めるとそうはいかなくなった。法学部の教員三六人のうち、女性は先輩一人と私だけ。その先輩のファッションが、到底まねできないものだったのだ。派手なプリント柄や大胆な色合いの彼女の服は、頭のてっぺんからつま先まで主張だらけだった。
 一方、私の服はといえばセーターとコール天パンツばかり。私は職場の進歩主義的な男性同僚たちと同じような格好をしていたのだ。それでまったく問題はないと思っていた。なんといっても私はフェミニストで、知を求める学者なのだ。時間と金をファッションなんかに浪費したくない。
 私は、とっかえひつかえ三通りのカラーコーディネートで通していた。〔……〕
 私がスタンフォード大学「女性とジェンダー研究所」の所長に就任するや、服装の問題は一層深刻になった。仕事柄、大学のお偉方や財団理事や裕福な寄付者たちと定期的に接触しなければならなくなったのだ。〔……〕
 職場の人たちは、まるでキリスト教の伝道師さながら、熱意を込めて私の改造計画に乗り出した。私は当面、彼女たちの監督のもとにクレジットカードを使い、彼女たちのお許しの出た店で服を買うことになった。私の洋服ダンスのなかでもとくに見栄えのしない服が何点か持ち出し禁止処分になった。




□体験談その2。

 

 ほっとしたのも束の間だった。数年後、私はアメリカ法曹協会(ABA)女性法律家委員会の委員長に就任し、研究者と著名職業人とでは服装の基準がまるで違うと思い知ったのだった。これに気づいたのは、この委員会が有名な女性弁護士たちを迎えて昼食会を開く数週間前のことだ。年に一度のこの例会には全国メディアはいわずもがな、数多くの法律家たちの注目が集まるのだという。私はほんの端役にすぎなかったが、それでも昼食会の様子が大型スクリーンに映し出されれば、服装のあらゆる問題点がいやというほど明らかになるだろう。
 開催日を目前に、私はABAの広報担当者の親切な申し出を受けた。いわく、大スクリーンに映し出される私の「見栄え」が「問題になって」おり、協会は「メイクとヘアの専門家の助言と買い物代行サービスを利用する費用を負担したい」のだそうだ。それまでの経験からいえば、こうした建設的な申し出は前向きに受け入れるべきだった。だが私は、費用はあくまで自分で払うと言い張った。私がこの歳になってまだマスカラをうまく塗れないとすれば、それは自分が悪いのであって、ABAの責任ではなかった。とはいえ、そんな私でも、まあまあちゃんとした服を一着くらいは持っているはずだ。
 こうしてABAの広報担当スタッフとの一連の交渉が始まった。スタッフは私の洋服ダンスの中身をすべて調べ上げた。どの服が着用可能かは、私の「パーソナルカラー」を踏まえて考えなければならない。もちろん、私のパーソナルカラーはすでに専門家による分析を受けているはずだ。私の色は「春色」だろうか、それとも「秋色」か。「ふさわしいアクセサリー」はそろっているか。こうしたことがすべて、職業上の男女平等を推進する委員会の仕事として進められたとは、なんとも皮肉である。ABAに数多[あまた]いる男性の会長や委員長のなかで、パーソナルカラーは「春色」か「秋色」か、あるいは「ちゃんとした」ネクタイはそろっているかなどと訊かれた人がいるだろうか。

 



□学者の服装について次は一般論。ここも「はじめに」から。抜き書きに際し何箇所か省略した。

 

 ここで私がこのばかげた体験を語るのは、その重要性をことさら強調したいからではない。私は幸せな結婚生活を送る一研究者で、ありがたいことにこれまで自分の容姿について深刻に悩むことなく暮らしてきた。私の見かけがどうであれ、それで世の中が変わるわけはない。だが、この事例からくっきりと浮かび上がるのは、容姿に関して男性と女性は別々の基準が適用される、つまりダブルスタンダードがあるということだ。
 また、文化的に当然だとみなされていることが、たとえ一見瑣末[さまつ]なことであっても、女性の人生においていかに障害となっているかも、ここからは見えてくる。男性は買い物代行サービスや美容のプロの世話にもならず、そのための費用を払わずともちゃんとした身なりを整えることができる。それなのになぜ、女性はできないのか。
 この問いかけをテーマにした地道な論評もいくつか書かれていることがわかった。女性の容姿が男性の容姿に比べて不釣り合いなほど注目されるのはなぜか。いろいろな見方はあるが、その原因として生物学や女性蔑視、あるいはメディアや化粧品産業が挙げられている。
 自分の研究テーマとしてこの問題を調べ始めると、学者の身なりをめぐる学術文献さえあることがわかった。大学の教員は、他の専門職に比べて着こなしがかなり下手だといわれている。ただし、これが困った事態かどうか、あるいは検討に値する問題かどうかは見解の分かれるところだ。
 今日、学者たちの服装規定はより幅が広く、地域や研究分野によってもさまざまだ。いかにも芸術家っぽいと、芸術学部ではほめられる服も、法学部に着て行けば眉をひそめる人が出てくるだろう。〔……〕しかし、どんな地域のどんな専門分野においても、見かけがよくないということは重大な問題だし、地域のファッション基準から逸脱すれば代償を払わなければならない。学生たちは魅力的な教師を高めに評価するものだという学術研究もある。教師がいささかなりともおかしな身なりをすれば、それは広く学生たちの気づくところとなることは、経験からも明らかだ。RateMyProfessors.com というウェブサイトでは、教師の教え方だけでなく、魅力的かどうかも学生たちに採点させている。
 学生たちの採点に痛手を負わない教師はほとんどいないが、いったいどんな手を打てばいいのかは別問題だ。容姿の問題は、考えれば考えるほど複雑なものだとわかる。きれいになることは、ある人びとにとっては基本的には喜びであり、自己表現であり、逃避となろう。しかし、一部の人たち、とくに一定の年齢を越えた女性にとってはただわずらわしいだけのことだろう。年月を経るごとに、私はますます後者の仲間入りをし、男女に異なる基準を課すダブルスタンダードに腹立たしい思いをつのらせてきた。
 男性は容姿による偏見を受けないなどというつもりは決してない(*身長が一七五センチに満たない男性に訊いてみればわかることだ)。だが、女性は男性の何倍も努力しなければならない。最低限の身なりを整えるだけでも、女性は男性よりもはるかに手数をかけなければならない。〔……〕
 さらに昔からの年齢差別の問題がある。これは男性よりも女性にとってはるかに大きな問題だ。〔……〕髪が白く額にしわのある年輩の男性は、「立派に」見える。女性は年配になってもそうは見えない。「魅力がない女」として無視されるか、あるいは年に似合わず若づくりだとばかにされるかである。こんなダブルスタンダードがあるから、女性は絶えず容姿を気にすることになる。おまけに、気にすること自体を気にするのだ。〔……〕
 ノーラ・エフロンアメリカの脚本家・映画監督)は『気になるのはネックライン』(I Feel Bad about My Neck)と題する最新のベストセラーで、自分や友達がどれほどの時間と費用をかけて「現状維持」に努めているかを打ち明けている。「現状維持」とは遠回しの言い方だ。まったく役に立たないアンチエイジング商品に「天文学的な代金」を払うこともあり、これなどは「(*私たちが)いかにだまされやすいかという証拠だ」
 私はこの本を読んで、興味を掻き立てられた。ノーラ・エフロンのような有能な女性が、なぜネックラインなどで大騒ぎするのだろう。サラ・ペイリンアメリカの政治家。二〇〇八年大統領選挙に共和党副大統領候補として出馬)の選挙陣営が、外交政策顧問よりもメイクのプロに高給を支払ったのはなぜか。アメリカ随一の女性起業家であるオプラ・ウィンフリー(俳優、テレビ番組司会者兼プロデューサー)がしょっちゅう体重を気にしているのはなぜか。国民の五分の一以上が基本的な医療サービスを受けられないでいる国で、最も目ざましい成長を遂げている医療分野は美容処置だというが、これはなぜか。この分野の患者の九〇パーセントを女性が占めるのはなぜか現代の女性運動がさまざまな面で男女平等を勝ち取ってきたのに、容姿をめぐるひどいダブルスタンダードについては成果がはかばかしくないのはなぜか。
 本書は、こうした問いかけに一応の答えと前向きな解決策を見出そうとする私の試みである。

 

□116-117頁。美容の技術進歩について。

 

  テクノロジーの力
 テクノロジーの進歩によって人は容姿を改善することができるようになり、それでますます容姿 気にかけるようになった。著名な文化人類学者マーガレット・ミードは指摘している。「欠陥は修正できるという可能性がひとたび生まれると、私たちの考え方が変わる。なにか手を下さなければならない、と思うのだ。なんでも悪い点はなおすべきだと」
 その最もわかりやすい例は美容整形手術であろう。再建術の歴史は古く、紀元前六〇〇年のインドにまでさかのぼる。ヨーロッパでは一五世紀以降、病気やけがや出生異常などによって外見を損なわれた人のために、散発的に行われていた。だが、一九世紀になるまで麻酔は使われず、ショックと失血を伴うこうした手術は危険で、患者にとって苦痛であった。クリミア戦争や二度の世界大戦が続く間に、負傷兵の治療に役立つ技術が開発され、やがて美容手術にも転用できることが証明された。
 こうした技術のおかげで、すでに二〇世紀の初めには、実入りのいい一つの専門分野が発展の兆しを見せ始めていた。さらに、写真術をはじめクローズアップ撮影技術の進歩は、もっと魅力的な容貌になりたいという欲求を掻き立ててきた。写真加工術が進歩し、最近の消費者は手術によってどのような顔になれるかを簡単に想像できる。また、肌や爪や髪の毛の手入れのためのより優れた商品も、さまざまな分野の研究から生まれている。
 しかし、こうした研究が商品に関する似非科学的な主張の基礎を築き販売担当者がそれらを巧みに利用してきたことを無視するわけにはいかない。一九五〇年代、ヘアダイをする女性は全体の七パーセントにすぎなかった。安価で手軽で効果的なヘアダイ商品の登場により、いまでは女性の六割が髪を染めている。
 インターネットによって、美しさやボディイメージの重要性を強調するさまざまなサイトをだれでも閲覧できるようになった。「最もダサいネットワーク」の一つに選ばれた「ビューティフル・ピープル」は、会員一二万人を誇るネットコミュニティーだ。入会の諾否はもっぱら外見にもとづいて会員たちによって決められる。「シングル向けホットなイベント」などを企画するこのサイトは「外見が重要だといってしまえば、道徳的には正しくないかもしれない。だが、それは真実だ」との前提で動いている。
 また、「痩せる努力を鼓舞する」サイトもたくさんあり、自分たちは一つの生活様式を選んでいるのであって、摂食障害ではないと信じ込んでいる拒食症や過食症の患者を支えている。こうしたウェブサイトには痩せ細った有名人の写真や減量のヒントが掲載され、サイトを通してチャットもできる。幼い少女たちは「ミス・ビンボー(bimboは魅力的だが頭の悪い女の意味)」のサイトを訪れてバーチャルな人形をつくり、その人形にダイエットピルを飲ませて「がりがりに痩せさせ」、そのうえ豊胸手術を受けさせ、顔のしわ取りをして遊ぶのだ。
 いまやインターネットを開けば、美容関連の広告や有名人の姿が目に飛び込んでくる。結果として外見の重要性はさらに強調される。テレビ会議フェイスブックなどを通して、視覚映像を簡単に入手することができるし、写真修正技術を使えば映像に簡単に手を加えることもできる。こうして実現不可能な理想的容姿がますます独り歩きする。このエレクトロニクス時代、美しさはただちに、しかも際限もなく手に入れることができるものになった。しかし、それは自然が与えてくれた肉体からかけ離れたものになっていく。