contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『掠奪の法観念史――中・近世ヨーロッパの人・戦争・法』(山内進 東京大学出版会 1993)

著者:山内 進[やまうち・すすむ] (1949-) 法制史。
NDC:322.3  西洋法制史


掠奪の法観念史 - 東京大学出版会


【目次】
はしがき [i-v]
目次 [vii-x]


第一章 掠奪――「戦争の惨禍」と中・近世ヨーロッパ世界 001
一 三十年戦争期の掠奪 001
二 傭兵 011
三 習俗としての掠奪と中・近世ヨーロッパの法観念 028


第二章 人の掠奪 050
はじめに 050
一 捕虜の殺害 052
二 捕虜の奴隷化 062
 1 ローマ法と神学 
 2 近世の法理論 
三 捕虜の買い戻し 085
 1 封建的慣習 
 2 訴訟 
 3 法理論 
四 買い戻しの国家化 129


第三章 物の掠奪 139
はじめに 139
一 物の掠奪 143
 1 『聖書』 
 2 アウグスティヌスとグラティアヌス 
 3 クルソンのロベール 
 4 トマス・アクィナス 
 5 後期スコラ学 
二 掠奪の法 162
 1 ソワソンの甕 
 2 不名誉な略奪 
 3 契約軍隊とその契約 
 4 軍法 
 5 配分の規則 
 6 裁判 
 7 正当な略奪 
三 掠奪の法理論 191
 1 ベッリ 
 2 アヤラ 
 3 グロティウス 
 4 テクスター 


第四章 敵 228
一 「敵」という観念 228
二 フェーデ ――人的な敵対関係 236
 1 フェーデの通告 
 2 フェーデ実行の手段 
 3 フェーデ実行の制約 
三 戦争において不可侵なるもの――神の平和と教会法 263
四 不可侵なるものに関する神学理論 279
 1 アウグスティヌス 
 2 トマス・アクィナス 
五 不可侵なるものに関する法理論 294
 1 オノレ・ボネ 
 2 二重結果の原理――ビトリスとスアレス 
 3 ジェンティーリ 
 4 グロティウス 


第五章 掠奪の非合法化――近代ヨーロッパ世界の誕生 332


あとがき(一九九三年一月 山内進) [349-352]
事項索引 [5-9]
人名索引 [1-4]