contents memorandum はてな

目次とメモを置いとく場

『90億人の食糧問題――世界的飢饉を回避するために』(Julian Cribb[著] 片岡夏実[訳] シーエムシー出版 2011//2010)

原題:THE COMING FAMINE: The Global Food Crisis and What We Can Do To Avoid It
著者:Julian Cribb  科学ジャーナリスト
訳者:片岡 夏実[かたおか・なつみ] (1964-) 翻訳家。
解説:柴田 明夫[しばた・あきお] (1951-) (株)資源・食糧問題研究所 代表。
装幀:尾崎 文彦[おざき・ふみひこ] (1978-) 

90億人の食糧問題―世界的飢饉を回避するために

90億人の食糧問題―世界的飢饉を回避するために


【目次】
献辞 [iii]
目次 [iv-vii] 

はじめに(ジュリアン・クリブ 2010年 キャンベラにて) [001-002]


第1章 食糧危機とは何か? 003
  2008年G8晩餐会
  飢饉の前触れ
  食糧危機の犯人
  食糧危機の裏にひそむもの
  来たるべき飢饉
  奇跡を再び


第2章 食糧戦争の危機 023
  戦争の発端
  貧困と紛争
  食糧戦争
  水戦争
  漁業戦争
  押し寄せる難民
  高まる脅威
  ここでよいニュースを


第3章 干上がる井戸 049
  消えゆく湖
  水なくして食糧なし
  水を食べる
  淡水はどれだけあるか
  ウォーターフットプリント
  水はなぜ不足するのか?
  ピークウォーター
  地下水の危機
  水と環境
  解決策はあるか


第4章 ピークランド 077
  土への敬意
  開発するにも土地がない
  土地の劣化と砂漠化
  汚染される土壌
  スプロールする都市
  保全された土地
  森林への影響
  海面上昇
  土地神話
  ピークランドの解決
  生産量の引き上げ
  荒廃地の修復


第5章 養分――もう一つの石油 107
  捨てられる食糧
  肥料の浪費
  水漏れ農場
  地球規模の汚染
  窒素・リン・カリウム
  ピークリン
  養分危機の解決
  都市の緑化
  環境に配慮した農場
  新しい食糧システム
  世界規模の養分計画


第6章 荒れる海 133
  海底のゴールドラッシュ
  スコット・ジョプリン原則
  海洋の生物多様性の喪失
  漁業改革
  ピークフィッシュ
  栽培漁業
  酸性化する海
  サンゴの消えた海
  漁場を守る方法
  消費者教育の必要性


第7章 失われる頭脳 155
  Ug99の猛威
  飢餓撲滅運動
  緑の革命
  農業への関心の薄れ
  二つの重大なこと
  公か民か
  とまらない格差
  GMは特効薬か
  バイオテクノロジーの可能性
  収穫指数
  土壌問題の解決
  環境保全型農業
  新たな疫病
  知識の共有


第8章 石油を食べる 183
  私たちは石油でできている
  ピークオイル
  四つのジレンマ
  飢える10億人と飽食の10億人
  いい燃料,悪い燃料
  バイオ燃料のかかえる矛盾
  バイオ燃料の新局面
  低エネルギーへの道
  農業をめぐる思想的対立
  LISAとHEFSのみぞ
  私たちが食べるエネルギーの量は?


第9章 牙をむく気候 209
  最後の砦
  気候変動と食糧
  穀倉地帯の移動
  倒れる塔
  どれだけ暑くなり,どれだけ乾燥するのか
  破滅を招く気候
  農業の再炭化
  土壌炭素の固定化
  腹八分目


第10章 台所の象 235
  人口ピーク
  人口増加率の減速
  出生率と社会
  足と足跡
  満たされない食欲
  象と向き合う
  公正な議論のために


第11章 食糧の公正な取引 257
  食糧が安くて豊富な時代は終わった
  食糧と貿易
  農作物市場自由化のプラスとマイナス
  自由貿易を目指して
  食のグローバル化は脅威かチャンスか
  食のグローバル化のリスク
  フェアトレード
  賢い消費者を創る
  「食べ物」を学ぼう
  食糧は世界同時不況を回復に導くか?


第12章 未来の食糧 285
  来たるべき飢饉
  世界を健康にする食事
  食肉の未来
  無駄をなくす
  知識の共有
  再炭化
  世界をひとつの農場に
  行動の呼びかけ


解説(柴田明夫) [309-317]
  再び高騰する食糧市場と均衡点価格の変化
  需給均衡型モデルから問題提起型モデルへ
  さらなる難問――ピークウォーター
  不足に備える中国と過剰を前提とする日本
原注 [ix-xl]
索引 [i-viii]





【関連記事】

『食―― 90億人が食べていくために』(John Krebs[著] 伊藤佑子,伊藤俊洋[訳] 丸善出版 2015//2013)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200617/1592319900


『食糧と人類――飢餓を克服した大増産の文明史』(Ruth DeFries[著] 小川敏子[訳] 日本経済新聞出版社 2016//2014)
https://contents-memo.hatenablog.com/entry/20200625/1593075600