contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『恋愛と贅沢と資本主義』(Werner Som bart[著] 金森誠也[訳] 講談社学術文庫 2000//1987//1912)

原題:Liebe, Luxus und Kapztalismus, 1912.
著者:Werner Sombart (1863-1941)
訳者:金森 誠也 (1927-)
NDC:332.06 近代経済史:資本主義,独占資本主義
NDC:332.3 ヨーロッパ―経済―歴史


『恋愛と贅沢と資本主義』(ヴェルナ-・ゾンバルト,金森 誠也):講談社学術文庫|講談社BOOK倶楽部


※漫画versionが存在する。というか講談社に「マンガ学術文庫」がある。


【目次】
訳者まえがき(二〇〇〇年五月 金森誠也) [003-005]
著者まえがき(一九一ニ年十一月十ニ日 リーゼンゲビルゲのミッテルシュライバーハウにて ヴェルナー・ゾンバルト) [006-007]
目次 [008-011]


第一章 新しい社会 015
一 宮廷 015
ニ 市民の富 021
三 新貴族 029
資料と文献 050
注 052


第ニ章 大都市 055
一 十六、七、八世紀の大都市 055
二 大都市の発生と内部構成 059
三 十八世紀の都市学説 080
資料と文献 086
注 087


第三章 愛の世俗化 090
一 恋愛における違法原則の勝利 090
ニ 高等娼婦 108
資料と文献 123
注 129


第四章 贅沢の展開 131
一 奢侈の概念と本質 131
ニ 王侯の宮廷 140
三 騎士と成り上り者の第二ラウンド 169
四 女の勝利 196
  1 奢侈の一般的発展の傾向 196
    (a) 屋内的になってゆく傾向
    (b) 即物的になってゆく傾向
    (c) 感性化、繊細化の傾向
    (d) 圧縮される傾向
  2 屋内の奢侈 202
    (a) 飲食の奢侈
    (b) 住居の奢侈
  3 都会のなかの奢侈 220
    (a) 劇場
    (b) 一般向きミュージック・ホールならびにダンス・ホール
    (c) 高級感レストラン
    (d) ホテル
    (e) 商店
資料と文献 229
注 232


第五章 奢侈からの資本主義 238
一 問題の正しいとらえ方と誤ったとらえ方 238
二 奢侈と商業 250
  1 卸売業 250
  2 小売業 268
三 奢侈と農業 281
  1 ヨーロッパ 281
  2 植民地 291
四 奢侈と工業 296
  1 奢侈工業の意味 296
  2 純粋な奢侈工業 302
    (a) 絹織物工業
    (b) レース工業
    (c) 鏡の製造
    (d) 陶器製造
    (e) 各種の工業
  3 混合せる工業 314
    (a) 毛織物工業
    (b) リネン工業
    (c) 仕立業
    (d) 皮革業
    (e) 帽子製造
    (f) 建築業
    (g) 車工、経師屋、馬具工
    (h) 指物師
  4 奢侈消費の革命的な力 340
注 346


訳者あとがき(金森誠也) [355-361]