contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『経済学史』(三土修平 新世社 1993)

著者:三土 修平[みつち・しゅうへい] (1949-) 経済学(理論経済学、経済学説史)。評論。華厳宗僧侶。
シリーズ:新経済学ライブラリ;10
NDC:331.2 経済学説史.経済思想史


経済学史 - 株式会社サイエンス社 株式会社新世社 株式会社数理工学社



【目次】
まえがき(1993年5月 三土修平) [i-iv]
目次 [v-viii]


1 経済学史を学ぶにあたって 001
1-1 なぜ経済学史を学ぶか 002
  古典研究から実証科学へ
  諸学説の同時並行的存在
  相対主義と絶対主義
  言葉の問題の重要性
  政治経済学という言葉の問題
1-2 経済学史の概説 009
  古典派経済学まで
  異端の経済学者の群像
  限界革命新古典派経済学
  ケインズと政策的経済学の発展
  現代の経済学
1-3 技術的予備知識 017
  投入産出表
  投入係数と連立方程式
  価格と投下労働量
  生産可能性集合
  比較生産費原理
  価格‐正金流出入機構(price-specie flow mechanism)
1-4 参考文献 030
1-5 練習問題 031


2 古典派以前の経済学 033
2-1 重商主義 034
  重商主義者の群像
  重金主義から貿易差額主義へ
  重商主義者のディレンマ
  古典派経済学へのつながり
  重商主義の現代的教訓
2-2 重農主義 040
  重農主義者の群像
  経済表の概略
  経済表における付加価値と最終需要
  本当に農業だけが生産的か
  重農主義の現代的教訓
2-3 参考文献 051
2-4 練習問題 052


3 スミスの経済学 053
3-1 富と価値の理論 054
  スミスの生涯と著作
  富の概念
  分業の理論
  支配労働と投下労働
  労働価値説から価値構成説へ
  資本と収入
3-2 資本蓄積と生産的労働 065
  貯蓄は美徳
  製造工と召使い
  後世の混乱
3-3 見えざる手のはたらき 072
  重商主義への反対
  自然価格と市場価格
  見えざる手の限界
3-4 後世への影響 076
  経済学の貯水池
  セーとマルサス
3-5 参考文献 079
3-6 練習問題 080


4 リカードの経済学 081
4-1 価値論と賃金論 082
  リカードの生涯と著作
  使用価値と交換価値の峻別
  投下労働価値説
  賃金生存費説
  価値分解説
4-2 差額地代論と蓄積論 091
  古典派経済学と利潤低下論
  差額地代論
  蓄積論
  悲観的将来像の政策的含意
4-3 比較生産費説 094
  自由貿易の利益
  金本位制と貨幣数量説
4-4 ミルによる継承と修正 098
  リカードからミルへ
  生産と分配
  賃金基金
  国際価値論
4-5 参考文献 106
4-6 練習問題 107


5 マルクスの経済学 109
5-1 労働価値説と搾取説 110
  社会主義思想の発展とマルクス
  労働と労働力の峻別
  剰余価値
  転化問題
  価値から独立な論証
  所有論における不備
  要素価格の資源再分配機能の軽視
5-2 価値を生む労働 121
  特殊な価値概念
  スミスとリカードの遺産
5-3 蓄積論と利潤率低下法則 123
  有機的構成の高度化
  反対に作用する諸要因
  窮乏化論との矛盾
5-4 マルクス経済学の光と影 126
  弁証法論理
  再生産表式
  帝国主義の理論
  「社会主義」崩壊とマルクス
  マルクスが読み継がれる理由
5-5 参考文献 133
5-6 練習問題 134


6 限界革命 137
6-1 限界革命の人物像 138
  先駆者たち
  3人の立役者
  後継者たち
  スウェーデン学派
6-2 価値論の革新 147
  限界効用逓減の法則
  限界効用均等の法則
  富と価値の統一的説明
6-3 費用の理論 154
  労働の限界不効用
  高次財の価格
  機会費用
  帰属理論
6-4 参考文献 161
6-5 練習問題 162


7 一般均衡理論 165
7-1 純粋交換経済 166
  需要・供給曲線の導出
  ワルラスの法則
  未知数の個数と方程式の個数
  模索過程と均衡の安定性
  未知数とパラメーター
7-2 生産の理論と限界生産力説 174
  生産を含む一般均衡方程式体系
  利潤最大化と限界生産能力
  1次同次生産関数と完全分配
  生産規模の選択と完全分配
7-3 「最大満足」をめぐる問題 181
  ワルラスとヴィクセル
  自然価値からの乖離
  クラークの勇み足
7-4 資本理論における不備 187
  経済量の次元
  ワルラスの資本理論
7-5 参考文献 189
7-6 練習問題 190


8 資本理論の発展 193
8-1 ベーム=バヴェルクの資本理論 194
  帰属理論から利子の理論へ
  生産期間と資本量
  生産期間の選択による利子率の決定
  新・賃金仮説
  前提に含まれる問題点
  定常状態の比較静学の限界
  「待ち時間」は存在するか
8-2 シュンペーターハイエク 205
  シュンペーターの生涯と著作
  企業者と革新
  革新と景気循環
  リカード効果
  ハイエク景気循環
8-3 フィッシャーの資本理論 212
  フィッシャーの生涯と著作
  資本と所得の位置を逆転する
  利子率は相対価格のひとつの表現方法である
  異時点間均衡による利子率の決定
  資本財の価格
8-4 参考文献 219
8-5 練習問題 221


9 マーシャルの経済学 223
9-1 経済学の方法 224
  マーシャルの生涯と著作
  ワルラス対マーシャル
  部分から全体へ
  均衡状態から動的過程を重視
  国民所得論による総括
9-2 期間概念の明確化 228
  市場期間と短期と長期
  価格調整と数量調整
  産業の供給曲線と準地代
  需要と供給の役割
9-3 有機的成長の理論 234
  所得の諸範疇
  修正された賃金基金
  生物学との類比
9-4 収穫逓増と独占的競争 238
  完全競争と企業規模拡大
  森と木のたとえ
  独占的競争の理論
9-5 ピグー厚生経済学 242
  効用の個人間比較
  厚生経済学の基本命題
  私的限界純生産物と社会的限界純生産物
9-6 新古典派経済学のまとめ 246
  階級から機能へ
  賃金前貸し論の衰退
  いくつかの誤解
9-7 参考文献 249
9-8 練習問題 250


10 数理経済学とその周辺 253
10-1 一般均衡理論の発展 254
  一般均衡理論のディレンマ
  斉一成長のモデル
  一時的一般均衡の理論
  その後の発展
  新厚生経済学
  社会的厚生関数の不可能性定理
10-2 計画化の経済学 266
  社会主義経済計算論争
  レオンチェフと投入産出表
  カントロヴィッチと線形計画法
10-3 参考文献 273
10-4 練習問題 275


11 ケインズの経済学 277
11-1 貨幣理論の歴史 278
  地金論争
  通貨論争
  貨幣数量説と貨幣ベール観
  貨幣的景気理論
11-2 ケインズ体系 283
  ケインズの生涯と著作
  所得に依存する貯蓄
  資本の限界効率
  流動性選好
  赤字財政の奨励
11-3 均衡か不均衡か 293
  貯蓄と投資の一致
  セーの法則
  不均衡論的解釈
  賃金切り下げの効果
11-4 参考文献 301
11-5 練習問題 303


12 ケインズ以後の経済学 305
12-1 景気循環論と経済成長論 306
  景気循環論の発展
  投資の生産力効果
  ハロッドとソロー
  新古典派総合
12-2 リカード経済学の復興 311
  スラッファ理論の登場
  ベーム=バヴェルク型資本理論と賃金・利潤率曲線
  技術の再切り替え
  誤解の原因
  新リカード学派と新マルクス学派
12-3 反ケインズ派経済学の復興 319
  スタグフレーションマネタリズム
  自然失業率仮説
  合理的期待学派
12-4 経済学史のいろいろな見方 325
  対抗図式の弊害
  着眼点の整理
  3つの対抗図式の意味
12-5 参考文献 328
12-6 練習問題 330


あとがき [333-336]
索引  [337-344]




【抜き書き】

 重商主義という学説は、スミスに論破されて以後、経済学の第一線の理論としては、廃棄されたかたちになっているが、その後の世界の歴史を見ると、あからさまに「重商主義」とは名乗らないものの、事実上重商主義に近い考え方は、手を変え品を変えて、あちこちに再登場している。たとえば、貿易黒字の獲得をよしとするような価値観は、戦後復興期から1970年代ごろのわが国でも、大いに幅をきかせていた。その価値観への反省から内需拡大論がうまれてくるあたりも、重商主義の歴史を想起させるところがあり、われわれが重商主義の歴史から学ぶべきことは、まだまだ尽きそうにはない。

  『経済学史』p. 49