contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『こんな夜更けにバナナかよ――筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(渡辺一史 文春文庫 2013//2003)

著者:渡辺 一史[わたなべ・かずふみ] (1968-) 作家。
解説:山田 太一 [やまだ・たいち] (1934-) 脚本家。
イラスト:佐々木 小世里
デザイン:佐々木 正男


【目次】
題辞 [002]
目次 [004-005]


プロローグ 今夜もシカノは眠れない 006
第1章 ワガママなのも私の生き方――この家は、確かに「戦場」だった 026
第2章 介助する学生たち――ボランティアには何があるのか1 098
第3章 私の障害、私の利害――「自立生活」と「障害者運動」 168
第4章 鎖につながれた犬じゃない――呼吸器をつけた自立生活への挑戦 260
第5章 人工呼吸器はわれなり――筋ジス医療と人工呼吸療法の最前線 314
第6章 介助する女性たち――ボランティアには何があるのか2 348
第7章 夜明け前の介助――人が人と生きることの喜びと悲しみ 418
エピローグ 燃え尽きたあとに残るもの 480


あとがき(2003年(平成15年)2月 渡辺一史) [528-530]
文庫版あとがき(2013年(平成25年)5月 渡辺一史) [531-546]
主要参考文献 [547-551]
解説 [552-558]