contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『現代社会論のキーワード――冷戦後世界を読み解く』(佐伯啓思・柴山桂太[編] ナカニシヤ出版 2009)

編者:佐伯 啓思[さえき・けいし](1949-) 現代社会論
編者:柴山 桂太[しばやま・けいた](1974-) 現代社会論・思想史
著者:原谷 直樹[はらや・なおき] 東京大学大学院総合文化研究科博士課程(経済思想)
著者:佐藤 一進[さとう・たかみち] 京都精華大学専任講師(社会思想史)
著者:髙谷 幸[たかや・さち] 日本学術振興会特別研究員(社会学
著者:施 光恒[せ・てるひさ] 九州大学大学院比較社会文化研究院准教授(政治理論・政治哲学)
著者:黒宮 一太[くろみや・かずもと] 京都文教大学専任講師(政治思想・政治理論)
著者:大黒 弘慈[だいこく・こうじ] 京都大学大学院人間・環境学研究科准教授(経済理論)
著者:山本 崇広[やまもと・たかひろ] 東京大学大学院総合文化研究科博士課程(社会経済学・経済思想)
著者:楠田 浩二[くすだ・こうじ] 滋賀大学経済学部教授(金融経済学・金融工学
著者:寺川 隆一郎[てらかわ・りゅういちろう] 東京大学大学院総合文化研究科博士課程(経済思想)
著者:宗野 隆俊[むねの・たかとし] 滋賀大学経済学部准教授(法社会学
著者:中村 夕衣[なかむら・ゆい]  京都大学高等教育研究開発推進センター研究員(教育哲学)
著者:藤本 龍児[ふじもと・りゅうじ] 同志社大学一神教学際研究センター特別研究員(社会哲学・宗教社会学
  ※肩書はいずれも出版当時の情報。
装幀:白沢 正[しらさわ・ただし] 装丁。1989年京都市立芸術大学美術学部卒業。
NDC:300 社会科学
NDC:302 政治・経済・社会・文化事情
NDC:304 論文集.評論集.講演集


現代社会論のキーワード - 株式会社ナカニシヤ出版




【目次】
はじめに(平成二十一年 四月四日 柴山桂太) [i-iv]
目次 [v-x]


  第 I 部 変貌する思想潮流

1.新自由主義ネオリベ) 005
一 新自由主義の背景 005
  新自由主義の影響力
  リベラルからネオリベラルへ
二 フリードマンハイエク 010
  フリードマン新自由主義
  ハイエク新自由主義
  新自由主義の思想的意義
三 新自由主義 016
  新自由主義グローバリズム
  自由主義の多様性


2.ネオコン 023
一 ネオコンの来歴 023
  ネオコンの起源
  外交戦略の展開と転回
  『楽園と力について』への道
二 レオ・シュトラウスの影 030
  ネオコンシュトラウス学派
  政治哲学とは何か
  レジームと著述の技法
  高貴な嘘
三 ネオコンの彼岸 036
  シュトラウシアン・マインドの終焉
  問われる歴史観


3.第三の道 042
一 左派の苦悩 042
  共産主義の崩壊と新自由主義の台頭
  再帰的近代における個人化の進展
  「第三の道
  新しい社会民主主義」の躍進
二 「第三の道」の内容 049
  貧困から社会的排除
  ウェルフェアからワークフェア、そしてベーシックインカム
  福祉国家から福祉社会へ 
三 社会歴連帯の範囲をめぐって 056
  社会歴連帯と移民
  社会歴連帯の再定義に向けて


  第II部 国際政治の変

4.リベラル・デモクラシー 065
一 リベラル・デモクラシーの理念 066
  リベラリズム
  デモクラシー
  リベラリズムとデモクラシーの関係性
  多様性の要請と統合の要請
二 リベラル・デモクラシーと普遍性 074
  (1) 文化超越的で普遍的であるとする見解
  (2) 欧米の文化のみに神話的であるとする見解
  (3) 非欧米文化にも基礎を見いだそうとする見解
三 「地に足のついた」リベラル・デモクラシーの必要性 081


5.ナショナリズム 085
一 なぜいまナショナリズムを考えるのか 085
  ナショナリズムの激化をもたらした冷戦の終結
  「ナショナリズムの終焉」という楽観
  「民族化」する「国民」/「市民化」する「国民」
二 ナショナリズム理解に隠された前提 093
  「シヴェック/エスニック」=「善/悪」
  歴史社会学から規範理論へ
三 われわれにとってナショナリズムとは 100


6.帝国 104
一 帝国主義から〈帝国〉へ 106
  〈帝国〉の系譜学
  生生産と多国籍企業
  NGOマルチチュード
二 帝国の出現 111
  言説としての「帝国」
  新段階としての〈帝国〉
  世界システム論としての『〈帝国〉』
三 〈帝国〉から帝国主義へ 116
  資本主義と帝国主義
  自由主義帝国主義
  中心と周辺
四 再逆転か新段階か 122
  構造と主体
  金融資本と国民国家
  理念の重要性


  第III部 新技術が変える社会

7.知識経済 131
一 イノベーションと知識 131
  転換期にある現代経済
  知識経済の二つの論点
二 創造性の源泉 138
  創造性の源泉とは
  「企業家精神」と「アニマル・スピリット」
  知識創造と組織
  創造的な「場所」
三 知識経済の隘路 147


8.マスメディア 152
一 マスメディアの変質 152
二 シニシズムポピュリズム 155
  ソフトニュースへの傾斜
  事件の人間化
  ジャーナリズムの危機
  争点型から戦略型へ
三 メディア社会の健全化は可能か 167


9.金融革命 171
一 金融革命とは 172
  (1) 金融自由化・国際化
  (2) 金融技術革新
  (3) 金融システムの変化
二 金融革命の背景 178
  (1) 高齢化と経済のストック化
  (2) 金融工学と情報・通信技術の発展 
三 金融革命をどう評価すべきか 181
  (1) 投機的売買と価格乱高下の問題
  (2) 金融恐慌の問題
  サブプライム問題


  第IV部 制度改革のゆくえ

10.規制緩和 195
一 規制緩和とは何だろうか 195
  小泉構造改革の影
  改革それ自体は八〇年代にはじまる
  大量生産体制の行き詰まりとグローバル化
二 八〇年代以降の規制緩和政策 199
  財政赤字解消の流れ
  消費者利益の流れ
三 規制緩和の思想 204
  日本特殊論
  最小国家
  急進的改革
四 制度という視点 208
  資本主義の多様性
  ルールの適切な運用
  自生的秩序にもとづく改革
  制度の再編という問題


11.地方分権 215
一 近隣の自治――地方分権の本旨 215
  トクヴィルのみたタウンシップの自治
  現代における近隣の自治への指向
二 日本の地方分権の特徴 218
  今日の地方分権論の特徴
  権限の委譲
  財源の委譲
  団体自治と住民自治
三 近隣の自治と公共的意思決定 223
  地方財政改革と市町村合併
  「遠くなる自治
四 上越市の地域協議会 226
  上越市の地域協議会
  地域協議会における討議
  行政資源の配分に関する意思決定
  近隣の自治と共同性の再構築


12.大学改革 234
一 競争にさらされる大学 234
  ユニバーサル化とグローバル化
  専門教育の高度化と一般教育の空洞化
二 大学の変遷 239
  「大学」はいつ生まれたのか
  近代の大学の理念
  ドイツ型からアメリカ型へ
三 ポストモダンの大学論 245
  廃墟のなかの大学
  大きな物語の失墜


  第V部 文明史的課題

13.コミュニティ 255
一 再評価されるコミュニティ 255
  衰退するコミュニティ
  コミュニタリアニズムの登場
  コミュニティは新しい現象か
二 コミュニティへの現代的アプローチ 263
  コミュニティは「ゲマインシャフト」か
  社会関係資本への注目
  「自由」と「帰属」のあいだで
三 基本的必要としてのコミュニティ 271


14.原理主義 276
一 「イスラム原理主義」――通俗的な理解とその問題 276
  「原理主義」にたいするイメージ
  「イスラム主義」
  「イスラム復興」
二 第一期の原理主義――神学から社会思想へ 282
  聖書批評学と聖書無謬説
  反進化論 ≒ 反知性主義
  モンキー裁判
三 第二期の原理主義――福音派の登場とその政治化 288
  原理主義者(宗教右派)の世界観とその現実
  原理主義についての展望


15.環境問題 298
一 政治問題となった環境危機 298
  グローバルな環境危機
  「生態系」への注目
二 「環境史」のパースペクティブ 302
  文明の分岐点
  イースター島の教訓
  二つの「応答」
  環境問題は人口問題でもある
三 エコノミーとエコロジー 312


結論 現代社会論の課題 317


おわりに(平成二十一年 四月四日 佐伯啓思) [337]
索引〔人名・事項〕 [342-352]
執筆者紹介 [354-356]




【メモランダム】
 おもに社会経済学の観点からテーマを解説。記述は平易で衒いも無い。ただし、章題がデカい割に抽象的な一方で実際のトピック選択は細かく、章によっては入門書の性格が薄くなっている。(例えばネオコンの項目はレオ・シュトラウスの話題で埋まっていた)ので、現代社会論としては二冊目以降に読みたい本。執筆陣は京都大や滋賀大の先生方が中心。