contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『気象庁物語――天気予報から地震・津波・火山まで』(古川武彦 中公新書 2015)

著者:古川 武彦
NDC:317.263 行政→総理府



【目次】
はじめに [i-iv]
目次 [v-viii]


第一章 東京気象台の創設 001
  「お雇い外国人」の建議と指導
  第一回気象協議会
  榎本武揚、気象学会会頭の檄文
  天気予報の評判
  富士山頂気象観測所


第二章 日露戦争室戸台風 015
1 日露戦争と天気予報 016
  電報のもととなった予報
  勝利を導いた通信インフラ
2 室戸台風と新しい情報提供体制 022
  室戸台風の直撃
  大谷東平〔とうへい〕と第二室戸台風
  大谷との奇縁


第三章 太平洋戦争 029
1 戦う中央気象台 030
  気象業務の国営化
  軍部が要請した「気象協議会」の設立
  陸軍との折衝
  中央気象台長、辞任を申し出る
  戦時体制へ
2 「風船爆弾」プロジェクト 041
  荒川秀俊の奇想
  ジェット気流を発見した日本人
コラム 「天気野郎」の気風 [048ー052]


第四章 海は荒れて 053
1 北方定点(ポイントX)で漂泊せよ 054
  在りし日の凌風丸
  北方定点の観測へ
  アメリカからの打ち切り通告
  海洋気象観測
2 洞爺丸の遭難 064
  国際社会に復帰した矢先に
  海難審判経緯台風の位置は予測できたか


第五章 コンピュータ時代の到来 071
1 ラジオゾンデ 072
  使い捨てのゴム気球
  空のアメダス
2 超大型コンピュータの輸入と数値予報の幕開き 0
  IBM704、上陸
  数値予報の時代
  IBM704導入前夜
  富士通のリレー式計算機
3 「富士山レーダー」の建設 086
  きっかけは伊勢湾台風
  「光が見えた!」六〇〇キロのレドームを三七七六メートルの高みへ
  電波を「下」へ?
4 アメダスの登場 094
  アメダスのアメは雨にあらず?
  誕生の経緯
  電電公社の協力
  アメダスは進化する


第六章 地震津波・火山 103
1 地面の揺れを見張る「目」 104
  張り巡らされた地震観測網
  震源の決定原理
  監視システム
2 津波が到着する前に 108
  津波の観測
  シミュレーションの限界
3 火山噴火は予知できるか 110
  火山監視
  火山灰情報センターの設置


第七章 気象衛星「ひまわり」の打ち上げ 115
  打ち上げ計画
  宇宙開発計画として
  乙部〔おとべ〕道路
  最初の画像はお化け
  ひまわりの命名島秀雄


第八章 今日の気象サービス 127
1 花開く数値予報 128
  大気現象の原理
  数値予報の原理
  ガイダンスの作成
  より正確な予報のために
  ガイダンスから予報を作成する
  アンサンブル予報
2 民間の参入 139
  規制緩和の波
  気象予報士試験
3 変わる気象庁の役割 144
  気象災害は回避できるか
  災害対策基本法
  航空機と気象台
  国際協力
  グローバル化と有料化


第九章 地球温暖化、異常気象 159
  地球温暖化
  温暖化のメカニズム
  温暖化の実態と将来予測
  異常気象


おわりに(二〇一五年夏の日に 古川武彦) [172-173]
参考資料 [174-176]
気象庁年表 [177-180]