contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『沈まぬアメリカ――拡散するソフト・パワーとその真価』(渡辺靖 新潮社 2015)

著者:渡辺 靖[わたなべ・やすし] (1967-) 現代アメリカ研究、パブリック・ディプロマシー論、文化政策論、文化人類学

【目次】
引用 [001]
目次 [003-005]

はじめに――衰退か、それとも拡張か 009


第一章 ハーバード――アメリカ型高等教育の完成 017
  ハーバードの神話/ハーバードとは何だったのか/リベラル・アーツ教育/反知性主義と「アメリカ型高等教育」


第二章 リベラル・アーツ――アメリカ型高等教育の拡張 037
  中東のニューヨーク/アブダビにとっての「アメリカ」/東アジアの新興国へ/理念の拡張か、妥協か/「アメリカ型高等教育」のレガシー


第三章 ウォルマート――「道徳的ポピュリズム」の功罪 059
  ウォルマートの「聖地」/スモールタウンの経営哲学/「ウォルマート・ネーション」/ウォルマートの南部性/ウォルマーティゼーション/道徳的ポピュリズム


第四章 メガチャーチ――越境するキリスト教保守主義 083
  「ウガンダへのクリスマス・ギフト」/「神様はウガンダを愛する」/Cストリート/したたかなダブルスタンダード/ワトト教会/アメリカのジレンマ/シンガポールメガチャーチ/拡散する信仰のOS


第五章 セサミストリート――しなやかなグローバリゼーション 105
  “セサミストリート”はどこにある?/革新的な制作手法/リベラルマインドの結晶/綿密なローカライゼーション/その理念は日本にも届いたのか/文化外交のツールとして/中国化するセサミストリート


第六章 政治コンサルタント――暗雲のアメリカ型民主主義 127
  政治のビジネス化の幕開け/「信条よりもビジネス」/越境するアメリカの政治手法/色褪せるアメリカン・デモクラシー


第七章 ロータリークラブ――奉仕という名のソフト・パワー 149
  奉仕のクラブ/日本人も会長に/第二次世界大戦後の躍進/世界的展開とその限界/奉仕大国・アメリカ/ミドルクラスが担う世界


第八章 ヒップホップ――現代アメリカ文化の象徴 169
  セジウィック・アベニュー1520番地/現代アメリカ文化の顔へ/ポストモダン的拡張/政治や外交の手段としてのヒップホップ/ヒップホップとアメリカ文化の伝統


終章 もうひとつの「アメリカ後の世界」 189
  地域コミュニティからテーマ・コミュニティへ/アメリカナイゼーションの実態/通底するデモス=市民へのこだわり/マーケットの論理や力学への信頼/アメリカナイゼーション批判の陥穽/私たちは如何なる代替案を持ち得るのか


おわりに [205-206]