contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか』(Robert C. Allen[著] グローバル経済史研究会[訳] NTT出版 2012//2011)

原題:Global Economic History: A Very Short Introduction.
著者:Robert Carson Allen(1947-)
訳者:“グローバル経済史研究会”
   湯沢 威[ゆざわ・たけし] (1940-) 比較経営史、鉄道史。
   安元 稔[やすもと・みのる] (1941-) 英国経済史。
   眞嶋 史叙[まじま・しのぶ]  グローバル経済史。

なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか

なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか


【メモランダム】
・Robert C. Allenの別の著作、訳者名義は“グローバル経済史研究会”ではない。

世界史のなかの産業革命―資源・人的資本・グローバル経済―

世界史のなかの産業革命―資源・人的資本・グローバル経済―

www.unp.or.jp


【目次】
はじめに(湯沢 威 二〇一二年八月二六日 ロンドンにて) [i-viii]
日本語版へのプロローグ(ロバート・C・アレン 二〇一二年九月五日) [ix-xiv]
謝辞 [xv-xvi]
目次 [xvii-xix]
図表目次 [xx]


第一章 大いなる分岐――「豊かな国」と「貧しい国」のルーツをたどる 003
  実質賃金


第二章 西洋の勃興――最初のグローバル化 019
  最初のグローバル化


第三章 産業革命――なぜイギリスではじまったのか 035
  文化的・政治的背景
  産業革命の説明
  綿工業
  蒸気機関
  発明の継続


第四章 工業化の標準モデル――ドイツとアメリカ 053
  技術進歩のマクロ経済的特徴


第五章 偉大なる帝国――インドの工業化の挫折 071
  グローバル化と工業化の挫折
  綿工業
  インドの近代産業


第六章 南北アメリカ――なぜ南北格差が生じたのか 087
  北米の植民地経済
  ラテンアメリカの植民地経済
  アメリカ合衆国の独立
  ラテンアメリカの独立
  教育と発明 


第七章 アフリカ――なぜ貧しいままなのか 123
  アフリカと「大いなる分岐」論争
  奴隷貿易
  合法的な商業
  植民地政策
  歴史的視点から見た現代の貧困 


第八章 後発工業国と標準モデル――帝政ロシアと日本 155
  帝政ロシア
  日本
  明治維新
  明治期の経済発展
  帝国主義期の日本(一九〇五年~一九四〇年)
  ラテンアメリカ
  工業化の標準モデルの終わり 


第九章 ビックプッシュ型工業化――ソ連・戦後日本と東アジア 177
  ソヴィエトの経済発展
  日本
  台湾・韓国・中国 


エピローグ 197


あとがき(二〇一二年九月二四日 眞縞史叙) [201-206]
文献案内 [204-215]
参考文献 [216-221]
索引 [222-224]