contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『東大塾 これからの日本の人口と社会』(白波瀬佐和子[編] 東京大学出版会 2019)

編者:白波瀬 佐和子[しらはせ・さわこ] (1958-) 社会階層論、人口社会学、家族と社会制度の変化。
著者:鬼頭 宏(1947-) 
著者:佐藤 泰裕(1973-) 
著者:増田 寛也(1951-) 
著者:玄田 有史(1964-) 
著者:大沢 真知子(1952-) 
著者:工藤 啓(1977-) 
著者:上林 千恵子(1949-) 
著者:吉川 洋(1951-) 
著者:武藤 真裕(1971-) 医師(循環器専門医)、経営コンサルタント
NDC:334.31 人口問題、人口政策



東大塾 これからの日本の人口と社会 - 東京大学出版会

東大塾 これからの日本の人口と社会

東大塾 これからの日本の人口と社会

 

【目次】
まえがき [i-iii]
目次 [v-ix]

 

第1講 歴史と人口――歴史人口学からみる人口減少社会(鬼頭 宏) 003
はじめに 004
1 最新の人口推計が示す日本の未来 004
2 年齢構造の変化――生産年齢人口の減少と高齢者の増加 005
3 少子化の必然性 007
4 「静止人口」は国家目標だった  011
5 家族制度――超低出生率国には共通の特徴がある 012
6 人口波動――人口は増減を繰り返しつつ増加してきた 016
7 静止人口の先にあるもの――目指すべきは文明のパラダイムシフト 019
Q&A 講義後の質疑応答 021

 

 

I 人口と地域

第2講 人口移動――都市と地域の人口問題(佐藤泰裕) 029
はじめに 030
1 日本の都市・地域 031
  1-1 人口の地域的偏り1 
  1-2 人口の地域的偏り2 
  1-3 人口の地域的偏り3 
2 社会増減――人口移動による変化とその要因 034
  2-1 三大都市圏の人口流出入 
  2-2 地域間人口移動 
  2-3 広域地域内の移動 
3 順位――規則の法億と人口集中のメカニズム 037
  3-1 集積の経済と不経済
4 大都市形成のメカニズム 039
  4-1 集積の経済 
  4-2 人口集中の影響 
5 都市規模の効率性 043
  5-1 ヘンリー・ジョージ定理と最適都市規模
6 過剰都市化と政策の役割 047
  6-1 地方創生
7 自然増減と都市規模 049
  7-1 出生率と都市規模 
  7-2 都市規模と出生率を結ぶメカニズム 
  7-3 地域経済政策と少子化 
8 若者の移動 054
  8-1 事例
Q&A 講義後の質疑応答 059

 


第3講 地方創生――人口減少社会と地方創生(増田寛也) 
はじめに 064
1 地方創生の課題 066
  1-1 地域での優先課題 
  1-2 働き方改革 
  1-3 結婚・出産・子育て支援 
  1-4 まちづくり
  1-5 移民,事実婚
  1-6 東京一極集中の是正
  1-7 イノベーション
2 若年人材の都市部への流出とUターンの可能性 070
3 AI(人工知能),ロボットの可能性 075
4 シェアリングエコノミーの拡大 078
5 地域力向上について 082
Q&A 講義後の質疑応答 083

 

 

第4講 希望――人口減少と労働問題(玄田有史
1 地域と希望 090
  (1) 希望学という取り組み 
  (2) 幸福と希望 
  (3) 2つの絆 
  (4) 日頃からの「信頼」づくり 
2 地域と移動 096
  (1) 地方から都会へ 
  (2) 高学歴・大企業神話 
  (3) 希望を失う若者たち 
  (4) 地方にこそチャンス 
  (5) 地方には仕事がない? 
  (6) 一度は出てみる 
  (7) 「手応え」のストーリー 
  (8) 3つの「思い人」 
  (9) 大切なのは「準備」 
3 地域と交流 111
  (1) 地域の「オリジナル」 
  (2) 地域間での連携 
  (3) ひきこもりの町で 
  (4) 逆転の発想 
4 希望活動人口へ 117
Q&A 講義後の質疑応答 119

 

 

II 労働

第5講 働き方――人口減少社会における働き方を考える(大沢真知子) 
はじめに 124
1 人口減少社会の到来 125
  1-1 欧米におけるワーク・ライフ・バランスの広がり
  1-2 女性の活躍は進んでいるのか
2 女性労働政策の3つのステージ 129
3 日本的雇用慣行を支える条件の変化 131
  3-1 男性稼ぎ主モデル 
  3-2 税・社会保障制度が女性の労働供給に与える影響 
  3-3 家族依存モデルと女性の貧困 
  3-4 正社員と非正社員の賃金格差
  3-5 正社員と非正社員の違い
  3-6 日本の雇用契約の特徴 
4 非正社員の増加と社会システム 139
  4-1 格差社会の形成 
  4-2 女性労働者への統計的差別 
  4-3 女性はなぜ仕事を辞めるのか 
  4-4 男女間賃金格差をもたらすくっつく床(sticky floor)とガラスの天井
5 長時間労働と女性の活躍 144
  5-1 セカンドチャンスが少ない日本の社会 
  5-2 男性の所得も下がっている 
Q&A 講義後の質疑応答 148

 

第6講 若者支援――人口減少社会における若者支援のあり方(工藤 啓)
はじめに 154
1 若者とは誰か 154
  1-1 日本における若者の政策対象年齢
2 無業社会 156
  2-1 若者無業者3類型 
  2-2 引きこもりについて 
  2-3 年齢階層別完全失業率の推移 
  2-4 学歴と年齢階層別完全失業率との関係
  2-5 無業の若者と若年無業支援
3 企業と若者支援 164
  3-1 若者支援
4 失業者の対策 167
  4-1 若年無業者の半数は支援機関の利用に躊躇
5 就職支援ではみたせないニーズ 173
  5-1 若者支援の課題① アウトリーチ
  5-2 「リスクアプローチ」から「ポピュレーションアプローチ」――「対処型」に加えて「予防型」を
  5-3 若者支援の課題② 「より強い“第二顧客”モデルへ」
おわりに 179
Q&A 講義後の質疑応答 182

 

 

第7講 移民政策――人口減少社会における移民政策と日本の将来(上林千恵子) 
はじめに――人の移動と国民国家 186
1 移民政策と移民の定義 189
  1-1 移民政策① 出入国管理
  1-2 移民政策② 統合政策と在留管理政策
2 移民政策の隘路――欧米諸国の経験から 195
  2-1 社会的統合政策の概念とその成立背景
  2-2 アイデンティティ再構築の必要性 
  2-3 政治的・政策的課題の争点化 
3 日本の外国人労働者受け入れ政策または移民政策 200
  3-1 外国人労働者を必要とする諸国の共通点
  3-2 日本の外国人労働者の就業実態 
  3-3 これまでの外国人労働者受け入れ政策
  3-4 「骨太の方針2018」による新たな外国人の受け入れ 
4 今後の展望 206
  4-1 短期的課題 
  4-2 長期的課題 
注 209
Q&A 講義後の質疑応答 210

 


III 社会保障と医療

第8講 社会保障――超高齢社会の社会保障制度(吉川 洋) 
はじめに 218
1 人口減少/少子高齢化の下での経済成長 220
2 先進国の経済成長を生み出すのはイノベーション 224
3 経済社会の閉塞感 226
4 格差の「防波堤」としての社会保障 228
  4-1 社会保障の歴史 
  4-2 日本社会保障制度 
  4-3 持続不能財政赤字 
5 日本の財政で伸びているのは社会保障関係費 233
6 医療 235
Q&A 講義後の質疑応答 238

 

 

第9講 医療――日本とシンガポールにおける在宅医療と遠隔医療の展開(武藤真祐) 
はじめに 244
1 医療法人 鉄祐会の取り組み 244
  1-1 ICTの活用 
  1-2 地域包括ケア 
  1-3 遠隔診療 
2 日本の医療の問題再考 247
  2-1 海外の医療 
Q&A 講義後の質疑応答 251

 

 

第10講 人口と社会――持続可能な成長型超高齢社会をめざして(白波瀬佐和子) 
はじめに 260
1 日本の将来推計人口 264
2 合計特殊出生率 264
3 日本の急速な人口高齢化の二つの側面 267
4 人口構造の変化と個人のライフコースの内容 268
5 高齢期の社会リスクとその対応――家族への役割期待とその限界 270
6 日本型福祉社会をめぐる二つの誤算 272
7 変わる高齢者像 276
8 人口構造の変化と個人のライフコースの変容 276
9 所得再分配効果は改善しているか? 278
10 社会保障は助け合いの制度 280
11 人口高齢化を格差の観点からみると 281
12 超高齢社会のお互いさまの新システム――助け合い/お互いさまの関係 282                
Q&A 講義後の質疑応答 283
参考文献 287

 

あとがき [289-292]
編者紹介 [293]