contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『クー・クラックス・クラン――白人至上主義結社KKKの正体』(浜本隆三 平凡社新書 2016)

著者:浜本 隆三[はまもと・りゅうぞう] (1979-) 19世紀アメリカ文学アメリカ文化研究。
NDC:316.853 民族・人種問題、民族運動、民族政策(アメリカ合衆国の)。


クー・クラックス・クラン - 平凡社


【目次】
目次 [003-006]
はじめに [007-012]


第一章 ポピュリズム政治の源流──トランプ現象とクー・クラックス・クラン 013
  白人至上主義という共通項/トランプ現象の不思議/ポピュリズム反知性主義/トランプとクランの関係は/「本来のアメリカ」を取り戻す/トランプ人気の消散


第二章 秘密結社大国アメリ 033
  秘密結社とは/フリーメイソンアメリカ/相互扶助のために/アメリカ史におけるフロンティア/秘密結社が拡大した時代背景


第三章 クー・クラックス・クランの誕生 047
  結成にまつわる噂/加入儀礼をめぐる噂/イタズラ集団クラン/修正されたクラン像/第一期の実像は闇に包まれたまま/クラン結成の素地/ゲリラ集団への変貌/黒人襲撃の意図/クランの名前の由来/「見えざる帝国」の怪物たち/加入儀礼の実態/暗号とサイン/結成時のメンバーたち/謎の女性クラン/第一期クランは緋色が基調/怪しいクランズメン/緋色のクランズメン/奇妙な風貌の謎/示威活動で町が無法状態


第四章 近代化への抵抗のなかで──黒人差別社会の成立 105
  アメリカの黒人と奴隷制の成立/南北戦争と黒人奴隷解放/南部の再建とクラン/クランの襲撃とリンチ/強盗、鞭打ち、リンチの証言/「クラン対策法」/黒人差別社会の成立


第五章 転換期の排外主義とアメリカニズム 133
  世紀転換期のアメリカ/同化論と排外論/移民制限の経緯/狂乱の二〇年代/第二期クランの結成/アメリカニズムと排外主義/クラン急拡大の「金脈」と人脈/マスク裏の素顔/政界進出と女性クラン


第六章 白装束集団の正体──第二期クランの実像と虚像 167
  リンチ集団か慈善団体か/各地で開かれた娯楽行事/色鮮やかなクランの装束/クランの記章と旗の解読/第二期クランの衰退/架空の巨大結社


第七章 公民権運動から現代まで──第三期クランの波とその後 191
  テロリスト集団として/一九七〇年代以後のクラン/現代のクラン/冷戦後の世界とナショナリズム/日本のヘイト・スピーチ問題/ヨーロッパの移民・難民問題と排外主義/メキシコ系移民とアメリカ/グローバル化と排外主義


あとがき(二〇一六年八月 浜本隆三) [214-217]
主要参考文献 [218-221]
図版出典一覧 [222-223]