contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『政治経済の生態学――スウェーデン・日本・米国の進化と適応』(Sven Steinmo[著] 山崎由希子[訳] 岩波書店 2017//2010)

原題:The Evolution of Modern States: Sweden, Japan, and the United States (2010)
著者:Sven Steinmo(1953-)  政治学、公衆衛生学。
訳者:山崎由希子 政治学
NDC:311 政治学、政治思想
NDC:312.3893 政治史・事情(スウェーデンの)
NDC:313 国家の形態、政治体制


政治経済の生態学 - 岩波書店



【目次】
日本語版への序言(二〇一七年四月 イタリア、フィレンツェにて スヴェン・スタインモ) [v-viii]
序言――複雑なサブシステムからなる多様なシステム [ix-xiv]
目次 [xv-xviii]


第一章 進化と適応の物語――国家の多様性 001
  グローバル・スタンダードとは?
  何が間違っていたのか?
  社会科学の手法をめぐる論争
  進化理論と社会科学の親和性
  進化理論と歴史的制度論
  よくある誤解についての覚書
  三つのシステムの事例
  スウェーデン――マルハナバチはなぜ飛べるのか?
  日本――適応に苦闘する交配種
  米国――強い国、弱い国家/結論


第二章 スウェーデン――マルハナバチの進化 037
Part 1 普遍的福祉国家 042
  財政的攪拌
  社会主義自由経済
  経済的集中

Part 2 スウェーデン・システムの進化 054
  妥協の政治の選挙制度に関わる起源
  サルトシェーバーデンの歴史的妥協
  戦争と戦争によってもたらされた利益
  女性、雇用、平等
  コーポラティスト交渉の政治化と衰退
  スウェーデン・モデルの再考
  スウェーデン資本主義の危機

Part 3 世紀末の難題 079
  「社会主義者たち」の適応
  グローバル経済下の教育
  破壊的な新自由主義
  人口動態変化への適応
  社会民主的コンセンサス
  スウェーデン・モデルと社会福祉国家
  結論――今も飛び続けているが、マルハナバチのままなのか


第三章 日本――新旧遺伝子の交配種[ハイブリッド] 103
Part 1 日本システムの概要――「日本株式会社」 106
  「日本株式会社」の内実
  二重構造の経済
  「雇用を通じた福祉」
  政治的構造――イデオロギーなき政治
  日本の小さな(公の)福祉国家
  日本スタイルの税制
  様々に矛盾する交配種のシステム

Part 2 日本システムの進化 124
  米軍占領時代
  民主主義を守る平等
  戦後の最優先目標――経済成長
  産業政策の優先
  島国国家――石油危機の到来
  ジャパン・アズ・ナンバーワン

Part 3 新世紀の難題 140
  バブル崩壊以降
  「グローバル・スタンダード」への適応
  半分空のコップ
  税制改革
  小泉劇場
  不平等の増加
  信頼の低下
  実現されなかった改革
  ジェンダーによる不平等
  高齢社会vs均質的な国家
  レジームは変化するのか?
  結論――衰退に向かいつつある交配種?


第四章 米国――特異な進化を遂げた「強い国、弱い国家」 169
Part 1 米国の「隠れた」福祉国家 172
  米国の特異な税制
  選別方式
  自由な市場?

Part 2 米国システムの進化 184
  豊かな土地の、抑制と均衡のシステム
  現代の積極的な国家の台頭
  米国福祉国家の構築
  改革主義国家の登場
  豊かな人々
  大きな政府と弱い国家
  信頼への危機――カーターの警鐘
  「政府こそが問題なのだ、それは解決ではない」――レーガンの登場
  進化する世界経済
  「大きな政府の時代は終わった」――クリントンによる軌道修正の試み
  支出ではなく、減税

Part 3 世紀末に立ちふさがる難題 226
  政府に「何をしてくれるのか」問うのではなく、「何が手に入れられるか?」へ
  結論――増え続ける富と縮小する政府


第五章 「それでも地球は動く」 237
  新自由主義の終焉?
  グローバル化はなぜ福祉国家を葬り去らなかったか
  保険としての福祉国家
  政治の進化学は必要か
  アイディア、エージェント、制度的変化
  進化単位としての国家?
  制度と進化
  グローバル化する世界における分岐


訳者あとがき(二〇一七年七月 山崎由希子) [271-278]
  スヴェン・スタインモについて
  本書の学術的背景について
  本書の視点から見た今日の日本社会
原注 [1-30]