contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『〈税金逃れ〉の衝撃――国家を蝕む脱法者たち』(深見浩一郎 講談社現代新書 2015)

著者:深見 浩一郎[ふかみ・こういちろう] 公認会計士

【目次】
目次 [003-005]


はじめに――トマ・ピケティの議論から 006
一つのグラフの衝撃/ルソーに還れ/税の公平をないがしろにするフラット化/「無国籍」企業/現代の「逃散」/われわれ全員の問題


第一章 租税回避はどこから生まれるのか 019
平等と公平/金融立国ルクセンブルクが象徴するもの/ルーカス・パラドックス/反攻を開始する国家――日本人議長によるチャレンジ/国際課税の枠組み/租税回避行為の合法性/イギリスの租税法律主義/日本の租税法律主義/武富士事件/最高裁のジレンマ/法の抜け穴は法で塞ぐしかない


第二章 税金は誰が負担するのか 059
税金は何のために使われてきたのか――戦争と税の生い立ち/迫り来る高齢化と社会保障/負担を避ける富裕層――国を支える気概の喪失/富裕税の現状/トリクル・ダウンに期待する経済政策は成立するのか?/よみがえる格差/法人に対する見方と二重課税への対応/法人税における税の帰着/法人税の実効税率とは/法人税の実負担率/日米の大手企業における法人税の実負担率の状況/世界の法人税実負担率/日本IBM事件


第三章 租税回避の構成要素 109
租税回避区/国および地域/租税回避の類型/導管国/信託/秘密口座


第四章 タックス・ヘイブンとは何か 139
タックス・ヘイブンはどこにあるのか?/多国籍企業における国際的租税回避の現状/移転価格税制に大きな影響を与えた事件/世界最強のタックス・プランニング/地下経済の規模推定/日本における公的個人情報の実情/FATFによる日本の現状評価/日本はタックス・ヘイブンなのか?


第五章 税は国境を越えられるか 171
インターネット国際取引の消費税問題/時代遅れになった課税権に関する規準――レベニュールール/国際課税としてのトービン税/これまでのトービン税に対する批判/トービン税はグローバル・タックスなのか?/グローバル・タックスの先行事例――航空券連帯税導入の波及効果/個人情報の多国間共有── FACTA/税務調査情報の共有と税務執行の相互扶助制度


第六章 国民福祉国家の再創造に向けて 201
今日の税制の特徴―― 一般庶民への課税強化/日本における貧困問題/富裕層や多国籍企業フリーライダーなのか?/新しい税の方向性


おわりに――「公正・公平な」真のグローバル時代の始まり [226-229]