contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『軋む社会――教育・仕事・若者の現在』(本田由紀 河出文庫 2011//2008)

著者:本田 由紀[ほんだ・ゆき](1964-) 社会学者(教育社会学)。
対談:阿部 真大[あべ・まさひろ](1976-) 社会学者(労働社会学、家族社会学、社会調査論)。
対談:湯浅 誠[ゆあさ・まこと](1969-) 社会活動家。
対談:ECD[いー・しー・でぃー](1960-2018) 作家。ラッパー。
対談:楜沢 健[くるみさわ・けん](1966-) 文芸評論家。
カバーデザイン:森 裕昌[もり・ひろまさ](1970-) デザイナー(装丁)。
カバー写真:嘟[U+561F]
シリーズ:河出文庫 ほ8-1
NDC:367.68 児童問題・青少年問題(青少年[若者.ヤング アダルト])


軋む社会 :本田 由紀|河出書房新社


【目次】
まえがき [005-009]
目次 [010-012]


I 日本の教育は生き返ることができるのか 

1 苛烈化する「平成学歴社会」 ――かつてとは何が変わったのか 014
  忘れられてきた「学歴社会」?
  一九七〇〜八〇年代の「学歴社会」論
  九〇年代に空白期が生まれたのはなぜか
  現代の新たな「学歴社会」
  現在の「学歴社会」の実態
  新しい「学歴社会」をどうするか
  注 030


2 格差社会における教育の役割 032
  「機会の罠」という概念
  教育の限界
  日本社会の格差の現実
  日本における教育の課題
  注


〈コラム〉教育再生会議を批判する 042
〈コラム〉議論なき「大改革」046
〈コラム〉「キャリア教育」だけなのか? 048


II 超能力主義〔ハイパーメリトクラシー〕に抗う
1 ポスト近代社会を生きる若者の「進路不安」 052
  ポスト近代社会とは何か
  メリトクラシーとハイパー・メリトクラシー
  ハイパー・メリトクラシーの弊害
    ①要求水準の高度化という圧力
    ②属性的格差の顕在化と対処策の不在
    ③評価の恣意性
    ④自己責任化と自己否定・自己排除
    ⑤限度のない没入
  ハイパー・メリトクラシー下の「進路不安」への対抗策
  

2 いまこそ専門高校の「復権」を――「柔軟な専門性」を鍵として 067
  はじめに
  専門高校在学者比率の変化と国際比較
  専門高校からの進路と教育内容のレリバンス
  専門高校をめぐる近年の施策
  「柔軟な専門性」(flexpeciality)を目指して


〈コラム〉 他人のつらさを自分のつらさに 083


III 働くことの意味

1 〈やりがい〉の搾取――拡大する新たな「働きすぎ」 086
  「働きすぎ」という問題
  なぜ「働きすぎ」るのか
  「自己実現ワーカホリック」の諸要素


2 東京の若者と仕事――先鋭化する「二極化」 107
  東京の若者における二極化の進行
  二極化のなかでの若者たち
  取り組むべき課題は何か


〈コラム〉 企業の「家族依存」を正せ 120


IV 軋む社会に生きる
〈鼎談〉まやかしに満ちた社会からの脱出[本田由紀阿部真大湯浅誠] 126
  〈働きすぎ〉の問題
  〈働けない〉問題
  若者たちが置かれた状況
  現状に抗するための専門性とは
  社会全体で貧困について議論されるための前提
  この社会は変わっていくのか


〈コラム〉 雇われる側の論理 155

〈コラム〉 立場の対称性と互換性 161


V 排除される若者たち

1 若年労働市場における二重の排除――〈現実〉と〈言説〉 164
  日本的な「排除型社会」
  若年労働市場における〈現実〉面での排除
  若年労働市場における〈言説〉面での排除
  二重の排除の背景
  二重の排除を超えるために
  注 188


〈コラム〉 〈不可視化〉と〈可視化〉 189
〈コラム〉 鍛えられ、練られた言葉を 192


VI 時流を読む――家族、文学、ナショナリズムをキーワードにして
1 現代日本の若者のナショナリズムをめぐって 198
  「ぷちナショナリズム」から「ガチナショナリズムへ」
  ロマン、不安、そして遊び
  検証すべきは政治家やマスメディア


2 「ハイパー“プロ文”時代」がやって来た!? 〈鼎談〉[ECD・楜沢健・本田由紀] 210
  分断された人々の「出会い」
  可能性としての「集団」
  プロレタリア文学の限界と可能性
  一九二〇年代とは異質の現代の疎外
  「現代におけるプロレタリア文学」?
  注 236


〈コラム〉 お母さんに自由を! 240
〈コラム〉 「家庭の教育力」って何? 243


VII 絶望から希望へ  247
いま、若い人たちへ 248
  学校が一元的な価値を強要する
  からまわりする「主体性」
  ダブル・バインド社会
  年長者として何ができるのか
  新しい社会をつくり出そうとする若者の息吹
  あなたたちの力を貸してください


VIII 増補・シューカツを乗り越えるために
1 「シューカツ」という理不尽 260
  注 267


2 大不況下の就活 驕るな/社会と対峙せよ 269
  晴れの日は雨を思え
  「痛み」が生を実証する


あとがき [273-274]
文庫版あとがき [275-282]
初出一覧 [283-285]





【メモランダム】

小見出しのひとつ(p.198)。よくある形(「A」から「B」へ)を外れてる。

「ぷちナショナリズム」から「ガチナショナリズムへ」