contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『鏡映反転――紀元前からの難問を解く』(高野陽太郎 岩波書店 2015)

著者:高野 陽太郎[たかの・ようたろう] (1950-) 認知科学実験心理学

鏡映反転――紀元前からの難問を解く

鏡映反転――紀元前からの難問を解く

鏡映反転-紀元前からの難問を解く

鏡映反転-紀元前からの難問を解く


【目次】
はじめに [v-x]
目次 [xi-xiv]


第1章 鏡の中のミステリー 001
1 鏡映反転 002
2 即席の説明 003
3 古代の学説 006
  プラトンの説明
  ルクレティウスの説明
4 鏡の光学的な性質 009
  鏡による反転と非反転
  奥行き方向の反転
  知覚される現象としての反転
  認知の問題としての鏡映反転


第2章 さまざまな説明 017
1 移動方法説 018
  ピアースの説明
  ファインマンの説明
  ブロックの批判
  ナヴォンの批判
  重なりあう理由
  文字の鏡映反転
2 左右対称説 024
  左右の近似的な対称性
  片腕の人物
  文字の鏡映反転
3 言語習慣説 027
  「言葉の使いかた」という説明
  論理の飛躍
  文字の鏡映反転
4 対面遭遇スキーマ説 029
  自分の鏡像と実物の他人
  文字の鏡映反転
  床の鏡
5 物理的回転説 034
  グレゴリーの説明
  観察者の回転
  自分自身の鏡映反転


第3章 鏡映反転を説明する 041
1 さまざまな鏡像 042
2 手がかり 045
  物体の種類
  比較の対象
  方向の異同
  横対した場合
  三種類の鏡映反転
3 光学反転 051
  文字の左右反転
  前後反転
4 表象反転 053
  鏡に正対した文字
  表象
  文字の表象
  左右反転の原因
  物理的回転の役割
  さまざまな表象反転
  表象反転をひき起こす対象
  表象反転と光学反転
5 視点反転 064
  視点の転換
  座標軸の変換
  回転の方法
  回転の役割
  鏡像の視点をとる理由
  視点反転をひき起こす物体
  鏡に横対したときの鏡映反転
  回転と平行移動
6 多重プロセス理論 080
  視点反転
  表象反転
  光学反転
  三つの原理


第4章 説明を検証する 085
1 実験のあらまし 086
  実験の必要性
  実験の方法
  較正〔こうせい〕
  「一つの現象」対「三つの現象」
2 「視点反転」対「表象反転」 093
  鏡映反転を否認する人
  文字の鏡像の認知
  否認者についての予測
3 調査 099
  調査の方法
  調査の結果
4 否認者 102
  自分の鏡映反転
  否認者の割合
  文字の鏡映反転
5 別解釈の検討 107
  対称性にもとづく解釈
  非対称な人体と対称な文字
  鏡映反転と対称性
  他人の鏡映反転
6 反転鏡 116
  凹面鏡と合わせ鏡
  多重プロセス理論の予測
7 「視点反転」対「表象反転」:結論 120
8 「視点反転」対「光学反転」 122
  横対の場合
  実験による検証
  視点変換の必要性
9 「表象反転」対「光学反転」 127
  「表象との比較」対「実物との比較」
  横対したヒエログリフ
  鏡映文字のC
10 三種類の鏡映反転 132


第5章 理解を深める 135
1 表象反転 136
  鏡映文字
  切り抜いた文字
  未知の文字
  学習経験の有無
  逆さ文字の鏡像:上下反転
  逆さ文字の鏡像:左右反転
  イメージ回転
  文字以外の表象反転
  未知の地図
  表象の左右
  モナリザの鏡映反転
2 視点反転 157
  位置判断についての予測
  被験者のリボン
  鏡と正対した実験者のリボン
  被験者と正対した実験者のリボン
  リボンの位置:結論
  方向の判断と反転の判断
  判断の変化
  視点変換の不安定さ
  方向の判断と反転の判断(再)
  床の鏡
  視点変換をひき起こす対象
  自動車
  右ハンドルと左ハンドル
3 光学反転 178
  上下の鏡映反転
  重力のか影響はあるか?
  立体の前後反転
  対象による違い
  上下と左右の光学反転
  光学反転の認知


第6章 他説を反証する 191
1 「鏡像と重なる」という説明 192
  移動方法説と左右対称説
  鏡像に重なる理由
  人間以外の鏡映反転
  左右が非対称な人体
  表象反転
2 物理的回転説 198
  物理的回転説のロジック
  いきなり見た鏡像
  鏡映文字
  未知の文字
  物理的回転の役割
3 左右軸劣後説 204
  左右軸劣後の原理
  方向の整合性
  文字の鏡映反転
  多幡の説明
  コーバリスの説明
  左右非対称な被験者


第7章 科学的解決と社会的解決 215
  現象の複雑さ
  理論外の要因
  他説とのせめぎ合い
  批判の例
  反論の例
  科学的な解決と社会的な解決


おわりに  [227-232]


謝辞 [233]
参考文献 [1-5]



【抜き書き】



◆最後の章から(pp. 216-217)。

 ここまでつきあってくださった読者は、鏡映反転についての議論がかくも錯綜していることを目のあたりにして、意外の感に打たれたのではないだろうか。「鏡のなかでは左右が反対に見える」というだけのことなのだから、せいぜい二、三ページもあれば片がつくはずだ」と思うのが普通だろう。ところが、じっさいには、どのような説明が正しいのかを見きわめようとすると、これだけの議論が必要になるのである(附章には、さらに入り組んだ議論が控えている)。


   現象の複雑さ
 議論が複雑になる理由は二つある。ひとつは、鏡映反転という現象そのものの複雑さである。もうひとつは、他説とのせめぎ合いである。
 まず、現象の複雑さから。
 鏡映反転は、見かけとは裏腹に、非常に複雑な現象である。このことについては、もはや多言を要しないだろう。現象そのものが複雑なので、その説明も、どうしても複雑にならざるをえない。多重プロセス理論は、ほかの説にくらべれば、たしかに複雑な説明をしているが、その複雑さは、現象の複雑さに見合った複雑さなのである。理論をこれ以上単純にすると、説明できない現象が出てきてしまう。逆に、これ以上複雑にすると、説明が冗長になってしまう。
 いまの複雑さで、多重プロセス理論は、鏡像の認知をすべてきちんと説明することができる。これまでみてきたとおり、多重プロセス理論の予測と実験データとの差は、ほとんどの場合、「誤差の範囲内」におさまっている。

 


◆社会的な「説明」について。単純な仮説というのは魅力的だが、鏡映反転問題では厄介な面もある。(pp. 219-220)

   他説とのせめぎ合い
 鏡映反転についての議論が複雑になる理由のひとつは、いま述べたように、鏡映反転という現象そのものの複雑さなのだが、もうひとつの理由は、他説とのせめぎ合いである。
 これまで、鏡映反転について論文や本を書いたり、講演をしたり、シンポジウムを開いたりしてきたが、そうした機会に痛感したことは、「単純な現象なのだから、単純な説明ができるはずだ」という思いこみがいかに強固かということだった。多重プロセス理論のように複雑な説明は、複雑だというだけで、うさん臭く感じられてしまうようなのである。
 その思いこみを打ち破るためには、「単純な説明」をひとつひとつ取りあげて、それぞれの誤りを証明しなければならない。しかし、「単純な説明」の支持者は、なんとか自説を守り抜こうとして反論をしてくる。多重プロセス理論に向けて批判の矢も放ってくる。そうした反論や批判の誤りを明らかにするためには、どうしても複雑な議論が必要になってくるのである。
 しかし、議論が複雑になればなるほど、いかに正しい議論であっても、それを正確に理解してもらえる見込みは薄くなっていく。とくに、「誤りを見抜くためには、視野を広くとって、いろいろな事実を考慮に入れ、ややこしいロジックを辿らなければならない」という場合には、議論の正しさを理解してもらうことは、至難の業になる。「ちょっと見」で正しく感じられる単純な批判や反論のほうが、強い説得力を発揮してしまうのである。


◆(p. 224)

   科学的な解決と社会的な解決
 科学的な説明の妥当性は、基本的には、「関連するすべての事実を合理的に説明することができるか」、「説明のなかに論理的な矛盾はないか」、「確立された科学的な知識体系と矛盾することはないか」といった基準にもとづいて判断されることになっている。これらの基準をクリアしていれば、科学的には、「鏡映反転」という難問は解決したことになる。
 しかし、ほんとうに「解決した」ということになるためには、「科学的に解決した」ということを大方の人が認めるようになる必要がある。鏡映反転の問題は、まだその段階にまでは達していない。