contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『フェミニズムの歴史《新装復刊》』(Benoite Groult[著] 山口昌子[訳] 白水社 2000//1982//1977)

原題:Le Féminisme au Masculin
著者:Benoite GROULT(1920-)  小説家。
訳者:山口昌子(やまぐち・しょうこ)
内容:フェミニズムの男性闘士に光を当てる。「訳者あとがき」が簡明で上手いまとめになっている。2000年刊行の《新装復刊》版は、旧・日本語版(1982年)を復刊したもの。ただし、字は荒いまま。

フェミニズムの歴史

フェミニズムの歴史

※ルビは亀甲括弧で示した。

【目次】
目次 [003]
献辞 [004]
まえがき [005-013]


第一章 「フェミニズムという言葉が存在しなかった時」 015
原注・訳注 020

第二章 プーラン・ド・ラ・バール 023
原注・訳注 046

第三章 退潮期のフェミニズム 049
訳注 059

第四章 コンドルセ 061
訳注 078

第五章 女性崇拝〔フェミノクラートル〕の時代 083
訳注 104

第六章 スチュアート・ミル 107
原注・訳注 142

第七章 未知なる人サン・シモンと魔術師的理工学者アンファンタン 145
原注・訳注 176

第八章 「フェミニズム」という言葉の発明者へ 179
原注・訳注 217

第九章 女たちのフェミニズム 219
原注・訳注 228


訳者あとがき(一九八一年 春 山口昌子) [229-235]
人名索引 [i-iii]





【抜き書き】

  まえがき


 人類は女嫌い〔ミソジン〕である――この明白な事実に立ち返る必要がある。人々が女嫌いなのは呼吸するのと同様、ごく自然で疑問の余地がない。常識である。歴史や文学、あるいは哲学に取り組むと、女嫌いがかくも根深く、人生のあらゆる行動や私たちの文化にかくも密接に関りあい、かくも世界的な広がりを持ち、かくも……要するに自然であるため見分けることさえできない場合がえてして多いことに気付く。女嫌いはほとんどの宗教に登場し、今日もなお大部分の男性と多数の女性の行動に重くのしかかっている。
 「フロイトを理解するには眼鏡のかわりに睾丸をつけよ」とあるシュルレアリストアンドレ・ブルトンに言った。女嫌いを理解し、またさまざまな変装をした女嫌いを撃退するには、眼鏡の代わりに多分、乳房を持つ必要がある。なぜなら、特権階級というものは決して、いやほとんど決してと言い直そう――このほとんどという表現こそまさしく本書の余裕のあるところであるからだが――出生や性、あるいは肌の色によって自分たちが差別している者の精神状態を懸念することがない。彼らはあらゆる疑惑から彼らを免除するもの、即ち神、摂理、あるいは自然によって特権を与えられていると常に信じている。
 女嫌いには千一の流儀がある。女性の幸福という名のもとに家族の存続の保証を女性に求める者、女性自身から彼女たちを守護するのだと主張する者、母親としてのみ女性を尊敬する者、性的対象として女性を蔑視することを許容する者、女性なしではいられない者、女性が「殺戮的な労働と雑然たる製造所」を免れるように努める者、女性が問題になるや自然の法則を常に持ち出す者、女性がもっと本能的に宇宙と彼らとの間の仲介者になるべきだと信じる者、男性の知性を補足するものとしての女性美のみに敬意を表する者、「慇懃な者や大げさな者」。こういう人々は残らず、女嫌いである。そして自分たちが女嫌いであることに無知だったり、否定したりすればするほど彼らは危険である。
 白糸で目印をつけた見えすいた女嫌いはもはや恐るるに足りない。つまりアリストテレスや聖パウロのごとく女性を公然と軽蔑し、オーギュスト・コントのごとく女性は知性の点で劣っていると公言し、ルソーやナポレオン、ニーチェのごとく従属状態こそ女性の自然の姿であると断じることは、今日ではもはや擁護できるような立場ではないからだ。サーカスの出し物はせいぜい一つしか残っていない。ある種の懐古的な文学だけが――その中には女性もまた女嫌いであることを示そうとしたものもある――見物人を手軽に慰めるために今だにその出し物を演じて暇をつぶしている。
 ナポレオンもプルドンも女性に恐怖を与え、痛い目に合わせた。しかし今や、勇敢なる現役の女嫌いたち、即ち流行遅れの男らしさを守る後衛部隊の兵士たちは、むしろ私たちを笑わせ、そして結果的には私たちの主張の正しさを証明することに役立っているのだから、まったくばかげている。彼らの名はラルテギイ、コオ、ミシェル・ドロワ、バルジャベル、デュトールやデュグランである。
 しかし、どうしたら私たちは狡滑な女嫌いや生来の女嫌い、慇懃な女嫌いから解放されるだろうか。この慇懃な女嫌いという意味は「われわれ人類の中で最上なもの」とか、または彼らが前もって定義するのに骨を折るものと女性を評しながら平然と女性に助力を乞う男たちだ。いつ、私たちは一方的に感動を与えてばかりいる状態をやめるのだろうか。いつ、私たちは自分たちが、本当の意味での《最上なもの》であることを確信できるのだろうか。それを発見するのは私たち自身である。女性が一人も含まれていない《議論の余地のない精神的権威者》に勝手なことを言わせてはならない。今の私たちの社会は男性支配の社会であるわけだが、こういう社会ではごくわずかな例外を除いたら、私たちはアリバイ型女性、人質型女性、証拠型女性、あるいは絶叫型女性のみをこれまで念頭においていたといってもいいだろう。
 男性が今日、フェミニストであるためにはたった一つの方法しかない。それは女らしさについて沈黙することである。女性に自由に発言させることだ。
 男女間の力関係は古くから不変であるが故に正当化されてはいるものの、新たに問題にしようとする高潔かつ正義への情熱に燃えた男性がいないわけではない。こういう男性はこの力関係に物事の性質の影響や崇高な神の意志(男性にとってのみの神)を見ることを拒否し、権力の影響、つまり権力の濫用を告発することになる。フランス革命および市民の半分にしか適用されなかったのに普通選挙と呼ばれた選挙の百年後に、ヴィクトル・ユーゴーは、女性のための最初の日刊紙を一八八七年にマルグリット・デュランと創刊したこれらの高潔な男性の一人であるレオン・リシェールに次のように書き送った。「われわれの文明には語るも苦々しい奴隷がいる。法律用語ではこの奴隷を未丁年者と呼び、鋺曲な表現をしているが、この未丁年者、実際には奴隷こそ女性のことである。このような法制度のもとで、女性は所有せず、出廷せず、投票せず、勘定に入れられず、存在しない。男性の市民は存在しても女性の市民は存在しない。まったく冒涜もはなはだしい。こういう状態はやめるべきである」
 まったく冒涜もはなはだしい。こういう状態はやめるべきである。ユーゴーが述べていることは文字の上だけのことである。実際は父権主義者であるのに、ユーゴーフェミニストを自称しているにすぎない。この文章からうかがえるのは、船荷の最小限の底荷をバランスを取るために、しぶしぶ放出する特権者特有の用心深さや正義のパロディー、あるいは利己主義的憐憤の情だけである。
 児童の名において女性を擁護することはフェミニズムではない。愛の名において擁護することも同様だ。物わかりがよく、熱心な女性の擁護者であると自称する男性の大半は成行き上、ある状況を整えたにすぎない。その状況に彼らは非常に満足した。また――それ以上に重要なことだが――文字どおりスキャンダラスな面を見なかった。正義の味方や勇敢な男性主義に忠実な男性も一様に、正義や勇敢な心、あるいは、大原則の適用を一時的に中止するのは、彼らに最も近く、時として最も愛しく、そして常に最も虐げられている者、即ち女性という存在に恩恵をほどこす時だけである。この驚くべき錯誤……といってもこの無分別さはまったく信用ならない。
 ところがこれから登場する男性たちにはいったい、いかなる珍しい資質が備わっていたのだろうか。彼らは独立した人格、まったく独自の人間として女性を考えるために、忠実な妻、家庭の守り手、賞賛すべき母といった伝統的なイメージを凌駕したいと望んでいた。また彼らに優越性を捨てさせるように仕向けたのはいったい、いかなる感動的な公正さだったのだろうか。多数の男性は単に男に生まれるだけで、この優越性が授けられたということを忘れている。ほかの無数の男性とは区別されるもので彼らが共通に持っているものはいったいなんなのだろうか。ほかの男性たちは女性の性格や使命、知性、マゾヒズム、性欲など、あらゆるものをまるで自分たちのもののように熟知し――それには立派な理由があるのだが――それらについて力説し、もったいぶって説明し、法律を制定し、予言する。
 この例外的な資質を持った男性たちにこそ私たちは光をあてたいと思う。そしてこのあまりにも忘れられ、潮笑され、あるいは無視されることの多い彼らに、わずかながらも近づいて耳を傾けたいと思う。彼らの名前はプーラン・ド・ラ・バール、コンドルセフーリエ、スチュアート・ミル……。彼らはパンテオン入りする価値が十分にある……まだほとんど空っぽのフェミニスト用のパンテオンに。彼らに空想家〔ユートピスト〕という安全な貼紙をつけて片付けたのは少々早計だった。彼らは「ある性を他の性に従属させることは悪であり、人類の進歩に対する主要な障害の一つである」という革命的な思想に感動していたからだ。この思想はたとえ承認されているにせよ、今日でもなお、世界の大半の国々で最も破壊的かつ最も衝撃的で、最も実行不可能なものだが、同時に全人類にとって最も希望に富んだものである。

  訳者あとがき


 本書はフランスで一九七七年に出版されたLe Féminisme au Masculin(「男性形フェミニズム」とでも翻訳したらよいだろうか)の全訳である。著者のフランス人作家、ブノワット・グルー女史が本書の「まえがき」でも強烈な皮肉をこめて記しているように、歴史の中で時には故意に忘れられ、無視され、あるいは冷笑の対象として扱かわれてきたプーラン・ド・ラ・バール、コンドルセ、サン・シモン、アンファンタン、フーリエ、スチュアート・ミルといったフェミニズムの男性闘士たちに光を当てることで、フェミニズムの歴史を明らかにしたものである。
 グルー女史は七五年、優れた女性論『最後の植民地』(原題 Ainsi soit-elle)(有吉佐和子・カトリーヌ・カドゥ訳、新潮社)を発表しているので、本書はそれに続く「女性論」の“第二弾”である。
 『最後の植民地』が人類二千年の“男尊女卑”の歴史と闘ってきた古今東西の女性たちの事例や、一見共通点のなさそうな孔子、ナポレオン、ポードレール、フロイトニーチェ、ドゴールらを《女嫌い〔ミゾジン〕》という共通項でくくることで、時空を超えて常に不利な“女性の条件”を白日のもとにさらしてみせてくれたのに対し、本書はフェミニズムとは何かをその根源にさかのぼって根本的に問い直した歴史書であり、概論であり、入門書である。
 本書を読むと、《フェミニズム》という言葉がフーリエの造語であること、四百年も前にすでにプーラン・ド・ラ・バールが考察した内容と現代の男女差別に関する論争がまったく同じであること、アンファンタンが百五十年前に理想的な男女平等の世界を実現しようとして挫折したことなど、いまさらながらにフェミニズムが古くて新しい人類の課題である点に驚かされる。と同時に、フェミニズムに対して、「ペニスを持ちたいという欲望を圧し殺しているハイミスたちのヒステリー現象」と言ったフロイト的見方をする偏狭の人や、フェミニストとフェミノクラートとを混同している時代遅れの人の目も見開かせてくれる。そういう点では“啓蒙の書”ともいえよう。
 今、《フェミニズム》という言葉が、かつてないほどもてはやされていながら、この言葉に対する正確な情報がそれほど多くないとき、豊富な資料と知識に裏打ちされたグルー女史の明噺な解説と鋭い洞察は貴重だ。
 グルー女史は一九二〇年、パリ生まれ。リセ・ヴィクトワール、パリ大学文学部を卒業。一九四一年から四三年まで高校で文学を教え、その後の十年間はORTF(フランス国営放送)のジャーナリストとして活躍した。五五年頃から女性週刊誌『ELLE』等に寄稿、文筆生活をはじめるが、本格的に作家生活に入ったのは四十代になってからだ。三番目の夫である流行作家、ポール・ギマールのすすめによるもので、処女作はドイツ占領下時代を日記風に記した『連作』。これは妹との共作である。
 『最後の植民地』を発表するまでは、恋愛小説が得意のごくふつうの女流作家だったというグルー女史が、女性論を書いたのは、三人の娘の生き方に刺激されたからだという。
 「三人の娘は、一人が結婚、一人が同棲中、一人が学生ですが、三人とも古い観念や社会通念にまどわされず、自分を大切にしてのびのびと生きています。私の若いころとはまったくちがう自由な生き方をしている娘たちを見ているうち、私たち古い世代の女性が従属的で抑圧された生き方をしたのはなぜか、その原因を考え、書いてみたかったわけです」
 本書が発表された少しあとで、パリでお目にかかったとき、グルー女史はこう話していた。


 ところで『最後の植民地』について出版社は当初、「小説ならいつでもお引き受けしますが、どうも“ウーマン・リブ”の本は……」と渋っていたそうだ。実は『最後の植民地』の原書が発表されたとき、女性ばかりで出版。販売を行なっているパリの書店で同書を手にした私は、是非とも日本語に翻訳したいと思い、帰国してから二、三の出版社にあたったのだが、どこもフランスの出版社がグルー女史に述べたのと同じせりふで断ってきた。幸い同書は、のちに作家の有吉佐和子氏のご尽力で翻訳が実現されたが。――
 『最後の植民地』は国際婦人年に出版されたという背景もあって、フランスでは発売されるや大反響を呼び、たちまちベスト・セラーのトップに躍り出た。本書も、アジテーター的要素の多分にあった前作と異なり、アカデミックで地味な性格にもかかわらず、フランスではやはり三十万部を越すベスト・セラーになった。両書とも、シモーヌ・ド・ポーヴォワール女史の『第二の性』と並んで、フランスではフェミニズムの“聖典”となっている。
 「女性なら誰でもが秘かに心に思っている疑問や感想を私が代弁したというところでしょうか」とベスト・セラーの原因をグルー女史はこう分析していた。

 ところでフランス女性がフェミニズムに関心を持ち始めたのは日本やアメリカと同様、ここ十数年ほどだ。『第二の性』が発表されたのは一九四六年だが、当時はセンセーショナルな話題を提供したものの、実際に読んだのはごく一部の知識人階級だけだった。グルー女史さえ、「特別な関心も感動も持たなかった」という。
 「当時、私は二度目の夫と別れたのですが、それというのも夫が私の方がお給料が良かったり、学校時代の友人と会ったりする状態を嫌ったからです。それにもかかわらず、私には『第二の性』の意味が、よく理解できなかったんですね。もし、人生で何か後悔することがあるとしたら、もっと若いうちにフェミニストにならなかったことです」と、しみじみと告白していた。
 一九七〇年秋、フランスで有史以来、初の女性大会が開催されたが、彼女たちはこの大会をフランス革命の三部会にならって「エタ・ジェネロー」と呼んで、その意気込みを示した。ちょうどパリに留学中だった私は、ヴェルサイユで行なわれた大会をのぞいてみたが、フランス全土からやってきたさまざまな分野の女性たちが、熱っぽく自分たちの現状について報告しあっていたのが印象的だった。中には長時間、家庭を留守にできないからとあわただしく夜行でやってきて、夜行で帰るという主婦もいて、どこの国も女性は同じような条件に置かれているのだな、とつくづく感じたことを思い出す。
 この大会を一つのきっかけに実を結んだのが一九七四年の中絶法である。女性はなによりもまず、母性であらねばならないカトリックの国フランスでは、女性に出産の選択の権利を与えるなどもってのほかだったため、中絶は固く禁じられていた。そこでイギリスやスイスなど中絶が比較的自由な国に行くことのできる女性以外は、国内で中世さながらの闇中絶を受けねばならず、当時でさえ年間四百人が死亡していた。ポーヴォワール女史が中絶禁止こそ、まさに男女差別と階級差別の見本であると非難したように、フランス女性にとっては中絶法の改正こそ、参政権と同様、いやそれ以上に男女平等への基本的条件だったわけだ。この中絶法改正に向かってフランス女性が一丸となって闘った運動の激しさは、三日三晩にわたった徹夜の国会審議で、政府与党の応援も得られず、孤軍奮闘して改正案成立を取りつけた当時の厚生大臣シモーヌ・ヴェイユ女史の姿が象徴している。
 その後、フランスでは女性の不利な条件が少しずつ姿を消し、あらゆる分野への女性の進出も試みられているが、「油断は禁物。経済情勢が悪化すると女性は職場から追いやられるし、《女嫌い〔ミゾジン〕》というのは男性にとっても、また時には女性にとってもなかなか魅力ある考え方ですからね」とグルー女史は警告していた。「女性問題はイデオロギーとも別。左翼が女性に好意的であるとはかぎらない」とも言っていたが、ミッテラン左翼政権下でのフェミニズムの行方にも興味がもたれる。
 グルー女史は現在、多忙な作家活動と並行してフェミニズムの闘士としても活躍中だ。路上に出て運動を推進すると同時に、編集、営業など全スタッフが女性だけの月刊誌『F magazine』の編集委員としても健筆をふるっている。いつか経済大国ニッポンを支える日本女性の研究もしたいそうだ。
 最後に、翻訳にあたり、時間作りの下手な私を叱嘩激励し、さまざまな点で助けてくださった白水社編集部の鶴ヶ谷真一氏と梅本聰氏に深くお礼を申し上げたい。


一九八一年暮
山口昌子