contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『日本の近代とは何であったか――問題史的考察』(三谷太一郎 岩波新書 2017)

【目次】
目次 [i-iv]

序章 日本がモデルとしたヨーロッパ近代とは何であったか  001
  近代日本のモデル
  バジョット[Walter Bagehot]とマルクス[Karl Marx]
  自然科学というモデル
  二人の「近代」
  前近代と近代
  「議論による統治」を成り立たせるもの
  西と東の断絶
  日本の伝統に欠けていたもの
  「国民形成」の条件
  「近代」の歴史的意味
  「複雑な時代」の受動性
  近代における情動の激発
  「議論による統治」の条件
  近代化の二つの推進力
  本書の課題

第一章 なぜ日本に政党政治が成立したのか 035
1 政党政治成立をめぐる問い 036
  政党政治崩壊の原因という問い
  政党政治成立の理由という問い
  日本の立憲主義をめぐる問い
2 幕藩体制の権力抑制均衡メカニズム 042
  明治国家のアンシャン・レジーム
  合議制による権力の抑制均衡
  幕藩体制下の権力の分散
  相互監視の体制
3 「文芸的公共性」の成立――森鷗外の「史伝」の意味 050
  政治的公共性と文芸的公共性
  鴎外の「史伝」をどう読むか
  尾崎秀實[おざきほつみ]は「史伝」をどう読んだか
  横のネットワークの広がり
4 幕末の危機下の権力分立論と議会制論 059
  西周[にしあまね]の提案
  「公儀」から「公議」へ
  議会制導入という戦略
5 明治憲法下の権力分立制と議会制の政治的帰結 066
  明治憲法下の議会制
  覇府排斥論と権力分立制
  反政党内閣と権力分立制の不可分性
6 体制統合の主体としての藩閥と政党 071
  体制を統合する主体の必要性
  何が統合主体となったのか
7 アメリカと対比して見た日本の政党政治 075
  米国政治の統合主体としての政党
8 政党政治の終わりと「立憲的独裁」 078
  デモクラシーなき立憲主義

第二章 なぜ日本に資本主義が形成されたのか 081
1 自立的資本主義化への道 082
  スペンサー[Herbert Spencer]と日本
  政治リーダーと経済リーダー
  自立的資本主義を目指して
2 自立的資本主義の四つの条件 086
 (1)政府主導の「殖産興業」政策の実験 086
  起点としての岩倉使節団
  「恥」の意識による近代化
  「殖産興業」と内務省設置
  農業技術の近代化
  模範農場と模範工場
  貿易と海運 
 (2)国家資本の源泉としての租税制度の確立 095
  外資導入への消極姿勢
  不平等条約改正という大前提
  地租収入と農民把握
 (3)資本主義を担う労働力の育成 099
  「学制」の意義
  義務教育制と国家主義
  女子教員の育成
  中村敬宇[なかむらけいう]の思想
  個人主義実学主義
 (4)対外平和の確保 106
  グラント[Ulysses S. Grant]から明治天皇への忠告
  日清間の戦争の危険性
  やしまの「うち」と「そと」
  大久保利通[おおくぼとしみち]の台湾出兵の収拾
  大久保の絶頂とその終わり
  西郷隆盛[さいごうたかもり]の憤懣
3 自立的資本主義の財政路線 116
  松方財政の二本柱
  政府主導の産業化路線と前田正名[まえだまさな]
  前田と原[(=原敬はらたかし]の確執
  大久保後の二つの路線
4 日清戦争と自立的資本主義からの転換 124
  松方[(=松方正義まつかたまさよし]による外債導入
  明治天皇日清戦争
  国際的資本主義へ
5 日露戦争と国際的資本主義への決定的転化 127
  漱石(=夏目漱石なつめそうせき]の見た借金国日本
  国際的資本主義の様相
  国際金融家・高橋是清[たかはしこれきよ]
6 国際的資本主義のリーダーの登場 131
  井上準之助[いのうえじゅんのすけ]の台頭
  四国借款団と井上・ラモント[Thomas W. Lamont]
  日米間の「新しい同盟」
  国際金融の「帝国」
  金解禁の意味
7 国際的資本主義の没落 139
  国際金融家の時代の終焉
  国家資本の時代へ
  自由な「貿易」とその終わり

第三章 日本はなぜ、いかにして植民地帝国となったのか 143
1 植民地帝国へ踏み出す日本 144
  植民地とは何か
  植民地帝国日本の地図
  三国干渉と蘇峰[(=徳富蘇峰とくとみそほう]
  帝国的膨張への動機
2 日本はなぜ植民地帝国となったか 149
  「非公式帝国」としてのイギリス帝国
  なぜ「非公式帝国」にならなかったのか
  山県有朋[やまがたありとも]の演説
  「主権線」と「利益線」
3 日本はいかに植民地帝国を形成したのか 154
  枢密院という存在
(1)日露戦争後――朝鮮と関東州租借地の統治体制の形成 156
  統監府・理事庁官制案
  統監の権限をめぐって
  陸軍の巻き返し
  枢密院での異論
  美濃部達吉[みのべたつきち]の『憲法講話』
  「違法区域」としての植民地
(2)大正前半期――主導権確立を目指す陸軍 166
  陸軍主導のゆらぎ
  樺太統治の変化
  陸軍主導の確立
  枢密院の抵抗
(3)大正後半期――朝鮮の三・一独立運動とそれへの対応 173
  脱軍事化と同化
  関東庁設置と文民長官
  文官イニシアディヴの確保を目指して
  原案の修正
  朝鮮・中枢院の改革
  教育による「同化」政策
  帝国大学の設置
  「拓務省」の名称の意図
4 新しい国際秩序イデオロギーとしての「地域主義」190
  蠟山政道[ろうやままさみち]の「地域主義」
(1)一九三〇年代――「帝国主義」に代わる「地域主義」の台頭 192
  国際主義から地域主義へ
  モデルとしての汎ヨーロッパ主義
  「東亜新秩序」
  地域主義の対抗者
  一九四〇年代の「大東亜」
(2)太平洋戦争後――米国の「地域主義」構想とその後 198
  冷戦戦略としての「アジア地域主義」
  冷戦終焉と地域主義の変容
  アジア文化はあるのか
  新しい「地域主義」の模索へ

第四章 日本の近代にとって天皇制とは何であったか 205
1 日本の近代を貫く機能主義的思考様式 206
  ヨーロッパ化という課題
  機能主義的思考の系譜
  荷風(=永井荷風ながいかふう]の問い
  丸山眞男[まるやままさお]の「近代」
2 キリスト教の機能的等価物としての天皇制 213
  機能を統合する機能
  グナイスト[Rudolf von Gneist]の勧告
  国家の基軸としての天皇
  君主観の違い
3 ドイツ皇帝と大日本帝国天皇 219
  吉野作造[よしのさくぞう]の観察
  憲法上の君主の違い
  詔勅批判は自由か
4 「教育勅語」はいかに作られたのか 225
  教育勅語の位置づけ
  その起点と論理
  教育論争と政治対立
  地方長官の要請
  中村正直の草案
  井上毅[いのうえこわし]の批判?
  井上毅の批判?
  井上案から最終案へ
  教育勅語立憲主義
  発布の形式
5 多数者の論理と少数者の論理 241
  政体と国体との相剋
  大日本帝国憲法自由主義的側面
  国体の支柱を失って

終章 近代の歩みから考える日本の将来 247
1 日本の近代の何を問題としたのか 248
  四側面から見た日本の近代
2 日本の近代はどこに至ったのか 252
  「富国強兵」と「文明開化」
  「強兵」なき「富国」路線
  一国近代化路線の挫折
  これからの日本が歩むべき道
3 多国間秩序の遺産をいかに生かすか 257
  多極化とグローバル化
  第一次大戦後の多極化とアメリカニゼーション
  多国間協調のワシントン体制
  軍縮条約と不戦条約
  経済・金融提携関係
  中国をめぐる国際協調は成り立つか

あとがき(二〇一七年二月二四日 三谷太一郎) [267-276]
人名索引 [1-4]