contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『日本語研究のための認知言語学』(籾山洋介 研究社 2014)

著者:籾山 洋介[もみやま・ようすけ](1961-) 認知言語学
装丁・本文レイアウト:寺澤彰二


研究社 - 書籍紹介 - 日本語研究のための認知言語学


【目次】
はしがき(生命の息吹が日本そして世界に漲ることを祈って 籾山 洋介) [iii-v]
目次 [vi]
本書の表記について [vi]


第1講 認知言語学の基本的な考え方 001
1.1 はじめに 001
1.2 言語の基盤をなす認知能力 002
  捉え方
  視点の転換
  焦点化
  カテゴリーの伸縮
  思考・感情を「もの扱い」
1.3 言語の基盤となる経験的知識 007
第1講のまとめ/問題 010


第2講 1つの事態に対する多様な捉え方 012
2.1 はじめに 012
2.2 「見に来る人」の焦点化 013
2.3 容器のイメージスキーマ 015
2.4 「催し」の焦点化 016
2.5 「会場」の焦点化 018
第2講のまとめ/問題 021


第3講 視点の転換 022
3.1 はじめに 022
3.2 視点の転換 023
3.3 「言い訳」(1) 024
  「言い訳」の基本的意味
3.4 「言い訳」(2) 026
  視点の転換を伴う「言い訳」の意味
3.5 複数の視点を含む表現 029
第3講のまとめ/問題 031


第4講 焦点化 033
4.1 はじめに 033
4.2 同時に異なる面を焦点化する語 034
4.3 同一の焦点化の対象を、異なる「フレーム」で捉える 037
  「明後日」の分析
  「裸足」「素足」「生足」の分析
第4講のまとめ/問題 043


第5講 カテゴリーの伸縮とシネクドキー 044
5.1 はじめに 041
5.2 意味の縮小 046
5.3 シネクドキ-の表現効果 049
5.4 意味の拡大 051
5.5 シネクドキ-と対義結合 053
5.6 シネクドキ-とメトニミー 055
第5講のまとめ/問題 057


第6講 文法化 058
6.1 はじめに 058
6.2 名詞から接辞への文法化 060
6.3 名詞から接続助詞・助動詞への文法化 061
6.4 動詞から後置詞への文法化 065
6.5 文法化の基盤としての語用論的強化 066
6.6 文法化の基盤としての概念メタファー 069
第6講のまとめ/問題 070


第7講 百科事典的意味の射程(1) 072
7.1 はじめに 072
7.2 指示対象の特徴 073
7.3 背景知識 076
7.4 「休み時間」の背景知識 077
7.5 各曜日のフレーム 078
  月曜日
  金曜日
  日曜日
  小説の一節
第7講のまとめ/問題 084


第8講 百科事典的意味の射程(2) 085
8.1 はじめに 085
8.2 下位カテゴリーの種類 086
  典型例
  顕著例
  理想例
  ステレオタイプ
8.3 直喩と百科事典的意味 092
  典型例
  顕著例
  理想例
  ステレオタイプ
第8講のまとめ/問題 096


第9講 概念メタファー 098
9.1 はじめに 098
9.2 概念メタファー(1):《「目的のある行為」は「目的地への移動」である》 099
9.3 概念メタファー(2):「存在」の概念メタファー 102
9.4 概念メタファー(3):「時間」に関する概念メタファー 104
第9講のまとめ/問題 110


第10講 プライマリー・メタファー 112
10.1 はじめに 112
10.2 概念メタファーとプライマリー・メタファー 114
10.3 《「行為への着手」は「起点からの出発」である》 116
10.4 《「行為」は「動作」である》 117
10.5 《「困難」は「移動における物理的障害」である》 119
10.6 《「目的の達成」は「目的地への到達」である》 120
第10講のまとめ/問題 121


第11講 メンタル・スペース 123
11.1 はじめに 123
11.2 メンタル・スペースの設定・構成 125
  スペース導入表現
  要素
  属性と関係
11.3 メンタル・スペースの増殖と相互リンク 129
11.4 テクストの分析 130
第11講のまとめ/問題 132


第12講 ブレンディング理論 134
12.1 はじめに 134
12.2 結合ネットワークの構造 135
12.3 役割と値 138
12.4 必須関係と圧縮 138
12.5 結合ネットワークの4つのタイプ 139
第12講のまとめ/問題 147


第13講 流行語の認知言語学(1) 149
13.1 はじめに 149
13.2 シネクドキ-を基盤とした流行語 150
  類から種への転用
  種から類への転用
13.3 メトニミーを基盤とした流行語 152
  空間的隣接
  時間的隣接
  生理現象と心理状態の同時性
13.4 メタファーを基盤とした流行語 155
  外見の類似性
  性質の類似性
13.5 複数の比喩を基盤とした流行語 157
  メトニミー + シネクドキー
  メトニミー + メタファー
  シネクドキー + メタファー
  メタファー + メトニミー
第13講のまとめ/問題 160


第14講 流行語の認知言語学(2) 162
14.1 はじめに 162
14.2 百科事典的意味を基盤とした流行語 162
  指示対象の特徴
  背景知識
  下位カテゴリーのみが有する特徴
    ◎典型例
    ◎顕著例
    ◎理想例
    ◎ステレオタイプ
14.3 もじりによる流行語 167
14.4 流行語からのもじり 170
14.5 流行語に端を発するパターン化 171
第14講のまとめ/問題 175


問題のヒント [177-185]
あとがき [187-195]
索引 [197-206]