contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『バナナと日本人――フィリピン農園と食卓のあいだ』(鶴見良行 岩波新書 1982)

著者:鶴見 良行[つるみ・よしゆき] (1926-1994) 人類学。評論。


【目次】
目次 [i-iii]
地図 [iv-v]


1 バナナはどこから?――知られざる日・米・比の構図 001
  日露戦争の前年、台湾から
  「これだけまけても買わねぇか」
  台湾産からフィリピン産へ
  植物としてのバナナ
  刈り取られたバナナは…
  人類最初の農業?
  自らは食べない作物を栽培
  なぜミンダナオか――四つの理由
  麻からバナナへ――古川義三の予言
  対日進出が始まるまで
  一人ひとりの問題としての〈東南アジア〉


2 植民地ミンダナオで――土地を奪った者、奪われた者 027
  少数民族ムスリム、クリスチャン
  ブキッドノン州に開かれた牧場
  デルモンテのパイナップル農園
  ダバオ日本人社会の始まり
  バゴボ族らの住んでいた土地を…
  頻発した米人、邦人の殺害
  日本の資金と人間がどっと流入
  帝国主義の影の下で
  領事館・日本人会による自治
  法網をくぐって農園拡大
  土地論争に欠落するもの


3 ダバオ麻農園の姿――経営・労働・技術 057
  「自営者」に委託する方式
  麻という植物
  自営者の暮しと労働
  「動力ハゴタン」による生産力向上
  軍艦のロープに、和紙や小間物に
  麻農園のフィリピン人と日本人
  経営と生産技術
  サトウキビ農園のパキアオ制度
  防波堤としての流刑地ダペコ
  急増した北方からの開拓農民
  日本軍占領とゲリラの抵抗
  戦後、ダバオ麻農園は…


4 バナナ農園の出発――多国籍企業進出の陰に 085
  ダバオ市の東北方に
  一九六二年――神保信彦の報告
  日比友好通商航海条約が凍結されて
  ユナイテッド・ブランズ社とドール社の暗躍
  民族派議員による暴露
  ドール社のパイナップル農園づくり
  「ミンダナオ全島を貸与する気か」
  バナナを低コストで
  四つの生産単位
  賃貸契約と経営契約
  箱詰め・輸送コストを抑えるために


5 多国籍企業の戦略は?――フィリピン資本との結びつき方 109
  タデコ農園と結んだユナイテッド・ブランズ社
  大地主フロイレンドの横顔
  デルモンテ社と地場農園九社の契約
  価格移転、融資制度
  地場農園の命運――この一〇年
  大財閥と手を組んだドール社
  国際資本と地場資本が分かちがたく統合
  南コタバト州へも進出
  住友商事とダバオ・フルーツ
  遅きに失した政策発表
  一九七九年の割当て地拡大指令


6 契約農家の「見えざる鎖」――ふくらみ続ける借金 135
  入植者たち
  現金収入も魅力的だったが…
  農家の借金はふくらむ一方
  市場原理が働かず
  借金の原因は生産性の低さに?
  廃棄率と買上げ価格
  借金という「見えざる鎖」
  月収の九六%を引かれて
  抗議か節約か
  埠頭わきスラムの住人たち
  コーヒーも外資に押さえられて
  人びとの食事は…
  買う自由、買わされることの残酷さ
  ペディキュア紅を塗る少女たち


7 農園で働く人びと――フェンスの内側を見る 165
  輸出は豊かさをもたらしたか
  外からもちこまれた経済
  耕作面積の半分は輸出作物
  農園労働者の賃金
  不安定な収入と身分
  農園で、作業場で、港湾で
  受刑者の労働条件
  農園のなかに入る
  こまかく分かれている仕事
  自然のリズムが奪われて
  農薬が空中散布されて
  ざまざまな農薬
  第三世界への有毒殺虫剤輸出は急増
  私たちが安全であればよいのか
  フェンスの内側と外側
  さまざまな武装集団


8 日本へ、そして食卓へ――流通ルートに何が起ったか 193
  輸入元から小売業者まで
  「青もの」をむろで熟成させる
  買い手が強気の契約
  輸入価格を下回る浜値
  生産は増えたが消費は減る
  港から港までを国際資本が支配して
  輸入問屋集団は解散
  米系三社が激しく食い込むなかで
  フィリピン・バナナの一九七〇年代


9 つくる人びとを思いながら――平等なつながりのために 215
  バナナの多様な利用法
  安くて栄養価が高ければよいのか
  生産地ダバオ――麻からバナナへ
  国際資本の支配が拡大して
  生産者に思いをはせよ


あとがき(一九八二年六月 鶴見良行) [227-230]




【メモランダム】
バナナ  Musa paradisiaca
アバカ麻 Musa textirio